19歳の息子がセラミックを希望したが銀歯にさせた判断に迷い

相談者: ゆーやすさん (44歳:男性)
投稿日時:2020-01-06 22:50:03
息子の治療方法などご相談させていただきます。

大学で独り暮らしをしている息子が、虫歯の治療をしているようで、先日帰省していた際に、歯の治療費を出してくれないかと相談されました。
もう一人の息子が虫歯治療をした際には虫歯の治療費は私が持っていたので、それはいいだろうと思っています。


しかし、今回息子は、神経の治療をして、銀歯をするのが嫌だといい、セラミックの治療費を出してほしいといってきているのです。

息子は19歳ですが永久歯では虫歯も4本くらいしかなったことがなく、今までは銀歯といえども詰め物ですんでいて今回はじめてクラウンの銀歯になるということで、それをいやがったようです。


もう一人の息子(20歳)には銀歯もありますし、私自身、すべて銀歯で直してきていて、セラミックなど考えたこともありません。
このようなことから、銀歯で諦めろと言い、本人は不満そうながら、帰ってしまいました。

後から考えると、可哀想かなと思いますが、銀歯でやはりよいのでは、とも思えます。


まだ虫歯の治療がしばらく残っており、被せたりするのは先だと思いますが、私の判断はよかったのでしょうか。
それともセラミックなどにしてやるべきだったのでしょうか。


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2020-01-07 07:21:29
ゆーやす さんこんにちは。

息子さんの治療方法などでご相談なのですね。

息子さんが虫歯の治療をしており、歯の治療費を出してくれないかと相談され、もう一人の息子が虫歯治療をした際には虫歯の治療費を払っていたので、それ自体はいいと思っているのですね。


しかし、今回息子は、神経の治療をして、銀歯をするのが嫌で、セラミックの治療費を出してほしいといってきているのですね。

部位など条件によって奥歯CAD/CAM冠といって保険で出来る白い被せ物前歯レジン前装冠といって白い被せ物をすることは可能です。

部位を聞いて、保険で白くできないかまずは確認されてみてはどうでしょうか?

回答 回答2
  • 回答者
回答日時:2020-01-07 08:09:02
20歳のご子息には銀歯もあるし、ゆーやす さんご自身は全て銀歯で直してきていて、セラミックなど考えたこともなかったのに、19歳のご子息がセラミックでの修復を希望していらっしゃるのですね。

歯に対しての考えは、ご家族でも個人差が大きくあるようですし、地域差があるのかもしれません。

また、このサイトの過去ログを見ていても、本当はより良い治療を求めていても、経済的に難しい場合もあるようです。


例えば、テレビで一般の方にインタビューをするシーンを見ていても、地方の方だと、歯が欠けたままの方が映っていたりすることも結構ありますね。

もし私の家族だったら、もしも経済的に許されるのでしたら、ご二男の方には、希望する治療を受けさせてあげられたらと考えます。

もちろん、ゆーやす さんご一家に、無理強いするつもりは毛頭ありません。


ただ、最も大事なことは、そもそも、どうして治療が必要な状態に至ってしまったのか、生活習慣の見直しと是正を徹底的に図ることです。

プラークコントロールのみならず、間食や飲料を含む食品の摂り方、また、力のコントロール、栄養のコントロールなどが、ちゃんと是正できなければ、治した端から新たな、また、二次的な疾患が発現してしまうのが容易に想定されます。


私だったら、虫歯が発現してしまったらといって直ぐに治療に介入するとか安直に考える以前に、予防プログラムとして、数カ月〜半年は掛けるかもしれません。

当然のことながら、治療が一段落した後も、定期的なメンテナンスに通院し続けることが必須でしょう。

1人の専門家がこの回答を支持しています  
回答 回答3
  • 回答者
船橋歯科医院(岡山市北区)の船橋です。
回答日時:2020-01-07 14:53:57
こんにちは。

歯の治療状態は経済状態を反映します。
それは致し方ない事だと思います。

また虫歯の数も親の経済状態を反映するという事も言われます。


大学生で虫歯がある人はどんどん減ってきていると感じていますから、虫歯を作って何度か治療を受けているならばお子さんの栄養バランスや口腔機能や生活習慣、特に飲食の習慣を見直すようにお願いしたいと思います。

お口の中に金属が入るというのは誰が考えても非生理的な状態ですが、金属は頑丈で加工しやすいので今のところ保険治療の主流材料になっています。


金属代が高騰してきていますから今後は保険治療ではより質の低い金属での治療しか受けられなくなるかもしれません。

保険治療費が上がらないのに歯科医院が購入して用意する金属代が高騰しているので将来が怖いです。


非生理的な材料で補修しなくて済むように、一番良いのは虫歯をこれ以上作らないことですよね。

費用負担が困難であれば保険治療しか選択できないのは当たり前だと思いますから、まずどういう材料でも良いので虫歯を治しておくことを優先するようにお伝えされると良いだろうと思います。

お子さんご本人が就業されて経済的余裕が出来てから金属を使わない自費治療を受け直す事ができるだろうと思います。

1人の専門家がこの回答を支持しています  
相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: ゆーやすさん
返信日時:2020-01-08 21:43:30
加藤先生

>部位を聞いて、保険で白くできないかまずは確認されてみてはどうでしょうか?

左上6番目の歯で、保険外でないと白く出来ないようです。



小林先生、ふなちゃん先生

経済的には、不可能ではないのでまた電話などで話してみて、白いものも選択しにいれてあげようかなと心が揺らいでいます。

また、二男は虫歯は治療済みを含めても4本だけですので、少ない方かな、とかってに思っていましたが、虫歯が多かった私がいうのも変ですが、しっかり歯医者さんで指導してもらうよういっておきたいと思います。



タイトル 19歳の息子がセラミックを希望したが銀歯にさせた判断に迷い
質問者 ゆーやすさん
地域 非公開
年齢 44歳
性別 男性
職業 非公開
カテゴリ クラウン(差し歯・被せ)その他
お勧めのクラウン(被せ物・差し歯)
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

歯磨きをしても虫歯になる原因 デンタルフロスは効果無し? 歯ブラシとデンタルフロスどっちが先? 歯科衛生士が就職前に絶対に知っておきたい

Total total
今日 今日
昨日 昨日