一年前に神経を抜きジルコニアクラウンに、痛みが続くがどうしたら?

相談者: みんひろさん (39歳:男性)
投稿日時:2020-02-23 14:36:25
一年前に、右下の第二小臼歯の神経を抜き、メタルコア歯科医師によると噛む歯にはよいとのこと)、ジルコニアクラウンをセットしました。

食べ物は、噛めますが、何となく違和感があり、叩くと痛いです。


他の歯医者で尋ねると、見た目、レントゲンは何でもなく、クラウンを外して、コアも、取って見なければ、原因はわからないと云われました。
また、我慢できるのであれば、そのまま使い続けた方がよいとも云われました。


神経を抜いているのに、叩くと響き、少し痛みがある場合、どのような原因が考えられますか。
また、この程度の症状では再治療は避けた方がよいのでしょうか。

クラウンを入れた歯科は、マイクロスコープラバーダムもなく、歯科医師ではない女の人がセットしました。


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2020-02-23 14:47:05
みんひろさん、こんにちは。

>神経を抜いているのに、叩くと響き、少し痛みがある場合、どのような原因が考えられますか。
>また、この程度の症状では再治療は避けた方がよいのでしょうか。

実際に診査を行ってみないことには残念ながら分かりません。
可能性があるものをパッと列挙してみると
歯周病
歯根破折或いは亀裂
神経の治療が上手くいかなかった
TCH
咬合性外傷
・神経障害性疼痛
・・・などでしょうか?


実際にはどうなっているのかは上で書いた通り診査してみないことには分かりません。

CTで診査してみるとまた得られる情報が違いますから、アリかもしれません。
診査の結果、原因が分かればその原因に対して処置を行うだけですので、現在の担当医では分からないという事であれば大学病院などの高次医療機関を紹介して頂いては如何でしょうか?


ご参考程度にしていただければと思います。

回答 回答2
  • 回答者
船橋歯科医院(岡山市北区)の船橋です。
回答日時:2020-02-23 15:48:50
こんにちは。


保険医療機関の場合マイクロスコープがない歯科医院は多いだろうと思います。
また持っていても使用しない歯科医院は多いだろうと思いますよ。

ラバーダム保険点数がかなり以前にそれ自体になくなりましたから行わない歯科医院が多いですよ。


特に噛み合わせの確認が必須ですからクラウン関係では使わない所が多いと思います。

歯科医師でない女の人がセットしたというのは地域特性があるのかもしれません。


他の歯科医師の説明の通り外してやっとわかることは多いだろうと思いますが、外さずに何か診断したいと思えばCT撮影があるかもしれません。

CT撮影も機械が導入されていなければ出来ませんし、画質によっては分からない事も多くなると思いますから多くのケースで様子を見てみましょうと言われることになると思います。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: みんひろさん
返信日時:2020-02-23 16:02:57
船橋先生回答ありがとうございます。


先生のおっしゃるとおり、様子をみようと云われるかもしれませんが、気になるため、他機関を受診しようと考えております。
相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: みんひろさん
返信日時:2020-02-23 16:11:27
すみません。
先ほど、三木先生へのお礼のメールを最終確認画面から送信しておりませんでした。

投稿してすぐのご回答、誠にありがとうございました。



タイトル 一年前に神経を抜きジルコニアクラウンに、痛みが続くがどうしたら?
質問者 みんひろさん
地域 非公開
年齢 39歳
性別 男性
職業 非公開
カテゴリ 神経の無い(神経を取った)歯の痛み
クラウンを被せた後の痛み
ジルコニアクラウン
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

歯磨きをしても虫歯になる原因 デンタルフロスは効果無し? 歯ブラシとデンタルフロスどっちが先? 歯科衛生士が就職前に絶対に知っておきたい

Total total
今日 今日
昨日 昨日