ドイツ在住。時折起こる、噛み締め時の歯の痛み

相談者: あななすさん (31歳:女性)
投稿日時:2008-01-07 08:37:06
こんにちは、初めて投稿させていただきます。

私は去年の4月よりドイツで生活しております。

は元々とても悪く、下の前歯以外は治療の入っていない歯がないという状態です。

日本では信頼しているかかりつけの先生の下で、半年に一度の検診歯石除去を行っていました。

最終に行ったのは2月か3月だったと思います。
それで、悪いながらにも小康状態を保っていたと思います。

左上の5番なのですが、日本にいた頃からごくたまに歯が浮いたような感じになることがありました。

でも、肩こりがひどいためそのせいと思い、マッサージなどで対処していました。それでおさまっていました。

こちらにきてから大きなストレスに直面し、1〜2回噛み締め時に歯茎の奥のほうで痛みが起こることがありました。

いずれも期間は1週間くらいです。

朝方にひどいことがあり、もしかして寝ている間に食いしばりをしているのでは?と考えていた頃、歯軋りをしていたと指摘されました。

それでだと思い、起きているときも意識して食いしばりしないように注意しました。それで痛みは無くなりました。

今回も大きなストレスに直面した最中、痛みが出現しました。
4〜5日続いています。

現在歯軋りしているのかは分かりませんが、起きている間は食いしばりに注意しています。

実は下の7番のかぶせ物が取れ、少し歯が欠けたためこちらの歯科で治療中です。

その奥の歯茎(親知らずが生える部分)が治療後腫れており、その痛みも強く、左側全体が痛く、食べ物が噛めない状態です。

この歯科で一緒に診てもらえばいいのでしょうが、医療費の関係、私の歯の理解度の関係で、日本のかかりつけの先生に診てもらいたいと考えています。

もし食いしばりが原因でしたら、マウスピース作成になると思いますが、こちらでは保険適応にならないので...

ただ、もし虫歯が進行していたり、歯根破折などが起こっているのであれば、早急に診てもらうべきであろうとも考えています。

3月の末に一時帰国するのですが、もし痛みが落ち着けばそれまで様子をみても大丈夫でしょうか。

出血や歯肉の腫れ、膿などはありません。
見た目は以前と変わりなしです。
ただ、鏡で歯の裏側を見たところ中が黒くなっているように見えなくもありません。

今は市販の(日本の)鎮痛剤を飲んでいます。

長々と書きましたが、ご教授よろしくお願いいたします。


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2008-01-07 10:48:57
現地の歯科医院さんでとりあえず「虫歯ではない」と言う評価であれば3月の一時帰国まで待っても良いとは思いますが、現時点で「ゼッタイ大丈夫ですよ」とは言えません。

もし、大丈夫であれば、日本の歯医者さんで「歯軋り防止装置を作ってください」と言えば通院2回で作れます。

健康保険も適応になりますから(初診、再診料、その他検査を除いて)5000円くらいです。

できるだけストレスを溜めない生活を心がけてくださいね‥。
(海外だと厳しいかもしれませんが‥)

がんばってください。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: あななすさん
返信日時:2008-01-07 11:02:47
タイヨウ先生、返信ありがとうございます。

もうひとつ質問なのですが、もし歯根破折が起こっていたとして、痛みが出たり消えたりと言うことは起こりえるのでしょうか?

痛み自体は1週間くらい、消失している時期は1ヶ月や2ヶ月あります。
痛みがないときは本当に全く普通の状態です。

あと、もし歯軋り防止装置を作るとして、目安としてどれくらいかかりますか?? それによって帰国日数を考えようと思っています。

ストレス溜めない生活、難しいですね(笑) 
こっちに来て、日本の医療のありがたさを実感しております。
回答 回答2
  • 回答者
回答日時:2008-01-07 11:40:56
もし、本当に折れていたとすると「咬んだ時は(ほぼ)必ず痛い」と言う状況になると思いますので、大丈夫なのではないかと思います。

>目安としてどれくらいかかりますか?? 

日数ですか?
だとすれば1週間みてもらえれば良いと思いますよ。

まあ、セット後のチェック&調整と言う意味ではさらに1週間見てもらえれば大丈夫だと思います。

回答 回答3
  • 回答者
回答日時:2008-01-07 13:03:28
はじめまして


>もし歯根破折が起こっていたとして、痛みが出たり消えたりと言うことは起こりえるのでしょうか?

