抗がん剤による治療前の口腔ケアについて

相談者: pippo77さん (53歳:男性)
投稿日時:2020-08-14 21:46:04
がん治療において抗がん剤が必要な場合、口の中が完全な状態じゃないと抗がん剤治療が出来ないらしいですね。

強い副作用が口腔内に出る確率が非常に高く、虫歯歯周病歯槽膿漏、その他歯根歯茎炎症を抱えていると、それらが悪化。
強い痛みや炎症で、しゃべれない、食べれないなど、口腔内が深刻な状態になりかねないとの事。


さて、ここから質問です。

歯根の治療を要する箇所が複数ある場合、それを通常に歯医者に通院し治療し終えるのは、「年」単位かかる可能性があります。

一方で抗がん剤治療は早く始めるべき状態で、「年」というボリュームでその開始が遅れるのは、癌治療にとっては深刻な事態を招きかねません。

そもそも歯医者の1週間2週間あいだを空けると言う治療ペースは、治療上(身体上)の理由、混雑で予約が入れられないなどの物理的理由以外に、なにか理由があるのものなのでしょうか。

保険(点数?)のからみで、月単位の限度や制約があるでしょうか?


回答 回答1
  • 回答者
船橋歯科医院(岡山市北区)の船橋です。
回答日時:2020-08-14 23:22:40
こんにちは。

保険(点数?)のからみで、月単位の限度や制約があるでしょうか?

ありません。

根管治療の場合は治療可能な状態であれば即日根管充填まで可能ですが、根管状態によりそれが出来ない場合もあります。

保険治療では複雑な根管を単純化してスムーズに根管充填できるように形成する為に時間を非常に要する場合がありますから保険治療では時間的な問題から一度に出来ない事は多いかもしれませんね。

一度に出来ないとなると予約の混み具合から1週間以上開けて追加を何度かやり直す事もありそうです。
単純な根管で単純な治療で終われるならば時間も回数も少なくて済むでしょう。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: pippo77さん
返信日時:2020-08-15 00:02:27
早速のご回答ありがとう御座います。
2点、質問させていただいて宜しいでしょうか。

質問@保険の限度や制約について。

ないとの事ですが、もう少し細かく言うと、正当で必要な治療であれば、回数、頻度、点数が多いなど、特に制限は無いという解釈であっていますか?


質問A

出来るだけ早く抗がん剤治療を開始すべく、口腔内の治療を早く完了させるため、どんな方法が考えられますか?
他の患者さんと同じく1週間、2週間あいだを空けながらの治療以外に、なにか方策はあるのでしょうか?
相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: pippo77さん
返信日時:2020-08-15 06:35:19
命<口腔ケアなんて、有り得ないでしょ!?
そんなモノの道理、優先順位のつけ方、有り得ないでしょ!?
と、当然思いました。

ですから、おっしゃっている事は、本当に御もっともでよくわかります。
ですが結論から言いますと、これ有り得ます。

主治医に当然問い正したし、セカンドオピニオンにも同じことを言われました。
あくまでも、口腔ケア→抗ガン剤→放射線の順番との事。
もちろん他の方のケースが、すべて同様かは分かりません。


おそらく転移が広がって命の危険が差し迫り、他に手段がない状態なら違うかと。口腔ケア<その他重篤な副作用<命に、当然なってくるのでしょう。

私の現状は手術で病巣切除は成功したが、今後飛び散る懸念も有りな状態。
つまり、現状見えるガンがあるわけではありません。

御心配、御助言、ありがとう御座いました。
回答 回答2
  • 回答者
船橋歯科医院(岡山市北区)の船橋です。
回答日時:2020-08-15 08:32:42
質問@への回答

その解釈でよいと思います。
再受診を繰り返しても再診料込で数百円で衛生管理の手間暇とチェアーを専有される訳ですから歯科医院のメリットは何もありません。根赤管治療をくりかえすことは赤字と言われています。


質問Aへの回答

口腔内の治療をできるだけ早くと云われましてもどういう状態かによると思いますからまず歯科医院を受診されご相談されてはいかがでしょうか?

