ワイヤー矯正開始して半年。バンドと歯の間に凹んだ隙間が

相談者: hikawamoriさん (36歳:女性)
投稿日時:2020-05-16 19:04:17
宜しくおねがいします。
ワイヤー矯正を始めて6か月目です。

バンドの歯は虫歯になりやすいと最近聞き、気になってデンタルミラーで確認したところ、バンド歯1本が咬合面から見て、バンドと歯の間に凹みのような隙間ができていました。

矯正歯科の先生曰く、セメントが剥がれただとのことでしたが、明らかに歯の形から凹んでいます。
念のため近々に一般歯科受診しチェックしてもらう予定です。

バンドの歯は通常は矯正が終わるまで一度も外して虫歯チェックや掃除などはしないものなのでしょうか?
また、虫歯の疑いがある場合、患者側からお願いしても良いものなのでしょうか。
歯科医師が問題ないと言っているのに、こちらから外してくださいと頼むのは非常に気が引けます…)


なお、現在かかっている矯正歯科はあまり虫歯のチェックには力を入れていない雰囲気です。
(矯正始める前も、虫歯チェックは無く、自己申告でした)

問題ないと言われた以上その場で深く質問できませんでしたのでこちらで質問させて頂きました。

どうぞ宜しくお願い致します。


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2020-05-16 19:34:14
バンドはセメントで接着するため、セメントが次第に溶け出してくることで、歯とバンドの間に空隙が生じてきます。
そのため、定期的に再装着を繰り返す必要はあります。
通常の矯正治療が2年程度ですので、1回か2回は再装着をすることになるものと思います。
定期的に行う先生もいるかもしれませんが、バンドが自然に脱離する状態になってから付け直すという場合もあるかもしれません。

バンドのセメントが溶出して空隙ができた状態が続きますと、バンドカリエスの原因となります。
毎回の調整でワイヤーを外せば脱離したバンドはわかるでしょう。
ワイヤーを外さずにゴムだけを付け替えることを続けていると、外れていても見落とすことはあり得ます。
歯磨きの際などにご自身で気が付くと思いますので、その時はしっかりとその旨お伝えになれば、対応してもらえるでしょう。

歯とバンドがしっかりフィットしていれば、それほど外れるということは起こりません。
とはいっても気になるようであれば、あらかじめその旨おっしゃっておけば、担当されている先生も、注意してみてくれるものと思います。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: hikawamoriさん
返信日時:2020-05-16 20:25:55
今村先生

早速のご返信ありがとうございました。
バンドが脱離しているというよりは、バンドはそのまま初めの歯型を保っていて、中の歯の一部のエナメル質が溶けて隙間ができているような凹み方(わかりやすく大袈裟にいうと、リンゴをかじったような凹み)をしていたので、虫歯を疑いました。

矯正歯科では、隙間が気になるようならセメントを足すとのことだったのですが、もし仮に虫歯だった場合、その上からセメントを足してしまっても大丈夫なものなのでしょうか。
中で余計虫歯が進んでしまわないか心配です。
たびたびの質問で恐れ入ります。
回答 回答2
  • 回答者
回答日時:2020-05-16 22:12:44
>中の歯の一部のエナメル質が溶けて

そうだとすれば、それはカリエスということになりますので、治療する必要があるということになります。
この場合は、いったんバンドを外さないとしっかりとした治療はできないだろうと思います。
おかかりの先生が矯正専門の先生であれば、いったん外して、別の歯医者さん虫歯を直してもらうという段取りになるでしょう。

ただ、ほとんどのセメントが残っていてカリエスになるということはなかなかないだろうと思いますので、その点は担当の先生によくお聞きになってからの方がよろしいと思います。
仮にカリエスであったとしても、すぐに治療しなければどんどん病状が進むということはないだろうと思います。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: hikawamoriさん
返信日時:2020-05-17 07:21:38
今村先生

ご丁寧なご回答ありがとうございました、
一般歯科の診察を踏まえ、矯正の先生とよく話をしてみようと思います。
矯正期間が残り1年以上ありますので、また相談させて頂くかもしれません。
その際はどうぞ宜しくお願い致します。



タイトル ワイヤー矯正開始して半年。バンドと歯の間に凹んだ隙間が
質問者 hikawamoriさん
地域 非公開
年齢 36歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ 虫歯その他
歯列矯正のトラブル
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

歯磨きをしても虫歯になる原因 デンタルフロスは効果無し? 歯ブラシとデンタルフロスどっちが先? 歯科衛生士が就職前に絶対に知っておきたい

Total total
今日 今日
昨日 昨日