インプラント VS ブリッジ…自分の歯を長持ちさせるには?

相談者: MIEさん (54歳: )
投稿日時:2007-01-31 19:25:00
5年くらい前に右の4番5番を抜歯して3番から6番でブリッジにしています。

仮止めで様子をみて問題なかったので本止めをしようとしたらなかなか外れず、このまま様子をみましょうという事になりました。

その後問題なかったのとその歯医者が閉まってしまったのでそのままにしていました。半年前くらいから3番が少し動くなと思いながら今日までそのままです。

現在かかっている歯医者でブリッジをやりなおす治療をしようと思っているのですが、将来3番6番がだめになってしまう事を考えたら不安になります。

4番5番をインプラントにして3番6番を差し歯というのは可能でしょうか?

抜歯して年数が経っているため4番5番の歯茎は痩せています。このままインプラントというのは難しいのでしょうか?

残っている自分の歯を少しでも長持ちさせるにはどういう治療が一番いいのでしょうか?現在お世話になっている先生はインプラントは行っていません。

アドバイスお願いします。


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2007-01-31 23:53:00
「残っている自分の歯を少しでも長持ちさせる」という視点に限って言えばご希望の通り、インプラントが現在選べるベストだと思いますよ。

インプラントを入れたからと言って抜けた歯が元通りになったみたいな感覚とは少し違うのですが、揺れている状態でのブリッジは非常に予後が悪いですし、かと言って2番や1番までブリッジを延ばすにはおそらく神経を抜く必要性が出てきてしまいます。

インプラントはまだ歴史が浅いですので、細かい点については色々と論争が続いている最中ですが、他の選択肢(ブリッジまたは部分入れ歯)と比べれば信頼出来る方だと言えます。

インプラントが出来ないケースもご覧になってると思いますが、その中でも、誰が見ても本当にインプラントが"出来ない!"と言われそうなケースをご紹介します。

・重症の糖尿病(コントロール出来れば可)
・ヘビースモーカー(禁煙して下さい)
・治療していない重度歯周病(治療すれば可)

これぐらいだと思います。

あとは骨が少なくても、技術が確かな先生でしたらなんとかやって下さいます。
成功率は落ち、術後数日はだいぶ腫れますが。。

骨の具合を見ている訳ではありませんから、一般論ですが、下あごの4,5番あたりですと、骨の質は非常にいい方です。

ただ歯があった当時の根っこの先端あたりの位置に、太い神経が通っていますので、そこを避けてインプラントを入れなくてはなりません。ですから骨の幅や高さが十分にあるかがキーポイントになります。
歯を抜いてからの期間の長短はそんなに関係ありませんが、抜いたときの理由が「歯根破折」とかだと、骨が足りないことが多い感じかします。

例えば骨の高さが少なく、短いインプラントしか入れられないとなった場合、複数のインプラントを被せ物でつないで使えば強度が増すと考えられています。骨幅が足りなくて細いインプラントになった場合にも同様です。(否定する先生もおられるかも知れません)

ですからMIEさんの場合は歯の欠損が少なくとも2本はある訳ですから、期待は持てるんじゃないでしょうか。

決して手術は簡単な状態ではないと思われますので、日本口腔インプラント学会(http://www.shika-implant.org/)の認定医の先生を探されるといいと思いますよ。HP上で名簿と連絡先を公開しています。

私も目指しているのですが、今日本の学会の認定試験の中では最も基準が厳しく、比較的信用できる情報だと思いますよ。

3番が今動くとのことでそれが心配なのですが、なんとかなるといいですね。

あと必ず説明されることなのですが、インプラントは入れた後のお手入れに大変気を遣います。毎日のきちんとしたブラッシングと定期検診だけは一生、必ずしっかりと実践して下さい。

回答 回答2
  • 回答者
回答日時:2007-02-01 09:43:00
ワタナベ先生の意見に賛成です。

3番、6番の負担を軽減させる方法として、今現在考えられるベストな方法はインプラントだと思います。

インプラントに関して賛否両論と言われていますが、本当にインプラントを勉強した上で反対されている先生というのは極一部で「食わず嫌い的」に反対されている先生の方が多いような気がします。

少なくとも僕の周りでインプラントを反対している先生に「何がダメなんですか?」と聞いても「とにかく、ダメなものはダメだ」と言う回答しかおっしゃりません。

しかし、金儲け的にインプラントを行っている先生がいらっしゃるのも恥ずかしながら事実だと思います。

ですから、MIEさんも担当の先生と良く相談し、インプラントに対する考え方、メインテナンスに対する取り組みなどを考慮して決定されると良いと思います。


【関連性の高い歯科相談】
抜歯するor隣の歯と合わせて補強する(2007/03/08)




タイトル インプラント VS ブリッジ…自分の歯を長持ちさせるには?
質問者 MIEさん
地域  
年齢 54歳
性別  
職業  
カテゴリ インプラント治療法
ブリッジ治療法
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

歯磨きをしても虫歯になる原因 デンタルフロスは効果無し? 歯ブラシとデンタルフロスどっちが先? 歯科衛生士が就職前に絶対に知っておきたい

Total total
今日 今日
昨日 昨日