12歳、床矯正中に左右6歳臼歯が抜歯するほどの虫歯になった

相談者: ちのたんさん (12歳:女性)
投稿日時:2019-12-03 14:43:28
子供(現在12歳)数年前より歯列矯正の為、毎月通院。
3ヶ月に一度は虫歯のチェックもしているとの説明でした。

今月になって、虫歯治療をちゃんとしてもらっていないのでは?と思い、別の歯科医院へ連れて行くと、6歳臼歯が左右ともに抜歯せなければならなあ程のひどい虫歯ですと。

ショックで言葉も出ませんでしたが、その足で矯正をしてもらっている歯科へ行きました。
それを告げると、担当衛生士が慌ててレントゲンを撮り、先生や他の衛生士達と見ていました。

衛生士が戻ってきて、やはり抜歯です。
申し訳ありません。
と。

ですが、こちらは先生からは一切の説明を受けておりません。
一度、紹介状を出すから大学病院へ行ってと、衛生士を通じたやりとりのみです。

説明責任を果たすよう先生に求めましたが、小部屋に隠れて出てきません。

不信感しかなく、レントゲンとカルテを求めました。
こちらとしてはCDに焼くか原本でとお願いしたのですが、レントゲンの焼き方がわからないから業者を呼ぶので3週間は待つように言われました。

当初、紙のコピーならすぐに出せると言われたので、約束した日時に歯科医院へ行き、静かに待っていたところ、アポなしで来るな!帰れ!あんたみたいに暇じゃない!警察呼ぶぞ!このクレーマーが!と罵倒されました。

私はただ、約束の日時に取りに行き、静かに待っていただけなのに、急に罵倒され、挙げ句の果てに警察を呼ばれました。

お互い何の解決にもならず、説明責任を果たす事・子供の今後の話し合いをしましょうとの提案にも全く応じず。

受付スタッフや衛生士に全て対応させて、自分は小部屋に隠れてばかり、歯科医師会にも報告しましたが、話し合いが必要と言われています。

ですが、先生が取り合おうとしません。

まだ子供なのに、このような状態のまま逃げ回っているこの歯科医を交渉のテーブルにつかせたいのです。

どうぞアドバイスをお願いします。


回答 回答1
  • 回答者
船橋歯科医院(岡山市北区)の船橋です。
回答日時:2019-12-03 14:57:27
こんにちは。

6歳臼歯が左右ともに抜歯せなければならなあ程のひどい虫歯ですと。

抜歯ではなく抜髄でしょうか?

抜歯が必要になるほどの大きな虫歯になっているのであれば、既に歯冠は崩壊していて、レントゲン撮影しなくても誰が見でも大きな虫歯になっているのではないかと思いますがいかがでしょう?

またそこに至るまでに、痛みはなかったのでしょうか?
通常は痛みにより身体が警告してくれるはずですが。。

抜髄が必要な虫歯と診断された場合でも、歯髄を温存してくれる歯科医院もありますから、お子さんの為に駄目な歯科医院はとりあえず置いておいて、早めに歯髄温存治療をしてくれる歯科医院を探されるのがよいのではないかと思います。

虫歯治療も上手い下手が分かれます。
また、歯髄を温存しようと試みず、すぐに抜髄に移行する歯科医院もありますからよくお探しください。

12歳ということですから、床矯正はそろそろ終わりでしょうか?
それとも治療継続されますか?
乳歯永久歯に交換すると拡大だけでは上手くおさまらなくなりますから、ブラケット矯正をご検討されたり小臼歯抜歯が必要になる事もありますから、虫歯治療は虫歯治療で早めにしてもらい今後の矯正治療の方向性についても、説明を受けられたほうがよいでしょう。

左右共に本当に抜歯が必要だという状態が想像出来ませんでしたので、まずご確認してみてください。

1人の専門家がこの回答を支持しています  
相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: ちのたんさん
返信日時:2019-12-03 15:23:36
虫歯治療をしてくれている歯科医では、抜歯が必要だと言われました。
先生もこのような状態は見た事がないと絶句しておりました。

そこの衛生士の方にも言われました。
誰が見ても虫歯とわかるのに、なぜこんな状態になるまで何の治療もしてもらえなかったのかと。

矯正の方の歯科医からは、相変わらず向き合う姿勢もなく、ただ大学病院の紹介状を渡されました。

残せる治療方法があるなら、すぐにも連れて行こうかと思っております。

ですが、その方法は永久的でしょうか?

歯の矯正ですが、6歳臼歯にひっかけて使用するタイプの矯正装置ですので、6歳臼歯を抜いてしまうと成り立ちません。

とりあえず、矯正は今は休止状態にして、落ち着いたらやった事も効果もわからないが、手前の歯に引っ掛けて、新たに矯正装置をつけてみてはどうか?と、衛生士さんを通じて話しがありました。

そんな効果もあるかどうかわからない中途半端に責任をうやむやにするような対応に納得できるはずもなく。

矯正代金の返金と、将来のインプラント代、これからかかるであろう治療費、慰謝料など、今後の話し合いも同時進行で進めたいのです。
回答 回答2
  • 回答者
船橋歯科医院(岡山市北区)の船橋です。
回答日時:2019-12-03 15:47:18
両方の大切な6番が抜歯になるのでは大変ですね。

抜髄と抜歯ではかなりその後の治療が異なって来ますから、本当に抜歯が必要なのか?についても、慎重に判断してもらわれたほうがよいでしょう。


矯正の良いところとしては可撤式の装置ですから、外せば歯磨きをちゃんと出来るという事だろうと思います。
歯磨きはきちんとされていなかったのでしょうか?
虫歯の部位は何処からなのでしょうか?

