[写真あり] 前歯の根管治療におけるマイクロスコープ、ラバーダムの必要性

相談者: プリアさん (40歳:女性)
投稿日時:2008-07-07 14:25:53
こんにちは。

差し歯にしていた左上1番(神経はありません)の歯茎に時々痛みを感じるため、差しを外し、ここ1年ほど根管治療を続けております。

痛む頻度は減ってきておりますが、今でも時々痛みは感じております。


そんな中、根っこの治療にはマイクロスコープラバーダムを使った方が望ましいということをネットで知りました。

根っこの治療なので、きちんとやっていた方が良いかと思い、早速その二つを使っている歯医者さんを探し出し、行くことにしました。


ところが実際行ってみると、

前歯の治療にラバーダムは使っていない、マイクロスコープもレントゲンで見えるので必要ない

と言われました。


本当なのでしょうか。

上の前歯には通常どちらとも使わないのでしょうか。
その歯医者さんでは、とてもきれいな差し歯を作られるようで、私も今度の差し歯はそこで、と思っていましたが、ラバーダムを使われないことなどを聞いて、正直そこの歯医者さんを信用してよいのか、と悩んでおります。


お忙しいところ恐縮ですが、お返事頂けないでしょうか。
よろしくお願い致します。


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2008-07-07 15:03:29
その根管治療保険治療でしょうか?
それとも自費治療でしょうか?
それによると思います。

保険治療の根管治療においては、マイクロスコープを使おうとラバーダムを使おうと費用算定されないため、使わない医院が多いです。


さて、必要性に関してですが、マイクロスコープを使ったり高倍率ルーペを使ったりしていますが、全ての診療の10割においてルーペの必要性は感じますが、マイクロスコープの必要性は7割くらいかなぁと思います。

マイクロスコープやラバーを使わなくても治療を完璧にこなすDr.も結構いるのでなんともいえませんが、使ったほうが望ましいのは事実だと思います。

回答 回答2
  • 回答者
回答日時:2008-07-07 15:09:44
タカタ先生とニュアンスは同じなのですが‥。

「上顎前歯部の根管治療ラバーダムが必須か?」と言われると僕は「そんな事はない」と答えます。

もちろん、すればするなりの効果は得られると思いますし、しないよりした方が良いと思います。


しかし、下顎臼歯部の根管治療には「ほとんどのケースで必須」と答えます。

やはり「唾液の混入を防ぐ」と言う意味ではラバーダムが必要ですから。



また、マイクロスコープに関しては「とりあえずは必要」でしょう。
これは、上顎、下顎どこのにおいても「現状を観察する」ためです。

回答 回答3
  • 回答者
回答日時:2008-07-07 16:40:42
上あごの前歯の形がおおよそ残っているケースでの
ラバーダムの使用は、絶対ではないと思いますので、
タイヨウ先生に同意。

また、
スコープに関してもタカタ先生のご意見に同意です。


した方がいいことならば積極的にするべきですが、
費用発生しても保険では負担してもらえないので、
費用の負担を許容されるのであれば、
自費根管治療をできる専門医での治療をお勧め致します。
保険でほとんどの仕事を行わなければいけない歯科医院に、
両者の使用を要求するのは、ちょっと酷だと思います。


解決策としては、
根管治療は自費で行える専門医でうけられ、
被せモノの治療は現在の歯科医院で行われるのは
いかがでしょうか?


一般の方は歯科の中での専門性をあまり認識されませんが、
専門医同士ならば、そのように1本の歯を領域を分け合って
治療することは、珍しくないので、問題はないと思います。

回答 回答4
  • 回答者
回答日時:2008-07-08 17:30:22
上顎前歯に必要は無いでしょう、使ったことは無くは無いですが、無ければできないというものではありません。


無くても十分できるでしょう。

上顎前なら唾液で床上浸水になることもありません。



有髄歯で露髄して、ケミカルサージェリーでもするなら別ですが。



あまり気になさらなくてもいいかと思います。

お大事になさいませ。

回答 回答5
  • 回答者
回答日時:2008-07-09 12:34:06
プリア さん
こんにちは
困ったもんですが、全く反対意見です。
たぶん他にあと4人くらい同じ頭の先生がいると思います。

