10年したら銀の詰め物下が虫歯になる?

相談者: たけひとさん (25歳:男性)
投稿日時:2020-03-23 23:29:22
相談させていただきます。

最近、詰め物をしている歯がしみたりたまに痛んだりするようになり、少し気になっていて、色々調べているといくつか気になることがありました。


私は、虫歯はあまり多い方ではなく、虫歯になったのは人生で左右上下の6番の歯4本だけですが、銀の詰め物を詰めています。
詰めたのは中学生くらいだったと思います。

最近しみたり痛んだりするようになったのは左下の歯ですが、調べていると、銀の詰め物は7,8年で虫歯になる、とかいてあり、すべて10年くらいはたっているので、もしかすると全部虫歯になってしまっているのではないかと不安になりました。


近いうちに歯医者にいく予定ですが、詰め物をしている歯は10年もたっていると虫歯になっている可能性が高いのでしょうか。


回答 回答1
  • 回答者
クレア歯科クリニック(杉並区阿佐谷北)の平岡です。
回答日時:2020-03-23 23:46:33
たけひとさん、こんばんは。


その話は多分保険の金属の詰め物(金銀パラジウム合金インレー)の平均寿命が7,8年という情報を間違って理解しているのではないでしょうか?

きちんと治療されていればもっと長持ちすると思いますし、逆であればもっと短いかと思います。平均とはそういうことですよね?


また、やりなおさなければならなくなる理由も、虫歯になったからだけではありません。

接着剤の劣化による脱落などもあります。
この場合は、中が虫歯になっていることが多いですが、なっていないこともあります。


なので、一概に治療が10年たっていると虫歯になっている可能性が高いとはいえないと思います。
前の先生がどれくらい丁寧に上手に治療しているかに大きく左右されます。


ご参考になれば幸いです。

回答 回答2
  • 回答者
船橋歯科医院(岡山市北区)の船橋です。
回答日時:2020-03-24 16:33:48
こんにちは。


多分、保険治療の金銀パラジウム合金による詰物(インレー)だろうと思います。

10年もすればつけるときに使ったセメントが崩壊していることは多いと思います。


しみがあるならば内部で虫歯が進んでいるだろうと考えて一旦除去して確認することになる場合が多いと思います。

丁寧に削り取ればポロリと外れますから、穴の内部を確認して必要があれば虫歯治療を行い再形成して再度詰物の治療になる事は多いと思います。


しみたりする時は内部の虫歯がかなり大きい場合もあるので、その場合は虫歯治療をしていると歯髄症状が出て抜髄が必要になることもありそうです。

出来れば歯髄は温存しておいたほうがよいので歯髄を温存する治療をしっかり行っていますという歯科医院を選択されておくと良いと思います。




タイトル 10年したら銀の詰め物下が虫歯になる?
質問者 たけひとさん
地域 非公開
年齢 25歳
性別 男性
職業 非公開
カテゴリ 虫歯、知覚過敏の痛み
保険のインレー(銀・金属)
詰め物の下の虫歯(二次カリエス)
二次カリエス(2次的な虫歯)
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

歯磨きをしても虫歯になる原因 デンタルフロスは効果無し? 歯ブラシとデンタルフロスどっちが先? 歯科衛生士が就職前に絶対に知っておきたい

Total total
今日 今日
昨日 昨日