[写真あり] 骨性癒着の可能性がある左上前歯と歯列矯正について

相談者: マルンチーズさん (29歳:女性)
投稿日時:2021-08-30 10:27:33
はじめまして。

歯並び噛み合わせが悪く、顎関節症もある為、歯科矯正をしたいと思い、現在お金を貯めております。

18歳の時に、左上の前歯中切歯)を強打してしまい、ぐらついてたのを放置、その後固定されました。

最近になり、ぐらついてたのは歯の脱臼であった可能性がある事、治療しないと骨性癒着している可能性がある事を知りました。
この事で現在大変後悔しています。

親に病院に行きたいと言っても医療費を出してもらえなくても自力で行くべきだった、歯科矯正で左上の前歯は治るものだと思っていた自分に怒りを感じてます。


質問なのですが、骨性癒着している可能性がある左上の前歯は、歯科矯正をする前に治療をしてもらったほうが良いのでしょうか?
それとも歯科矯正が開始してから行ったほうが良いのでしょうか?

また、治療はどのような事が予想されるか、治療するとしたらどこの科に行ったほうが良いのかが知りたいです。

皆様お忙しいかと思いますが宜しくお願い致します。

画像1画像1


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2021-08-30 11:01:06
こんにちは

骨性癒着は、歯周組織炎症などによって破壊され、その修復過程で骨と歯が直接結合してしまうものだと考えております。

脱臼した歯の整復が不完全であった場合などでも起こりますし、長引く根管治療の際にも生じると考えております。

ただ、脱臼したからといって必ずしも癒着を起こすとは限らず、適正な整復がなされていれば、まったく問題ない歯もあるだろうと思います。

骨性癒着を起こしているのかどうかについて、これを調べる方法があるかといえば、結局矯正治療で歯を動かしてみるしかないと考えております。
打診などによって音が違うなどと言われることがありますが、必ずしも全てそれで分かるというわけではありません。

治療はどうすればいいかという事ですが、矯正治療を行う上では、仮に癒着を起こしていると、歯が動きませんので、何とか動かすという事で、亜脱臼という処置を行います。

ただ、これをあらかじめ行って放置した場合に、他の歯と同じようにいつでも矯正治療を行えるのかについては、よく分かりません。矯正治療を行っている中で行えば動くという事です。

したがって、矯正治療を開始した後に動かないという事が分かった段階で亜脱臼をするというのが一般的でしょう。

但し、癒着が非常に広範囲に生じていれば、亜脱臼が困難であるという場合もあるでしょう。
その点も、動かしてみてやっと分かるという事だろうと思います。

まずは矯正専門の先生にご相談いただき、その中で検討していただければと思います。

回答 回答2
  • 回答者
回答日時:2021-08-30 13:50:39
歯並びは綺麗になりますが、顎関節症は治せない可能性が高いです。

骨性癒着については、最初に可能な限りの診断をしてもらってください。

既に、歯根膜がなくなり、更に根表面から象牙質が次第になくなって、そのスペースに骨が作られていたりしたら、矯正で歯が動かないだけなく、何年か後には歯根すべてが骨に置き換わってしまう(歯根が消失)可能性がありますから、今から、その歯がないものとして矯正治療案を立てた方がいい場合もあります。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: マルンチーズさん
返信日時:2021-08-30 19:43:10
今村先生、藤森先生、お忙し中、ご返信ありがとうございます。

顎関節症は治せない可能性が高いのですね。
教えて頂きありがとうございます。


質問が2つあります。

1つ目に、亜脱臼についてなんですが、調べてみると、治療を行う時にかなり痛そうで不安になります。
麻酔などをかけたり、痛みを極力少なくしながら行う事は可能でしょうか?(痛がり&怖がりなので気になります)

2つ目に、調べている中で疑問に思った事があるのですが、前から、年々噛み合わせが悪くなっている気がしていて(食べるときに接触できる歯が少なくなっているような感じがします)、骨性癒着している歯の影響で起きているの可能性があるのでしょうか?

その場合は早めに歯科矯正を行ったり、歯科矯正ができなくてもかかりつけの歯医者さんに相談したほうが良いのでしょうか?

回答宜しくお願い致します。
回答 回答3
  • 回答者
回答日時:2021-08-30 22:58:56
>かなり痛そう

もちろん、無麻酔で行うということはありませんので、痛みはないと思います。

>年々噛み合わせが悪くなっている
骨性癒着している歯の影響で起きているの可能性があるのでしょうか?

おそらくこの両者は関係はないだろうと思います。
そもそも、骨性癒着を起こしているかどうかもはっきりしてはおりません。

また、噛み合わせの悪さが年々進んでいるかどうかは、時間を空けてみないとわからないところでもあります。

歯科矯正ができなくても、かかりつけの歯医者さんに相談したほうが良いのでしょうか?

一度その旨お話しいただければ、おそらくどなたかを紹介してもらえるのではないかと思います。




タイトル [写真あり] 骨性癒着の可能性がある左上前歯と歯列矯正について
質問者 マルンチーズさん
地域 非公開
年齢 29歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ 歯列矯正の治療法
その他(写真あり)
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

歯磨きをしても虫歯になる原因 デンタルフロスは効果無し? 歯ブラシとデンタルフロスどっちが先? 歯科衛生士が就職前に絶対に知っておきたい

Total total   今日 今日   昨日 昨日  
現在 人が閲覧中