53歳では多くの方に歯周病があるでしょう。
これは短期間の歯科通院だけでは治せません。
ご自身が歯磨きをマスターされ実行される必要があります。

また、歯根にヒビ等の問題が生じているのに騙し騙し使われている歯があれば抜歯が必要になります。

根管治療が必要な歯は何本ありそうですか?
こちらも根管の状態によりどの程度の治療が必要でどの程度の治療が可能か?色々分かれると思います。


管理不十分なお口の状態では免疫力が低下すると炎症が酷くなり命に関わる状態に陥る為口腔ケアの重要性が医科との共通認識になっています。

主に歯周病のコントロールが重要視されていると思いますが、必要があれば歯科と医科で連絡を取り合ってくれると思います。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: pippo77さん
返信日時:2020-08-15 10:57:51
ご回答ありがとう御座います。
とても丁寧に説明してくださり感謝です。
大変申し訳ありませんが、もう一点宜しいでしょうか。

私が通っていた歯科もそうですし周囲に聞いてもそうなのですが、治療間隔が一週間に一回というのはまず無く、2週間に一回、場合よっては3週間近くあくのが、評判のいい歯医者さんでは普通ですよね。

以前次の予約日が3週間後に指定され、

「そこまで間隔あけなくてはならないのですか?」

と聞いたら、

「患者さんが多く、直近でもどうしても〇月〇日になってしまうのです」

との回答が。
要は患者さんが少なかったら、もっと早く次の予約が入れられるわけです。

ここで質問なのですが、抗がん剤治療の早期開始が必要な事情を説明し、かつ税制上問題にならない形で、謝礼と言うか特別な便宜代のように金銭を支払うことで、患者の数に関わらず自分の治療枠を、週一回確保してもらうというのは可能でしょうか?

要は海外のテーマパークだとアトラクションに乗る際、ファーストトラックという割高だが並ばずサッと乗れるチケットがあったりしますが、それの歯科医版は可能かと言うことです。
回答 回答3
  • 回答者
船橋歯科医院(岡山市北区)の船橋です。
回答日時:2020-08-15 12:49:21
〉2週間に一回、場合よっては3週間近くあくのが、評判のいい歯医者さんでは普通ですよね。

そうですね。
どこも流行っている歯科は予約でいっぱいですからそんなものでしょう。


〉謝礼と言うか特別な便宜代のように金銭を支払うことで、患者の数に関わらず自分の治療枠を、週一回確保してもらうというのは可能でしょうか?

病院歯科や大学歯科でなければ謝礼を行われるのは構わないと思いますが、特別な便宜の確約の為にという目的では難しいのではないかと思います。

保険治療の場合であれば、金銭によるファストパスはないと思います。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: pippo77さん
返信日時:2020-08-15 13:30:45
>保険治療の場合であれば、金銭によるファストパスはないと思います。

すみませんが、「保険治療の場合であれば」の意味がよく分からないのですが、自費診療だと可能かもしれないという事でしょうか?

素人考えですが、自費診療でも、保険診療でも、お金の出所が個人の財布か保険組合かの違いだけで、歯科医院としての収入は同じだと思うのですが…

もしくは富裕層向け歯科なるものがあって、保険治療はしないが通常の保険治療をする歯科より様々な特典、便宜があるみたいな歯科医院があったりするのでしょうか?
回答 回答4
  • 回答者
船橋歯科医院(岡山市北区)の船橋です。
回答日時:2020-08-15 14:15:11
保険診療は公的な財源を使っていますから勝手な解釈をしたり勝手な事を行う事は禁止されています。

一方で自費治療は患者さんと歯科医院との直接委任契約になりますから全く違います。

ご自身の都合を聞いてもらいたい場合は自費治療を選択されるとよいかも知れね。治療費には下限も上限もなくなります。

一般的に保険治療の場合は公平性が重視されるのではないかと思いますが、実際に行うのは人間ですからご事情に応じて優先的な診療を行ってくれる歯科医院はあるかもしれませんね。


ご事情とご希望をお伝えになり探してみてください。

様々な患者さんが様々なご事情で様々なご希望を常にお持ちですから、難しいのではないかと思いますが、ご希望と合致する歯科医院はこんなに多く歯科医院があるのですからゼロではないのではないでしょうか?

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: pippo77さん
返信日時:2020-08-16 06:30:12
丁寧なご回答、重ねてありがとう御座います。

まずは大学病院なので、主治医に歯科との連携で、治療を通常より迅速に進めるのは可能なのかを相談します。

ただ大学病院の歯科だと、街の評判のいい歯科医院どころではない混雑、また単純な虫歯ではない患者さんが集まっている可能性が高いので、その中でのファストパスは難しいかと。

次のステップが本命ですが、街の歯科医院をあたっています。
私の身体の事、それからファストパスが可能なら謝礼をする旨伝え、ダメ元でピックアップした歯科医院を、かたっぱしからあたってみます。


そのやり方の相談なんですが、他の方の耳がある場所だと双方にとってちょっとデリケートな話なので、郵送で事情説明と謝礼額を提示しようかと思っているのですが、その方がいいですよね?