私の経験上は、割とある様な気がします。。

数ヶ月の期間については、やはり絶対大丈夫とも言えないのですが、可能な限り早めの診査・診断はしてもらって下さいね。

もしもこの歯根破折を起こしていたとすると、抜歯ブリッジorインプラントとなるはずですから、マウスピースの作成はその後になるかと思いますよ。

それとご存知かとは思いますが、マウスピースは歯軋りを防止する装置ではありません。。

歯軋りを、どちらかと言うと「思い切り自由にさせる」装置で、もしも防止したい場合には、歯科医師の力では基本的になんともなりませんね。(※かみ合わせの状態と関連付けるグループもあります)

異国での医療は何かと大変だと思いますが、お大事にして下さい。

回答 回答4
  • 回答者
回答日時:2008-01-07 13:19:45
マウスピース歯軋りを防止する装置ではありません。。

そうなんですよね。

でも、保険用語では「歯軋り防止装置」と言っていますよね。
東京都の保険審査の先生がはっきり言ってました)

まぎらわしい‥。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: あななすさん
返信日時:2008-01-07 18:12:10
タイヨウ先生、渡辺先生、コメントありがとうございます。

歯根破折の可能性はぬぐいきれないということですね...

抜歯だけは何とか避けたいと願っているので、歯根破折が起こっていないことを切に願います。 もう不安で仕方ないのですが...

一晩寝て、先ほど起きたのですが、痛みとしては少しましになったかなぁという感じです。

やはり噛み締めると歯茎の奥のほうが押される感じと痛み、浮いたような感じがありますが。

気になって何度も噛んでしまうので悪循環にもなっていると思います。 

夜中に一度目が覚めたときも、やはりきつくではなかったですがと歯をかみ合わせていました。

マウスピースについては、このHPで勉強させていただきました。 

もし歯軋り、噛み締めが原因だとしたら、それを取り除くことが大切だということも学びました。 なかなか難しいですよね... 

でも、気分転換など考えたいと思います。

この歯、かなり昔にかぶせてもらった歯なので、診て貰ったら(大きいか小さいかはあると思いますが)かぶせた中の虫歯は指摘されると思います。

一度かぶせ物を外して中を見てもらいたいとは考えていますが、治療は日本がいいんですよね...

こっちは治療前にレントゲンも撮らないことがあるそうです。
この間の治療も痛くて痛くて。 今もまだ痛いわけです。

かぶせ物が外れ、中の虫歯も削ってもらいましたが、もちろんレントゲンなんて撮っていません。

日本なら他の歯も同時に悪くないか診てくれますが、そんなこともありませんでした。

すべて治療費(保険の範囲)が違うからだと思います。

私のような安い保険に加入しているものは、時としてひどい扱いを受けることもあるようです。

日本のような平等な医療ではないと思います。
(もちろんそういう先生もおられるはずですが)

こちらの人たちは若い頃矯正するのが当たり前で、とてもきれいな歯を持っています。

それだけでも私の中でコンプレックスがあると言うのに、気楽に歯科にも通えないなんて苦痛以外のなにものでもないです。

薬を飲んでも治らない歯の問題だからこそ、日本にいる頃は「あれ?」と思ったら歯科に行っていました。

長々と書きましたが、海外での医療の大変さ、身にしみております。

これからも私の歯のトラブルは続くと思います。
また相談させていただきます。

ありがとうございました。 


【質問の続き】
ドイツで歯茎を切開し、悪いものを取り出す処置をすることになりましたが…



タイトル ドイツ在住。時折起こる、噛み締め時の歯の痛み
質問者 あななすさん
地域 非公開
年齢 31歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ 原因不明の歯の痛み
歯の痛み その他
噛み合わせに関するトラブル
歯軋り(歯ぎしり)
ドイツ
肩こり
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

歯磨きをしても虫歯になる原因 デンタルフロスは効果無し? 歯ブラシとデンタルフロスどっちが先? 歯科衛生士が就職前に絶対に知っておきたい

Total total
今日 今日
昨日 昨日