詰め物下の虫歯が多く、保険外のゴールドを勧められ悩む

相談者: のびけんさん (24歳:男性)
投稿日時:2020-03-03 23:40:46
はじめまして。
のびけんと申します。よろしくお願いいたします。

約2月前から、左上5番の歯が詰め物をしてあったのですが、凍みたりするようになりました。

7,8年前に詰め物をしていたのと、舌で触ってみたり口を開けてみても特に何もなさそうだったので放置していたのですが、ここ1、2週間たまにずきずき痛み、耐えかねて歯科に行きました。

その結果、虫歯が詰め物の下からかなり進行していて、神経を残すのは無理だと言われてしまいました。
歯医者に行くこと自体、5年ぶりだったので、ほかにもちらほら虫歯が見つかり、治してもらう予定です。



今通っているところの歯医者さんは今回から通い始め、とても丁寧な説明をしてくれて、優しいし、痛くなくていいのですが、やたらと保険外を推してくる気がします。

というのも、虫歯を治すとき、今まではすべて保険治療でした。
今回詰め物の下から虫歯になっているところも含め、8本銀歯を詰めていたのですが、頑なに保険治療はよくないといい、保険外の金歯を推してきます。

たしかに、今回銀歯を詰めていた8本のうち3本は虫歯が中でできてしまっているので、保険外の方がもつのかなとも思いますし、実際にその先生が(かなり若いですが)金歯を自分の歯にもしているということで、説得力はあります。


金銭的な面もそうですが、今回は特に、左上5番の歯はクラウンになるということで、金歯にしたら銀歯以上に目立つような気がするし、まだ20代ですし少し恥ずかしい気がします。

先生にもその事もいったのですが、若いからこそいいもので治さないと維持できなくなってしまう、ということも言われて、気持ちが揺れています。


詰め物の下で虫歯ができていた他の2本(左下6番と左上6番)と、新しく虫歯になっていた2本(左上4番と右下7番)を含め、銀歯にするか、保険外の金歯にするかどうしようか悩んでいます。


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2020-03-04 07:35:16
のびけん さんこんにちは。

約2月前から、左上5番の歯が詰め物をしてあったのですが、凍みたりするようにな歯科に行くと根の治療が必要と言われて治療され、今後は金歯を勧められているのですね。


左上5番の歯はクラウンになることはよくあることですが、金歯をするよりも保険で白い歯であればCAD/CAM冠、自費でするならセラミッククラウンが個人的には多いような気がします。

まだ20代であれば、白い被せ物を選ぶのが一般的ですよね。
そして、メタルを使わない治療が今は主流になっているとすると金歯よりもセラミックの方が押しになる気がしますが・・・


お金の問題もあるようでしたら、まずは保険でCAD/CAM冠が出来ないか聞かれてみてはどうでしょうか?

参考までに。

2人の専門家がこの回答を支持しています  
回答 回答2
  • 回答者
回答日時:2020-03-04 18:10:33
のびけんさん、こんにちは。

詰め物の下で虫歯ができていた他の2本(左下6番と左上6番)と、新しく虫歯になっていた2本(左上4番と右下7番)を含め、銀歯にするか、保険外金歯にするかどうしようか悩んでいます。

そうですね・・・
人の考え方はそれぞれなので一概には言えませんが・・・

私も「若いからこそいいもので治さないと維持できなくなってしまう」という意見には賛成ですね。
そもそも治療のステージが進めば進むほど(要は再治療をすればするほど)、ご自身の歯は無くなっていきますし、掛かってくる費用は高くなってきます。

であれば、なるべく早いステージでしっかりと長持ちするように治療するのがベターな気がします。


当院にも高齢になってから「あの時良いので治しておけばよかった・・・」と後悔されている方が多くいらっしゃいます。

実際高齢者へのアンケートで後悔していること第一位は貯金・第二位は歯の治療・・・というのが話題になっていた時期があったかと思います。


後はその材質をどうするかですが・・・私も加藤先生同様セラミックを勧めることが多いですね。

金を勧めているのであれば何かしら理由があると思いますので、どうしても金が良いのか、セラミックでは駄目なのか、そもそもCADCAM(医院での届け出が必要)はどうなのか?

をもう一度しっかりと相談されてみては如何でしょう?


ご参考程度にしていただければと思います。

2人の専門家がこの回答を支持しています  
回答 回答3
  • 回答者
クレア歯科クリニック(杉並区阿佐谷北)の平岡です。
回答日時:2020-03-05 13:24:26
のびけんさん、こんにちは。



歯の治療は、いい材料を使った(自費治療をしたから)長持ちするというわけではありません。

しっかり丁寧に精密な治療をして、ご自身でお手入れをきちんとして、初めて長持ちします。



もしおかかりの歯医者さんが、自費の場合は保険より丁寧に、精密な治療を行ってくれるようであれば、自費治療で行う価値は大きいと思います。

逆に、そうでなくて治療にかける時間も型取りの方法も接着剤などもすべて保険と同じで材料だけ自費のものを使うということであれば、残念ながら持ち具合は保険のものと同程度になってしまうかと思います。

特に、白くしたいということでなく、保険の金属→保険外の金属であれば、長持ちするというメリットがなければ自費にする意味はないかと思います。

そのあたり、おかかりの先生はどうなのか、確認してから考えてもいいように思います。



一般の方にはきちんとやるかの判断は難しいと思いますが、アポイントの時間が保険と自費で同じなのか、自費の方が長くとるのかだけでもわかれば、考える参考になるかと思います。



ご参考になれば幸いです。




タイトル 詰め物下の虫歯が多く、保険外のゴールドを勧められ悩む
質問者 のびけんさん
地域 非公開
年齢 24歳
性別 男性
職業 非公開
カテゴリ ゴールドインレー(金の詰め物)
ゴールドクラウン(金の被せ物)
その他(保険と保険外)
詰め物の下の虫歯(二次カリエス)
二次カリエス(2次的な虫歯)
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

歯磨きをしても虫歯になる原因 デンタルフロスは効果無し? 歯ブラシとデンタルフロスどっちが先? 歯科衛生士が就職前に絶対に知っておきたい

Total total
今日 今日
昨日 昨日