左上4番、銀インレーをレジンに変更してから圧迫と痺れが続いている

相談者: 2020518さん (38歳:女性)
投稿日時:2020-05-08 17:50:43
上の歯、左4番の歯です。

2カ月前にメタルインレー保険レジンインレーに詰め替えていただきました。
歯の神経は生きており、小さな詰め物でした。
インレーを入れる際に何度も押し込んで入れておられました。
3番との間が詰まって、フロスが入らないようになりました。

歯の内側に圧迫感があり、歯全体に痺れがあります。
ひどくなってくると4番歯の内側の歯茎が広範囲に痺れてきます。
正座をした時に足が痺れるのと同じで、痛みはなく痺れのみです。
歯茎の痺れは食事や運動、入浴をすると落ち着きますが、またすぐ痺れてきます。

また、レジンインレーに替えてから、舌にただれができるようになりました。
4番の歯があったている部分だけ、白く丸い輪郭を描いてただれています。

歯医者で診てもらいました。
見た目とレントゲンには問題はありませんでした。
3番と4番の間のフロスが入らなくなっていたものを、入るようにしてもらいました。

そして様子を見ましょうといわれましたが、歯の圧迫と痺れに変化はなく、2カ月もこの状態でこのまま自然に落ち着くと思えません。

インレーの詰め替えでの痺れなど、ネットを調べてみましたが、同じような症状は見当たらず、ここに質問することにしました。

よろしくおねがいします。


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2020-05-08 20:45:44
申し訳ないのですが、歯が原因ではない可能性が高い、と思います。

心療内科などの受診を検討されては如何でしょうか?

回答 回答2
  • 回答者
船橋歯科医院(岡山市北区)の船橋です。
回答日時:2020-05-08 21:30:34
こんにちは。

メタルインレーレジンインレーに入れ替える治療により、問題が生じたようですね。

インレーが上手く作られていなかったのか?インレーセットの時に少しズレてセットされたのかもしれませんね。

隣接面を含む2級インレーのセットは割と難しい時があり、うっかり行うと少しズレた形でセットされて終わる事がありますから、そういうタイプのインレーだったのかな?と想像してみました。

レジンインレーの場合色は歯とよく似ていますし、セット後の修整もメタルより簡単に行われるので、パッと見はズレていないように見せる事が出来ますから、見た目は上手く修整されたのかもしれませんね。

しかし、色々不調が消えないのでしたら、上手くいった治療とは言えなくなりますから、歯科医にお願いしてやり直してもらえるならやり直してもらったり、他の歯科医院で行ってもらったほうが良いかもしれませんね。

たまたま上手くいかなかった治療であれば良いですが、インレー調整やセット時の注意が十分ではない歯科医であれば同じような結果になるかもしれませんから、もう一度行っても同じようになるならば転院を考えなければならないかもしれませんね。




タイトル 左上4番、銀インレーをレジンに変更してから圧迫と痺れが続いている
質問者 2020518さん
地域 非公開
年齢 38歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ 歯科治療後の歯の痛み
詰め物、インレー治療後の痛み
詰め物、インレーのトラブル
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

歯磨きをしても虫歯になる原因 デンタルフロスは効果無し? 歯ブラシとデンタルフロスどっちが先? 歯科衛生士が就職前に絶対に知っておきたい

Total total
今日 今日
昨日 昨日