中心結節に30代後半でもなるものですか?

相談者: さっちゃん∞さん (35歳:女性)
投稿日時:2020-03-26 13:06:13
はじめまして。
初めての投稿です。


先日、1年ぶりに歯医者に行きました。
レントゲンを撮り、虫歯も見つかって、治療することに。

それくらいは想定内でした。
でも、思いがけないことを言われました。

「中心結節ですね。治療が必要です」


10代のころには歯列矯正もして、今回1年ぶりとはいえ、それまで定期的に歯科検診はしてきました。
中心結節だなんて初めて言われて、びっくりして、家に帰ってネット調べました。

多くは10代前半で見つかるものだと書かれているのに、30代後半にもなる私がなぜ今さら??という感じです。
大人になってからでもなるものなのでしょうか。


治療が必要と言われたので、しなくちゃいけないんだろうけど。。。
奥から4番目の歯です。
喋っていても普通に見える場所。

保険適用の治療だと、被せで銀歯になってしまうんだとか。
セラミックだと高額になってしまうらしくて。

でもやっぱり見えるところだし、セラミックの方がいいですよね;


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2020-03-26 13:50:02
さっちゃん∞

歯髄壊死(神経が死んでいる)を起こしてなければ、中心結節を理由で治療する必要はないとおもいます。

仮に中心結節の破損が原因で歯髄壊死を起こしてても、死んだ神経を取り除いてレジン(プラスチック)を詰めるだけで良いと思います。
全て保険適用の範囲でできます。

2人の専門家がこの回答を支持しています  
回答 回答2
  • 回答者
船橋歯科医院(岡山市北区)の船橋です。
回答日時:2020-03-26 13:57:03
こんにちは。


中心結節は早期に発見して治療を受けておくと良い場合もありますが、歯根が出来上がっていればさほど急ぐ必要はないと思いますけどね。

ですから治療するとすれば小学生の頃でしょうか。
破折が原因で歯髄炎が起き歯根がとても短くて終わっている方を診る事があります。
そういう方は不幸だなぁと思います。


現在36歳であれば噛み合わせが大きく変わる訳ではないので破折の予防で治療を勧められたのでしょうか??

もう少し歯科医から説明を受けられた方がよいでしょう。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: さっちゃん∞さん
返信日時:2020-03-26 14:27:51
さっそく解答ありがとうございます。


解答して頂いたのを踏まえ、補足すると、次回の診察で、神経が生きているかどうか確認するために電流を流してテストしてみるとのこと。
レントゲンの段階で、神経は死んでるかも?というお話がありました。


被せ(銀歯)になるから見た目が変わってくる・・・と言われたのですが。
次回、もう少し詳しく確認してみます。
回答 回答3
  • 回答者
回答日時:2020-03-27 11:03:47
こんにちは。

中心結節は生えた時に見つかります、見つけた場合は折れないように補強をします、不幸にして折れていまった場合は有髄か歯髄壊死か調べて、有髄なら破折面をCRで被覆します、壊死していれば根管治療をすることになります。

セラミックだと高額になってしまうらしくて。

むし歯がなければCR充填で十分だと思います。

中心結節 http://yamadashika.jugem.jp/?search=%C3%E6%BF%B4%B7%EB%C0%E1&x=63&y=9




タイトル 中心結節に30代後半でもなるものですか?
質問者 さっちゃん∞さん
地域 非公開
年齢 35歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ 歯の形の異常
歯の異常・トラブルその他
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

歯磨きをしても虫歯になる原因 デンタルフロスは効果無し? 歯ブラシとデンタルフロスどっちが先? 歯科衛生士が就職前に絶対に知っておきたい

Total total
今日 今日
昨日 昨日