虫歯治療をする際の説明について

相談者: よーまんさん (18歳:男性)
投稿日時:2019-09-29 14:12:20
虫歯で週に一度歯医者に通っていたのですが、その時は、三本虫歯があると言われ銀歯インレーを入れる治療をしていたのですが、三本全ての治療が終わったあとになって急にさらに三本、経過観察をしていた虫歯が大きくなったと言われ、麻酔をして銀歯のインレーを入れる治療をすると言われました。

経過観察している歯があるということは一切言われていなかったのですが、経過観察の歯は聞かないと教えてもらえないものなのでしょうか?

またプラスチックなどの選択肢は言われなかったのですが、治療できる大きさになった時には、銀歯以外の選択肢はほとんどの場合ないのでしょうか?

長くなり申し訳ありません。


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2019-09-29 17:06:35
よーまんさん、こんにちは。

>経過観察している歯があるということは一切言われていなかったのですが、経過観察の歯は聞かないと教えてもらえないものなのでしょうか?

本来は一番最初の診査の時にお伝えすべきことをのように思えますが・・・
例えば、最初に掛かった時が急患で、十分に説明する時間を取れなかったという可能性はあるかと思います。
或いはそもそも経過観察については、伝えなくても良いとお考えの先生という事もあり得ますね。


>またプラスチックなどの選択肢は言われなかったのですが、治療できる大きさになった時には、銀歯以外の選択肢はほとんどの場合ないのでしょうか?

そんなことはありませんが、元々既にインレーが入っているケースでは歯が既に大きく削られてしまっていることが多いです。
そのため、レジンにて治療を行おうとしても良好な結果が得られない場合は多々あります。
そういう時にはレジンの選択肢を出さないことも確かにありますね。


ご参考程度にしていただければと思います。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: よーまんさん
返信日時:2019-09-29 17:37:51
丁寧な説明をして頂き本当にありがとうございます!

もともと治療済みだった場所の可能性があることは頭から抜けていたので、かなり納得出来ました!

ありがとうございます!!



タイトル 虫歯治療をする際の説明について
質問者 よーまんさん
地域 非公開
年齢 18歳
性別 男性
職業 非公開
カテゴリ 虫歯治療
歯医者への不信感
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日