市販のハミガキに含まれている成分の本当の効果について

相談者: 歯君さん ( : )
投稿日時:2007-06-28 22:51:00
ここの掲示板で歯周病に対して、これさえ使ってれば絶対大丈夫的なものはないと聞きました。

ハミガキの説明に歯垢を分解とか浸透殺菌とか色々書いてます、その通りならそれを使っていればまず安心ってことになりますよね?

僕が知りたいのはそれらの本当の効果なんです。

フッ素は効果あるというのは分かっているみたいですが、トリクロサン、デキストラナーゼ酵素、イソプロピルメチルフェノールなど本当に効果あるんでしょうか?

答えにくいかもしれませんが、よろしければ教えてください。

ただ使えば口腔内はすっきりしますし、口臭も無くせますよね。
気分的なものかなとも思えてきます。


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2007-06-29 07:35:00
学術的に効果が立証されているのは、虫歯予防にはフッ素歯周病予防にはクロルヘキシジンだけですね。

あとは、民間療法というかおまじないというか・・・。

ちなみに、口臭の一番の原因は唾液の量の減少ですから、歯磨き粉は全然関係ありませんよ。

むしろ、歯磨き粉の使用で唾液量が減って、口臭が強くなってしまうという報告もちらほら聞きます・・・。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: 歯君さん
返信日時:2007-06-29 08:21:00
なるほど、そうだったんですか
使いすぎはいけないってことですね
回答 回答2
  • 回答者
回答日時:2007-06-29 12:35:00
こんにちは。

トリクロサンについては結構良さそうなデータも出てますよ。

ただ厚生労働省の”指導”(←※禁止している訳ではありません)で、日本では欧米の10分の1ぐらいの濃度しか使えません。(※詳しいことは各社企業秘密だそうで調べられませんが)

参考⇒デンタルリンスや、乳酸菌入り(LS21)タブレットの効果は?


確かに学術的でエビデンスがあるもの、という言い方だとほぼフッ素だけ。と言えるとは思うのですが。


理屈として、プラークというのは典型的な「バイオフィルム」と呼ばれていて、台所のヌメリとかお風呂のカビとかも仲間です。

果たしてヌメリやカビが、何かの薬液をかけただけで綺麗に取れるのかと、想像するとそれって完全に無理ですよね。

出来る薬品があったとしても、とてもお口に入れられる濃度なはずはありません。

ブラシの併用、スケーリングPMTCは間違いなく効果的ということも想像が出来るかと思います。

・・とは言え各社専門の開発チームが、試行錯誤で何千万とか?の予算を組んで、研究開発している訳ですからね。

学会でもよく研究発表をされています。

(研究に使える様に、人工的なバイオフィルムを作るのがまた難しい様なのですけど・・)

開発の方というのは本当によく勉強・研究されてますから、私達素人には想像のつかない様な事実はあるのかも知れませんね。

ということで最低限フッ素は入っているものが良いとは思いますが、色々と期待をこめて試されるのはいいことだと思いますよ。

効果を実感できるものがもしあればまた教えて下さい。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: 歯君さん
返信日時:2007-06-29 14:48:00
わかりました。

今はクリニカとデンターシステマのデンタルリンスを使ってます。

前者は歯垢を分解、キシリトールフッ素、清掃スクラブ、後者はバイオフィルムを殺菌するので総合して一番良い組み合わせ?と勝手に考えて使ってます。

寝る前にホームジェルです。



タイトル 市販のハミガキに含まれている成分の本当の効果について
質問者 歯君さん
地域  
年齢  
性別  
職業  
カテゴリ 歯磨きに関する疑問
歯磨き(プラークコントロール) その他
予防関連
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日