[写真あり] 右上の6番抜歯。インプラントの是非(海外)

相談者: まゆかずさん (48歳:男性)
投稿日時:2019-12-10 15:09:46
今年の7月に右上の6番を抜歯しました。
10年以上前に根管治療したあとが感染し、抜歯しました。

当初からインプラントを考えておりました。
歯根の周囲が感染し、骨が溶けていたとのことで抜歯と同時にbone graftを受けました。

その後3ヶ月の経過観察ののち、歯科医より

「骨が足りないのでインプラントは出来ない。
ブリッジを勧める」

と言われ、他の歯科セカンドオピニオンを受けました。


セカンドオピニオン先では、当初はチタンメッシュを用いての骨造成を勧めらましたが、その後のCBCT scanの結果、チタンメッシュが使えないと判断され、サイナスリフトを施術してのインプラントを勧められました。

歯茎の中に3−4ミリcrownが入る状態になるだろう、とのことで、長期的には5年以上は持つだろうとのことでした。
また、長期に放置すれば骨がますます吸収されてしまうので、インプラントをするなら今しかない、とも言われました。

前医でもセカンドオピニオン先でも使用するインプラントはNobel Bio Careです。


現在、海外に在住しており、日本での施術よりもかなり安く済みますので、インプラントは魅力的でしたが、今、決めかねており、部分入れ歯でも良いのではないかとも考えています。


質問1、歯茎の中に3−4ミリcrownが入る状態、このような状況でもインプラントを試すべきでしょうか。

質問2、インプラントは5年以上は持つとのことでしたが、5年では短いのではないでしょうか。

質問3、長期に放置すれば骨がますます吸収されてしまうので、インプラントをするなら今しかない、という状況は起こり得るのでしょうか。


長くなりましたが、御回答のほどどうぞよろしくお願い申し上げます。

画像1画像1


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2019-12-10 15:49:27
海外での歯科トラブルは何かと大変ですね…。

>質問1、歯茎の中に3−4ミリcrownが入る状態、このような状況でもインプラントを試すべきでしょうか。

現在のインプラント治療において絶対的禁忌はありません。
既存骨が3〜4mmでもソケットリフトサイナスリフトと言う骨造成手術を行う事で問題なく行う事は可能です。


> 質問2、インプラントは5年以上は持つとのことでしたが、5年では短いのではないでしょうか。

個人的には「10年持って当たり前、20年持って成功、30年目持ったら大成功」と考えています(もちろん、それ以上持つことを期待していますが)。


> 質問3、長期に放置すれば骨がますます吸収されてしまうので、インプラントをするなら今しかない、という状況は起こり得るのでしょうか。

まあ、「今しかない」と言う事は無いように思いますが、やはり既存骨が多い方が有利ではあります。
また、後ろの7番が倒れてきてしまうリスクもあるので「チャンスがあれば早めに」とは思います。

回答 回答2
  • 回答者
回答日時:2019-12-10 16:03:35
正確な状態はレントゲンだけでは把握できませんので、イメージだけで回答します。

余り腕のない方に治療を受けられてしまい、骨も思ったように出来ず、後手後手になってしまわれたようですね。

お気の毒ですが、かなり厳しいと思います。

造られた骨も怪しげで、その上の方に黒い影が見えますから、しっかりとした骨再生、骨造成がなされてないように見えます。

この状態は、歯槽骨が損失してる状態で、サイナスリフトではなく、歯槽骨再生を行うのが本来の再生治療だ、と思います。

かなり高度な治療を必要とされると思いますので、骨造成GBRに実績のある先生を探されて下さい。

CT撮影も必ず要る、と思います。


それには、骨と歯茎インプラントを支える顎堤再建がとても大事です。

ちゃんとした治療を受けられれば、インプラント治療は長く持つものです。

ちなみに、個人的にはノーベルは勧めません。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: まゆかずさん
返信日時:2019-12-10 17:31:48
櫻井先生 松元先生 ご回答ありがとうございます。

質問1についてですが、言葉が足らず申し訳ありません。
質問の趣旨を追加説明させてください。

サイナスリフトによりインプラント自体は10mm程度の長さが確保できるようなのですが、歯槽骨が下がったママなので、long crownを作製することになり、隣の歯の歯槽骨との段差が3−4ミリ出来てしまうと予想されるそうです。

そのような場合、インプラント周囲の清掃が難しいのではないか、ひいてはインプラント周囲園につながるのではないか、と懸念しております。

そのような状態のインプラントでも長期に生着するものでしょうか。

また、松元先生はNobel bioはお勧めされないとの事ですが、差し支えなければどちらのメーカーのものをお勧めされますが。


よろしくお願い申し上げます。
回答 回答3
  • 回答者
回答日時:2019-12-10 18:11:28
このレントゲン写真はグラフト前のものですよね?