まだ12歳でしたら歯頸部虫歯になる事はほぼ無いでしょう。
噛み合わせの面からでしょうか?
噛み合わせの面からならば磨きやすかったはずですよね?
Eが生えていた近心からでしょうか?

それとも第2大臼歯が生えてきていてその隣接面からでしょうか?
フロスの習慣はちゃんとありましたか?
また、床装置はプラスチック素材ですから、細菌やカビの温床になりやすく汚れを吸着しやすいですから、きちんと薬液消毒はされていましたか?

それにしても抜歯が本当に必要なのでしょうか?

もしも抜歯されるようでしたら、矯正治療もお受けにならなければいけない状態ということですから、本格的に矯正治療で第2大臼歯と第3大臼歯を、第1大臼歯抜歯スペースに誘導してくる治療計画に変更してもらうことが可能かもしれませんね。

そのような治療を受けることが出来れば、インプラントを回避する事が可能になります。

床矯正をしている歯科医院では、そのような治療は出来ないかもしれませんから、とりあえず大学病院の矯正科を受診されるのはよいかもしれませんね。


結局は、虫歯は誰が作ったのか?ということになりますから、歯科医や歯科医院ばかりを責める事が妥当かどうかはここではわかりません。

定期的に虫歯の検査がされていて見逃されていた場合、どの程度歯科医院側に責任やその後の治療費、慰謝料を請求出来るのか?についてもここではわかりません。


〉矯正代金の返金と、将来のインプラント代、これからかかるであろう治療費、慰謝料など、今後の話し合いも同時進行で進めたいのです。

ということであれば、弁護士等の係争の専門家にご相談される事をお考えになったほうが良いのかもしれませんね。

歯科医側は多くの場合、医療保障に入っているので、そういう場合の専門家との連携があるだろうと思います。

保障や慰謝料、治療費の返金などについては専門家の判断を仰いで行われる事になるだろうと思います。

その点は専門家にお任せされればよいでしょうから(とはいえご自身が因果関係を立証しなければいけないので、なかなか大変だろうと思いますが)、とにかくお子さんの虫歯治療や抜歯しかないのか?というお身体の事を前に進めていただく必要があるでしょう。

保護者の管理責任もあったはずですから、抜歯選択ではなく抜髄で歯根を温存するのでは何故駄目なのでしょうか?

よく現状を教えてもらったほうがよいでしょう。

回答 回答3
  • 回答者
回答日時:2019-12-03 20:16:41
小学校で歯科検診を受けていれば、4本とも抜歯という状態になることは少ないように思います。

回答 回答4
  • 回答者
回答日時:2019-12-04 09:26:36
>誰が見ても虫歯とわかるのに、なぜこんな状態になるまで何の治療もしてもらえなかったのかと。

これ、ダメな歯医者の典型的な言い回しです。

こういうことはめったに書かないんですが、(余計なお世話かもしれませんが)抜歯される前に転院されたほうがよろしいかと思います。

抜歯されてしまってからでは遅いので。

回答 回答5
  • 回答者
回答日時:2019-12-04 09:45:05
これ衛生士の発言ですか



ひどすぎる・・・

回答 回答6
  • 回答者
回答日時:2019-12-04 13:00:19
ご相談ありがとうございます。

レントゲンを撮ってから、抜歯と言われたのであれば、まだ残せる可能性があります。

若いほど可能性があるからです。
また、その年令で両側の6番を失うことは大きなリスクです。

もし延命処置しか出来ないとしても、成長が進むまではしっかり噛めるようにしたほうが一生の健康のためだからです。

別の歯科医院に相談してみてはいかがでしょうか?

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: ちのたんさん
返信日時:2019-12-04 13:39:15
ご回答ありがとうございます。

一度、大学病院に連れて行こうと思います。
残せるならもちろん残してあげたいです。

誠意のない歯科医師との話し合いを待つより、治療が優先だと思っていますので。
大学病院での答えを持って、また歯科医師の元を訪れたいと思います。

色々な事が一気に降りかかって来たので混乱していましたが、すべき事が見えてきたように思います。


貴重なご意見ありがとうございました。



タイトル 12歳、床矯正中に左右6歳臼歯が抜歯するほどの虫歯になった
質問者 ちのたんさん
地域 非公開
年齢 12歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ 虫歯、根の病気で抜けた・抜く予定
抜歯:6番(第一大臼歯)
小児矯正(子供の矯正)
歯列矯正のトラブル
歯医者への不満・グチ
歯科/裁判・訴訟・示談・慰謝料
子供(子ども)の虫歯
子供の歯列矯正
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日