そのあたり、相談される側の立場としてはどうなのか、一言コメントいただけると嬉しいです。
回答 回答5
  • 回答者
回答日時:2020-08-16 09:43:21
現実的に早くの解決を求めておられるなら、抜歯されるしかないかも知れません。

歯科治療を勧められている、と言うことは、主治医はそこまで差し迫ったお身体ではない、とお考えなのではないでしょうか。

根管治療が何本あり、虫歯の治療がどれだけあるのかが分かりませんが、専門家に頼めば現時点でそこまで悪い歯根状態でなければ、根管治療を1回で終わらせることはできるはずですし、虫歯の治療でも1日で詰めたり被せたりしてくれる専門家はいます。

それらは当然自費ですが、ワンデイの治療はかなり可能になってます。

事実、欧米で根管治療の専門家は、殆ど1、2回で終わるのがスタンダードで、論文上も何回もかけてするのと差がないことが分かったためにそうなっています。

虫歯の治療でも、歯科医院内に詰め物被せ物を作れる設備、技工士を常備してる専門の所ならしてますし、できます。

保険のシステムではそれが認められないので、複数回になってると言う弊害もある、と私は思っています。

但し、さすがに全顎的に悪いのでしたら、口腔内を6ブロックとかの麻酔が効く範囲内に分けて治療するでしょうから、全部をワンデイは不可能です。

麻酔を全部してしまうと、顎がどこで噛んで良いのか分からず迷走してしまうので、1回で全部は無理です。

やれたとしても、上顎3ブロックを1日、次に下顎3ブロックを1日で、2日は要ります。

私自身の経験でも、そのような治療したことはあります。

うちにはその機材、技工士がいませんので、型取りまでしかできませんでしたが、それでも全顎的治療を2ヶ月足らずで終わらせました。

患者さんは、1日口開けてますから、とても大変そうでしたが、とてもお忙しい方で集中的に治療して、お口が全く変わり、とても感謝されました。

やろうと思えば、道はあります。

常識に捉われていたら思い付かないだけだ、と思います。

私は就職した最初のお師匠様の所で、そのような治療を何度も経験させていただいたので、それで学びました。

何しろご遠方からホテル泊まり込みで1週間月曜から金曜で終わらせなければならない、とかの患者さんをさせていただいたりしてましたので。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: pippo77さん
返信日時:2020-08-16 11:01:38
光明が見えてきそうなご回答、本当にありがとう御座います。
3点質問させていただいて宜しいでしょうか?

質問@
>専門家に頼めば現時点でそこまで悪い歯根状態でなければ、根管治療を1回で終わらせることはできるはずですし

おっしゃる専門家を探すには、日本歯内療法学会のホームページから指導医、専門医が居て、且つ顕微鏡を用いた根官治療をしている所から選ぶという絞り方で、間違いないでしょうか?

質問A
自由診療の知識ほぼゼロなのですが、正直一番怖いのは価格です。
初診で口腔内の状態を確認してもらえば、全体でおおよそ幾らくらい掛かるか、概算は分かりますよね?

質問B
>虫歯の治療でも、歯科医院内に詰め物被せ物を作れる設備、技工士を常備してる専門の所ならしてますし、できます。

こういった院内技工士が直にやってくれる歯科医院は、どうやって探せばよいのでしょうか?
何軒か検索するとヒットするのですが、もう少し漏らさず効率よく調べる方法はあるでしょうか?
回答 回答6
  • 回答者
船橋歯科医院(岡山市北区)の船橋です。
回答日時:2020-08-16 19:11:52
都内でしたら沢山の1DAYトリートメント可能な歯科自由診療)というのはあるのではないでしょうか?

だだし、その治療が良い治療になっているのどうかはよくわからないのでなんとも言えません。

歯科治療は無理なく複数回に分けて行う方が身体に優しい場合がありますからね。


質問@
そういう歯科医院がよいと思いますが、顕微鏡を部分で使う歯科医師なら別ですがずっと高倍率で使う歯科治療は通常より時間がかなりかかりますから予約が一ヶ月先等になる所が多いのではないかと想像します。

しかし、取っ掛かりをそれで探してみる程度であれば何処か早めに予約が取れる歯科医院があるかもしれませんね。

根管治療の場合はほとんどすべてを歯科医師が行わないといけないので歯科医の疲労は半端なくなりますから1根管数万円から十万円で治療を数少なく行って診療によ疲労の蓄積が起きないように調整しておかないと歯科医の身体も目も持たないような気がします。(若いと違うかもしれませんが)

拡大鏡程度であればそうでもないと思いますから門戸は広がるのではないでしょうか?


