17歳でセラミック矯正、違和感のストレスが11年間続いている

相談者: ami_さん (28歳:女性)
投稿日時:2021-06-01 17:21:49
17歳の時に上の二番(側切歯)が2本とも奥に下がっていたので、 矯正を考え歯医者さんに行き、 セラミック矯正を勧められ、歯を削られることも神経を抜くことも説明なく、

「木村拓哉とか芸能人とかみんなやっています。
今から普通に矯正してもほとんど歯は動きません。
セラミックがいいよ」

と言われ、言われるがままにセラミック矯正をしました。

歯を削られてから家に帰って後悔したときはもう遅かったです。
私の知識不足でした。

歯の違和感、歯茎の違和感はかなりありましたが、きっと時間が経てば慣れてくれるだろうと思いそれから11年経ちました。

現在28歳です。
違和感は未だなくならず、歯や歯茎の違和感のストレスは続いています。

ストレスの原因

・口の中で舌にずっとセラミックが当たっている違和感。
・無理矢理セラミックをつけたので、セラミックが浮いている状態になっている。(食事をするとそこに詰まります。)
・当初から歯茎が痛むような違和感がある。

治療のイメージとしましては、セラミックを外し、仮歯をつけ、矯正をし(歯はかなり小さく削られています)、それからまたセラミックを被せることは可能なのでしょうか?

改善のイメージとしましては、セラミックの面積が狭くなり、舌にセラミックが当たる面積が狭くなる。
歯茎からセラミックが浮いていることがなくなればいいなという気持ちです。

また、他に考えられる良い治療法はございますでしょうか?

画像1画像1


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2021-06-01 18:22:06
辛い思いをされてますね。

まず、不自然な形のセラミック仮歯に変更して(あるいは現状のセラミックを仮歯として使用して)矯正治療をし、その後仮歯をまた綺麗にセラミックでなおす、という方法自体は問題ないと思いますよ。

おそらくそれが一番理想的だろうとは想像しますが、



コストとのバランスもありますから、

>セラミックの面積が狭くなり、舌にセラミックが当たる面積が狭くなる。
歯茎からセラミックが浮いていることがなくなればいいなという気持ちです。


この辺りのお話をしっかりと掘り下げて、実際のお口の中の状態を調べれば、他の案も何か(例えばセラミックのみもっと精密になれば許容できそうだとか、2番目を抜いてブリッジにする等)出てくる可能性はあると思います。



何件か、実際に相談に行かれるといいと思いますよ。
うまく解決するといいですね。

回答 回答2
  • 回答者
回答日時:2021-06-01 18:42:05
根管治療?→)歯軸を変えてコアからやり直し、仮歯を入れて矯正治療抜歯が必要かもしれません)を行い、その後に仮歯をセラミック冠で直すのでいいと思いますよ。

1人の専門家がこの回答を支持しています  
相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: ami_さん
返信日時:2021-06-02 06:24:28
先生方
貴重なお話ありがとうございます。

同じ悩みの方が見受けられなかったので、大変参考になりました。
このような場合の知識がなく、歯科医院に相談に行くのがそうしなくてもよかった方向に行ってしまうのではないかと不安でしたので、不安な気持ちが軽くなりました。

先生方のお話を元に相談に行きます。
先生方のように歯の悩みと向き合ってくださる先生に出会えるように、根気よく頑張ります。
回答 回答3
  • 回答者
船橋歯科医院(岡山市北区)の船橋です。
回答日時:2021-06-02 09:53:26
こんにちは。

歯並びの問題を残したまま歯冠部だけを抜髄して、見た目を改善しますと現状のようになってしまいますから、通常は術前に矯正治療を行う事を勧めると思います。

が、当時は、まだブラケット矯正が主流でしたから小臼歯抜歯する期間の長い治療になったのではないか?と思います。
それが嫌なら2番を抜歯してブリッジにする治療になります。

幸いにも2番はまだ歯根が残されていますから、仮歯に置き換えて矯正治療が可能でしょう。
更に、インビザラインなどのマウスピース矯正も普及して来ていますから、矯正治療がよりシンプルに可能になっているでしょう。

歯根が残されていれば歯冠は元の形に戻せますから、次に治療を受けられるならばかなり治療費用が変わってくるでしょうが、術前矯正を行い更にセラミックをやり変えてもらうと良いでしょう。

回答 回答4
  • 回答者
回答日時:2021-06-02 10:57:32
こんにちは

ひどい先生に当たってしまいましたね。
今も昔も、こういう嘘を言って無理やり歯を削って『矯正』といいつのる先生はいるようです。
17歳でもう歯が動かないどころか77歳でも動きますから。

仮に矯正治療を行うのであれば、元の状態に戻してから行うのが理想でしょう。
当然、今の状態で装置をつけても何も変わりません。
歯根と歯の方向が異なっているはずですから、まず本来の方向と大きさに戻してやるという事が必要でしょう。

セラミック製のクラウンにはブラケットが接着しにくい為、もしも矯正治療を行うためにクラウンを作りかえるのであれば、まずはプラスチックの仮歯にしていただく必要はあります。
動かした後に、ちゃんとしたクラウンに作りかえるという事ですね。

もし、矯正治療を行うのであれば、今度は矯正専門の先生にお願いしてくださいね。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: ami_さん
返信日時:2021-06-03 06:40:00
先生方
貴重なお話ありがとうございます!

今まで私が出会ってきた先生に不信感が多かっただけに、不安が大きかったので、ここでのお話は利益や一方的な主観ではなく、客観的に本来のご意見をくださり、一つ一つのお言葉が大変勉強になります。

先生方のお話を受けて、私なりに調べてみましたが、取り返しのつかない後悔がないように、将来を考えて一番理想的な方法を考えていきたいと思います。

もうどうにもならないのではないか、またおかしなことになってしまわないかと不安だったので、方向性が見えたのは先生方のおかげです。
感謝しています。

何件か相談に行き、一番は信頼出来る歯科医院、先生、治療費用も歯科医院によってさまざまだと思いますので、総合的に考えながら決めていきたいと思います。

この度は誠にありがとうございます。
回答 回答5
  • 回答者
回答日時:2021-06-03 10:01:44
もし治療前の石膏模型があったら非常に役立つのですが、おそらく残ってないですよね。
コアからやり直して、仮歯での元の状態を(推測して)再現は少し気合が必要です。




タイトル 17歳でセラミック矯正、違和感のストレスが11年間続いている
質問者 ami_さん
地域 非公開
年齢 28歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ 歯列矯正のトラブル
審美歯科に関するトラブル
クイック矯正(セラミック矯正、補綴矯正)
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

歯磨きをしても虫歯になる原因 デンタルフロスは効果無し? 歯ブラシとデンタルフロスどっちが先? 歯科衛生士が就職前に絶対に知っておきたい

Total total   今日 今日   昨日 昨日  
現在 人が閲覧中