6番ヘミセクション後の仮クラウンが、土台ごと取れた場合の対応

相談者: HKさん ( : )
投稿日時:2007-10-09 09:24:00
1年半前に第一大臼歯の5番目よりの半分をヘミセクションによって抜歯しました。

歯茎の上に残っている歯が少ないので、土台のために歯茎を削り、歯茎が回復するのを待っているうちに日本での滞在期間が終わり、土台とクラウンの治療はまた次に帰ってからとなりました。

今年の3月に一時帰国した際、再度土台のために歯茎を削りメタルコアを入れました。

その上に本来ならば金属のクラウンを付ける予定だったのですが、サイズが合わず金属のメッシュとプラスチックがまざったような素材で仮のクラウンを付けてもらいました。

クラウンの形は土台を覆い、抜歯した半分の歯の上部は他の歯の高さとあわせて厚さ3ミリほどで、その下は空洞で5番目の歯がかたむいてこないように支えるような形になっています。

この仮のクラウンが土台ごと取れてしまいました。
今現在、残った歯の根に大きな穴があるような状態です。

できれば処置をしてくれた日本の歯科医に見てもらえればいいのですが、すぐに日本に帰ることもできないので(早くて今年の12月、或いは来年3月)、今するべき応急処置を教えてください。

今すぐに穴をふさがなくては根が感染したり、虫歯になる可能性が高いのでしょうか?

近くの歯科医で土台ごと入れてもらえるよう頼むのが良いのでしょうか?
(過去の経験上、イギリスの地元の歯科治療にあまり良い印象を持っていません)

このサイトを見ていて、土台にも多数種類があると知って、この際メタルコアではなく保険外のものを使ったほうがいいのではとも考えています。

どうか助言をお願いします。


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2007-10-09 09:42:00
そんな不安な歯を残すことに問題がありますね。

クラウンが土台ごと取れてしまうということは、そのクラウンは残存している歯に維持を求めていたのではなく、土台に維持を求めていたことになります。

かなり不安定です。

ましてや、ヘミセクションして歯を半分にしたからといって歯の強度は半分にはなりません。半分以下になります。

ということは・・・
他の治療を考えたほうがスッキリするかも知れません。

回答 回答2
  • 回答者
回答日時:2007-10-09 12:58:00
はじめまして。

>今するべき応急処置を教えてください。

残念ながらこの歯は抜歯をされた方がいいような気がします。

理由、

ヘミセクションして、残すなら残すでいいのですが期間がかかりすぎです。
既に虫歯が出来ているのでは!?

メタルコアが外れてきたと言うことは、その歯が咬合力に耐えられるだけの健全歯質は残っていないと思います。

イギリスにファイバーコアがあるかは知りませんが、日本の銀合金のコアはないと思いますので安心してください。

コアは後々で大きな意味合いを持ってきますので、良く考えられて選択した方がいい治療選択です。

回答 回答3
  • 回答者
回答日時:2007-10-09 17:42:00
こんにちは。
私もコア云々というよりも、その歯を残すことに疑問を感じます。

仮歯が壊れてくるのはこのまま行かない方がいいよという危険信号の場合も多いですからね。あくまで推測ですが・・。

抜くのはどこの国で抜いてもいいと思いますから、その後はインプラントか、あるいは後ろの7番がまだ残っているのでしたら、ブリッジを検討されても良いのではないかと思いますよ。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: HKさん
返信日時:2007-10-09 19:13:00
お返事をどうもありがとうございます。
皆さんの一致したご意見は“歯を残すことに疑問”ということになりますよね。

なるべく自分の歯を残そうとして選んだ方法が上手く行かず残念です。
限られた時間で頑張ってくださった歯科医の先生にも申し訳なく思っています。

残された選択肢と私の質問(考え)は:


(1)(A) 抜歯してインプラント

インプラントは未だに成功率が高くないのと聞いていますし、骨をいじることに対して抵抗を感じます。

それに対して高額を払うのに不安を感じます。


(1)(B) 抜歯してブリッジ: 

7番は詰め物をしてありますが、残っています。

ブリッジをした場合、この7番の歯が虫歯になったりという可能性もあるんですよね?


(2) 抜歯して放置:

抜歯をした後に何も仮の歯を入れないと、月日がたつごとに他の歯の並びが悪くなるものでしょうか?

もし抜歯という選択肢が、他の歯を傷つけず、歯並びにも大きな影響を与えないのなら、抜歯をしてそのまま放置しても構わないと思っているのですが、それはお勧めしない選択肢ですか?


(3) 根を残して放置:

根を抜歯をせずに、そのまま残しておくことはお勧めしませんか?
もし抜歯をする場合、その後の治療は日本でしたいと思っています。

来年の春に日本に帰るまで根を残しておくのは良くないことでしょうか?


もし考慮すべき他の選択肢がある場合、是非教えてください。
お忙しいと分かっているのですが、長々と質問してしまってすみません。

お返事を待っています。
どうもありがとうございます。
回答 回答4
  • 回答者
回答日時:2007-10-11 00:49:00
私も現在一時帰国中の方の集中治療をしているところですが、やはりどこかに無理は出てきますね。

日本での治療を強く希望される以上は、仕方がないかも知れません。

今後のことについては、抜歯するのかどうかも含めて、色々と調べて比較してみて下さい。

例えばこちらのgoogle検索を利用して、「6番 抜歯」などのキーワードで探せば色々出てきます。

例えば・・


参考⇒6番抜歯後の処置:ブリッジ VS インプラント
参考⇒6番抜歯後そのまま何も治療をされていませんが、大丈夫なのでしょうか?

他にも色々と・・。

そして(3)の方法についてはお勧めしません。

夜も眠れないほどの激痛、顔が変形するほどの腫れも、可能性はありますので、抜くのでしたらそちらで抜かれて下さい。

抜かないのならそちらの歯科医師に事情を説明し、適切な仮蓋か何かをしてもらいましょう。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: HKさん
返信日時:2007-10-11 02:35:00
渡辺先生、返信そしてリンクをどうもありがとうございます。

どの方法が一番良いというものではなくて、どの方法が長い目で見た場合に自分にあっているのかが重要なのだと思います。

年齢、あごの形、歯の大きさ、金銭事情などなど。
あと歯科医の先生を信頼できるのかも大事ですね。

明日こちらの歯科医に見てもらう予定です。
よく話し合って今後の治療(どんな、そしてどこで)を考えたいと思っています。

どうもありがとうございました。



タイトル 6番ヘミセクション後の仮クラウンが、土台ごと取れた場合の対応
質問者 HKさん
地域  
年齢  
性別  
職業  
カテゴリ 抜歯:6番(第一大臼歯)
歯の土台に関するトラブル
クラウン(差し歯・被せ)のトラブル
イギリス
クラウンが取れた・外れた
土台(コア)が取れた・外れた
ヘミセクション(トライセクション)
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日