なかなか終わりが見えない根管治療。歯内治療の先生について

相談者: hanahana23さん (50歳:女性)
投稿日時:2021-11-25 22:06:26
根管治療について、教えてください。
なかなか、根管治療が終わりません。

もしかて、失礼な質問でしたら、申し訳ございません。

日本歯内療法学会の認定医・専門医という先生がいらしゃると聞きました。
認定医・専門医の方は、近くにいらしゃらないようです。


歯内療法学会会員の先生とは違うのでしょうか?
学会会員の先生はいらっしゃるようです。

それとは別に、米国歯内治療というのは、日本と比べて違うのでしょうか?

できれば、腕の良い先生に出会いたいと思っています。


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2021-11-25 22:11:15
>認定医・専門医の方は、近くにいらしゃらないようです。

そうでしょうか。

少なくとも、hanahana23 さんがお住まいの地域には、複数の方がいらっしゃるようです。


>できれば、腕の良い先生に出会いたいと思っています。

探す範囲を、隣都府県にも広げてみるのも一法かと思います。

回答 回答2
  • 回答者
回答日時:2021-11-26 11:12:28
こんにちは。

根管治療が奏功せずお困りのようですね。

歯内療法学会会員の先生とは違うのでしょうか?

歯内療法学会専門医は取得するのに結構ハードルを高くしてあります、その意図はわかりませんが探すのは大変だと思います。

米国歯内治療というのは、日本と比べて違うのでしょうか?

北欧式だとか何々式だとかありますが日本式でも歯内療法の本質は同じだと思います、もし米国式が優れているなら国家試験でもそれが正解とされると思います。

感染根管治療 https://www.yamadashika.jp/infection.html

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: hanahana23さん
返信日時:2021-11-26 12:18:32
小林先生
アドバイスありがとうございました。
相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: hanahana23さん
返信日時:2021-11-26 12:46:05
山田先生ありがとうございます。

HP拝見しました、いろんな症例があり勉強になりました。
とても、距離があって通院できないのが、残念です。

フィステルができる前、銀のインレーが詰まっていて、たまに痛かったので、見てもらい、虫歯になっていると言われ、神経を残して治療しました。

数か月後、激痛になり、見てもらうと、銀と歯の間に隙間があって菌が入ったそうです、神経を残して再治療。

その後数カ月で、フィステルができ、神経が死んでいるとなりました。薬を入れ替えて5カ月、できものは消えましたが、傷みは取れません。
治る可能性はありますか?

専門医でなくても、良い先生に出会いたいです。

こうゆうケースは、治療期間おおよそ、どのくらいかかるりますか?

お忙しいところ、申し訳ございませんが、ご意見いただければ幸いです。
回答 回答3
  • 回答者
回答日時:2021-11-26 13:00:01
>薬を入れ替えて5カ月、できものは消えましたが、傷みは取れません。

痛みの原因は炎症なのですが、炎症の原因は細菌感染です、したがってそれを排除できれば治ります。

排除する方法が感染根管治療という事になりますが現在それがうまくいっていないという事でしょう。

>治療期間おおよそ、どのくらいかかるりますか?

感染を排除できればすぐに治ります。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: hanahana23さん
返信日時:2021-11-29 15:36:33
小林先生ありがとうございます

返信遅くなり申し訳ありません。
PCに不具合があって・・

治ると聞いて、安心しました。

神経が死んでいますが、保険治療で十分でしょうか?
それとも、実費で、材料など考えたほうが、歯の寿命にはよいのでしょうか?

お忙しいところ、すみません。
回答 回答4
  • 回答者
回答日時:2021-11-29 16:41:58
歯科医院探しの最初に、「保険か?自費(実費)か?」を決めておかれた方がいいと思います。
安く済ませたいと思われたら保険になりますね。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: hanahana23さん
返信日時:2021-12-03 23:31:35
藤森先生

ありがとうございます。
考えてみます。



タイトル なかなか終わりが見えない根管治療。歯内治療の先生について
質問者 hanahana23さん
地域 非公開
年齢 50歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ 根管治療の専門医
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

歯磨きをしても虫歯になる原因 デンタルフロスは効果無し? 歯ブラシとデンタルフロスどっちが先? 歯科衛生士が就職前に絶対に知っておきたい

Total total   今日 今日   昨日 昨日  
現在 人が閲覧中