親知らず抜歯後の過剰歯抜き忘れについて

相談者: カズ2222さん (32歳:男性)
投稿日時:2020-07-17 05:00:16
こんにちわ。
相談させていただきます。


先日、全身麻酔にて親知らず4本と過剰歯抜歯してきました。

1週間後に抜糸を行いましたが、その時に過剰歯がまだあると言われました。
検査や入院、手術などお金をかけたのに、最後にもう1本ありますねってひどいなと感じました。


全身麻酔をして抜歯した意味がないと感じてしまいました。
こういうことってあるのでしょうか?


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2020-07-17 06:47:19
カズ2222 さんこんにちは。

先日、全身麻酔にて親知らず4本と過剰歯抜歯する予定であったが、1週間後の抜糸時に過剰歯がまだあると言われびっくりしているのですね。


検査や入院、手術などお金をかけたこともあり、最後に過剰歯がもう1本ありますと言われ納得がいかないのですね。

過剰歯は沢山あったのでしょうか?


このようなことはあまりあることではない思いますが、過剰歯が沢山あった場合には1本取り残してしまったり、過剰歯の位置によっては抜歯を試みたが中止することも可能性としてはあると思います。

まずは、「何故、過剰歯がもう1本残っているのか?」聞いてみてはどうでしょうか?

1人の専門家がこの回答を支持しています  
回答 回答2
  • 回答者
回答日時:2020-07-17 07:00:14
カズ2222 さん、こんにちは。

>こういうことってあるのでしょうか?

医療行為には、想定外の事象が発現してしまうことが少なからず付き物ですが、残念なことになってしまったようですね。


全身麻酔をして抜歯した意味がないと感じてしまいました。

そうでしょうか、少なくとも親知らずを4本とも抜歯していただけたのでしたら、それはそれで良かったように思いますが。



>検査や入院、手術などお金をかけたのに

医療行為は物品の購入などとは異なりますから、ここに費用のことを持ち出すのは、如何なものかと思います。

1人の専門家がこの回答を支持しています  
回答 回答3
  • 回答者
回答日時:2020-07-17 10:04:27
又も、医療に100%を強く求めるお考えのお持ちの方のご質問、クレームですね。

過剰歯は、健全歯とかの歯列の中、骨の中で発生しているものですから、その影に隠れたり、見えにくかったりして、完全に取りきるには時に健全歯の犠牲が大き過ぎることも少なくないんです。

その加減というもの、は専門家でも頭を悩ませるもので、これは後から処置したほうが良い、という決断をやむを得ず下すこともあるんです。


安全性と手術の成果を天秤に賭けて、患者さんのためにできる限りのことをするのが医療人であって、患者さんの望みを100%叶えられる、とはお約束はできないんです。

現代の世の中は、マスコミとかのゴッドハンドとか取り上げる番組とかの影響で、望みは叶うものだ、という信仰が安易に広まっている、と思います。

しかし、何事にも限界はあるんです。


自分の望みが自分が思っていた通りにならなかったからと言って、医療を責めるのは、100のうち90上手く行っていることを評価せず、10の思い通りにならなかったことを責めていることになる、と理解してください。

そして、そのような100%信仰が強いと、医療をしようとする人が必ずいなくなってしまいます。


医療人は、望みを叶えるために100%お使えする奴隷ではありません。

費用をかけた、と言われますが、その医療人の人生全てを犠牲にしろ、というおつもりですか?


理性を持って冷静にお話を聞いて、今後の対策をどうするのか?どうなるのか?と話し合って下さい。

回答 回答4
  • 回答者
あすとら歯科クリニック相模原(神奈川県相模原市)の滝野です。
回答日時:2020-07-17 13:52:11
カズ2222さん、こんにちは。


他の先生が指摘されているように、口腔内の状況や侵襲の程度を鑑みてに断念せざるを得ない場合もあるかもしれませんし、実際の状況はわかりません。

術前、術後の説明はどのようなものでしたか。


また、直後ではなく抜糸の時に知らされたとのことですが、後から発覚したのか、術直後にそこまで説明の時間を設けられなかったのかもしれませんね。

親知らずの奥に9番、ないし第四大臼歯と呼ぶべき過剰歯がある場合もありますし、上下左右の智歯とは離れた過剰歯がありそれを抜歯予定だったのか、状況はいろいろ考えられると思います。

どのようなものでしたか。


抜歯後の抜き忘れとのタイトルになっていますね。
純粋に抜き忘れていたのでしょうか。

例えばですが、上下左右の智歯と正中過剰埋伏歯全身麻酔下で抜く予定だったが、正中過剰埋伏歯のことはすっかり忘れてしまっており、智歯を抜いて終わってしまった。

後から抜き忘れに気づいた。
というようなことであれば、確かにそれは忘れないで欲しかったと、カズ2222さんの残念に思う気持ちはわかります。


どのような状況で、なぜそうなっているのかがわからないので判断できませんが、疑問に思う点は担当医にお尋ねになるのが良いと思います。
お大事にしてください。




タイトル 親知らず抜歯後の過剰歯抜き忘れについて
質問者 カズ2222さん
地域 非公開
年齢 32歳
性別 男性
職業 非公開
カテゴリ 抜歯:8番(第三大臼歯、親知らず)
歯が抜けた・抜く予定 その他
親知らずの抜歯
歯医者への不信感
歯医者への不満・グチ
歯の数が多い(過剰歯)
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

歯磨きをしても虫歯になる原因 デンタルフロスは効果無し? 歯ブラシとデンタルフロスどっちが先? 歯科衛生士が就職前に絶対に知っておきたい

Total total
今日 今日
昨日 昨日