グラフト後だとすると、松元先生の書かれているようにうまくいっていないように見えます。

きちんと増骨されていれば4mmも下がらないとは思うのですが…。

回答 回答4
  • 回答者
回答日時:2019-12-10 19:20:13
ノーベルは、表面性情が良くないので、私はお勧めしません。

個人的には、ストローマン始めとするSLA表面のインプラントが良いと思います。


あと、骨の再生のことですが、抜歯時に抜いて、骨材詰めてハイ終わり、でやられませんでしたか?
もっと具体的に書きますが、抜歯後病巣除去を骨の表面をガリガリと時間掛けてこそぎ取る、と言うような処置をされましたか?

私は、それが不足しているように思います。

今からでも遅くないので、ちゃんと骨の表面をガリガリとこそぎ取るような病巣の除去をして、歯槽骨再生をして欲しいです。

それだけでもチャンとできれば、抜歯窩は60%くらい骨で埋まる筈です。

骨の表面に病巣が取り残されていたら、骨は再生しません。

パノラマから、それが類推されます。

7月に抜歯して、パノラマのような状態、と言うのはちょっと信じ難いです。

時間は掛かりますが、病巣除去をちゃんとして、骨再生、再建を受けて欲しいです。

そうすれば、問題なくインプラント治療できる筈ですし、5年と言うことなんてないと思います。

1人の専門家がこの回答を支持しています  
相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: まゆかずさん
返信日時:2019-12-11 13:17:00
櫻井先生、松元先生、引き続き御回答ありがとうございます。大変勉強になります。

前回アップロードした画像は抜歯直後のものでした。まぎらわしくで申し訳ありません。
抜歯後3ヶ月経過した時点でのCBCTスキャンの画像がありますのでアップロードさせてください。

このような画像の状態で、現地の歯科医インプラントを勧められていますが、やはり慎重になるべきでしょうか。

情報が不十分で先生方もお答えしずらいかと思いますが、わかる範囲で良いですのでアドバイスお願いいたします。

画像1画像1 画像2画像2
回答 回答5
  • 回答者
回答日時:2019-12-11 13:42:21
失礼になりますが、やはり余り上手に骨造成出来てないように見えます。

現在のパノラマレントゲンとか、デンタルレントゲンで見える骨の状態はどうなんでしょう?

CTは断面で見るモノではなく、動かしながら立体的状態を把握するモノなので、この画像では残念な状況だと思います。

この程度のレベルのDRに、更に難易度の高いサイナスリフトがどれだけできるのか心配になりますね・・・

抜歯窩をちゃんと掻把して、骨の細胞が出て来るようにできていて処置で来ていれば、個人的経験ですが抜歯窩は90%以上は骨で埋まります。

歯を抜いて、元々あった歯槽骨をできる限り再生するのが理想的だ、と思います。

今のこの骨の状態が、頼りになる骨なのかどうか?頼れる骨なら、あと3o程度で8oの太いインプラントが入るでしょうから、それで充分だと思います。

それには、サイナスリフトまでしないでもソケットリフトのやり方で充分骨造成できる、と私なら明言します。

サイナスリフトは手術侵襲が非常に大きく、治癒期間も長く掛かってしまいます。

ソケットリフトでできれば、手術侵襲もとても小さく、腫れないし痛まないし、何よりも治癒期間も短くできる可能性が高い、と思います。

もっとちゃんと早く楽に綺麗に治せるインプラントの方法がある、と明言します。

すみません、現地では難しいのかも知れませんが・・・

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: まゆかずさん
返信日時:2019-12-11 21:11:51
いつもご回答ありがとうございます。

先生方のアドバイスを踏まえ、やはり、インプラントに関しては、慎重に検討しようと思います。

現地でももう少し腕の良いインプラント専門医を探して見たり、また日本に帰国しての治療も考えてみようと思います。


コメントくださった先生方、ありがとうございました。



タイトル [写真あり] 右上の6番抜歯。インプラントの是非(海外)
質問者 まゆかずさん
地域 非公開
年齢 48歳
性別 男性
職業 非公開
カテゴリ 虫歯、根の病気で抜けた・抜く予定
抜歯:6番(第一大臼歯)
インプラントその他
インプラント関連
その他(その他)
海外その他
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

歯磨きをしても虫歯になる原因 デンタルフロスは効果無し? 歯ブラシとデンタルフロスどっちが先? 歯科衛生士が就職前に絶対に知っておきたい

Total total
今日 今日
昨日 昨日