質問A
50代で医科から歯科治療を勧められる口腔内環境というのが気になります。
どれくらい悪い所があるのでしょうか?

一番簡単なのは抜歯です。
歯に起因する炎症を歯を抜くことで無くせます。

病院歯科や往診では医科からは入院患者さんの抜歯の依頼をよく受けていました。
悪い状態の歯がある事が病気の治癒を妨げる事が多いからです。

特に炎症が酷い歯は残す事で困ることは多くなりますから身体を優先し、医療看護の手間を減らすには抜歯の選択になる事はありそうです。

歯科治療で駄目になった歯を救おうとするとかなり時間と手間暇と患者さんの忍耐と努力が必要になり治療費も高いです。

保険治療で複数回に分けて時間をかけて順序よく治療を行えば自費治療と比較してとても安価に治療可能になるので一度自費で相談してみてよくお考えください。


質問B
セレックCEREC)というスキャナーとミリングマシーンのシステムを持っている歯科医院は院内ラボを持っているのと同じように早く治療を終えられるのではないかと思いますが、一番良いのは院内ラボがある歯科医院かもしれません。

機械よりも人の方がまだ融通が効くのではないかと思いますし、院内ラボの多くがセレックくらいは持っている時代だろうと想像しますから。

隣接面虫歯咬頭を含む大きな虫歯の即日治療はすべて自費になると思います。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: pippo77さん
返信日時:2020-08-17 06:59:09
患者側からでは分からない様々な情報を提供いただき、本当に感謝です。
ありがとう御座います。


それと改めて確認の意味で、「顕微鏡を用いて行う根官治療=保険外自由診療」という認識で間違いないですよね?
回答 回答7
  • 回答者
船橋歯科医院(岡山市北区)の船橋です。
回答日時:2020-08-17 08:11:39
修正しておきました。

〉顕微鏡を用いて行う根官治療=保険外自由診療

保険治療でも顕微鏡を用いて根管治療を行えますが、「専門家を探すには、日本歯内療法学会のホームページから指導医、専門医が居て、且つ顕微鏡を用いた根官治療をしている所から選ぶという絞り方で、間違いないでしょうか?」ということから保険外の自由診療で根管治療をしている歯科医院を探されるのかな?と思いました。

指導医、専門医を取るには労力もかかりますし、その為の時間と努力が別途必要で、大変なことですから数が少ないです。

目的は主に時間単価の収益を上げるためという事が多いと思いますから顕微鏡治療で専門性の高い時間のかかる治療をご希望であれば自費治療になるでしょう。

保険治療では収益性が低すぎてポイント使用程度が多くなると想像しています。


個人的には普通の一般歯科で十分ではないかと思いますが。
再根管治療のトラブルケースのリカバリーは専門医に依頼されたほうが納得がいく、それだけではないかと考えています。

一般歯科でも根管治療をきちんと行ってくれる歯科医師は私の開業エリアでは多いですが時に雑な治療もありますからよい治療を受ける確率を高めておく為に最初から自費を選択されるのは悪い選択ではないのかもしれません。

保険適用でも即日抜髄即日根管充填もありますし、即日再根管治療即日根管充填もありますが、残念ですが患者さんから指示できることではありませんし、ご希望が叶いにくいだろうと思います。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: pippo77さん
返信日時:2020-08-21 19:27:54
御回答ありがとう御座いました。

教えて頂いた大変貴重な情報から、いま一度自分にとってベスト選択を吟味してみます。



タイトル 抗がん剤による治療前の口腔ケアについて
質問者 pippo77さん
地域 非公開
年齢 53歳
性別 男性
職業 非公開
カテゴリ 虫歯治療
その他(歯科治療関連)
薬剤その他
癌(抗がん剤服用中)
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

歯磨きをしても虫歯になる原因 デンタルフロスは効果無し? 歯ブラシとデンタルフロスどっちが先? 歯科衛生士が就職前に絶対に知っておきたい

Total total
今日 今日
昨日 昨日