---------------


ラバーダムを使用するかどうかは
歯科医の倫理観だけです。
どのような場合でも行った方が間違いなく良い結果が得られる
はずです。

倫理観のない歯科医は使用しませんし、
倫理観のある歯科医は使用します。

世界中の歯内療法の専門医に質問されるとわかりますが、
ラバーダムを使用しない専門医は1人もいないと思います。
開業医だから、ラバーダムをやらなくて良いか?
答えはNoです。
だから、開業医の成功率は低いんですよ。
そんな根管治療を行った自費で冠を被せるのは開業医です。


結局
歯科医が面倒くさいと思っているってことです。
その程度で「まあいいや」と思っている歯科医ということですよ。
何人か見つかりましたが。


患者のための臨床を私たちは行いたいと
思いますので、ラバーダムは必ず行います。

頭の中が全く反対なのです。
それを行わない歯科医は本当の心の中は
自分のための臨床を行っているだけです。
(時間がないとか)
(報酬がないとか)
言い訳です。
真面目に働くとそんなに歯科医は儲かりませんよ。


歯の治療の敵は細菌です。
仮封する時に、細菌が入ってくるのは
生活歯だろうが、失活歯だろうが、同じことです。
細菌が、これは失活歯だからやめとこうと思うのでしょうかね。

生活歯の方が、免疫機構はしっかりしているっていうこと
さえも気づいていないんですよ。


----------------

僕の教え子に根管治療中に
ファイルを飲み込ませた先生がいます。
ラバーダムをしてれば、絶対に起こらないことです。

患者さんは手術で器官切開しました。

歯科の治療することで、そんな大変な思いをさせたくはないです。


----------------

回答 回答6
  • 回答者
回答日時:2008-07-09 14:30:13
どうも4人の中の1人の井野です^^;

理想は宮下先生の意見ですが、

ここに経済が入るので、どうしても他の先生方の意見を支持してしまいます^^;


保険でされている先生では上の前歯であれば、ラバーを張らないことが殆どだと思います。


また私は、保険治療では理想の治療は叶えられないと思っています。
宮下先生の

>真面目に働くとそんなに歯科医は儲かりませんよ。

とあります、
ただ保険治療でここまで求められれば、儲からないどころか廃業です。


逆にお聞きしたいのは
宮下先生のオフィスに「保険の治療費で治療してください」と言う患者さんが来られれば、その治療費で治療をされますか!?

宮下先生は超が何個も並ぶ一流の先生です、でも圧倒的に多いのは保険治療で生計を立てている先生です。
また患者さんも保険で治療をと希望される方が多いと思います。

理想は絶対『宮下先生の意見』だと思います。
しかし、経済を組み込んで見た時に成立しないものであれば机上の話で終ってしまうと思います。


私は自費根管治療をしていますのでラバーはマストアイテムですが、保険治療を行っていた時はまず前歯であればラバーは張っていませんでした。

それでも多くのは現在も問題は起こっていません。
長く持たせる為の治療には時間も費用もかかります。


毎回書いていますが何処に線を引くかの問題であると私は思います。



宮下先生>
くそ生意気なことを書きまして申し訳ありません。m(_ _)m

   

回答 回答7
  • 回答者
回答日時:2008-07-09 16:22:31
井野先生の”書き方”はちょっとアレですが、”ご意見”には納得します。


日本においては、国民皆保険制度があり、恐らく歯医者の9割以上の保険医においては、保険医療制度の中で頑張って治療をするしかないというのが現状だと思います。

理想論は宮下先生の仰るとおりで、私も自費治療においてはラバーダムは必須ですし、できれば顕微鏡、少なくともルーペを用いることは必須だとも思います。


倫理観のことも理解はできます。


やはり、口腔内で強い薬剤を用いたり、とがった器具を用いるのですから

”自分のされたくない治療はしない、自分のされたい治療を実践する”

べきだと思います。

ただ、 保険治療という枠がある以上はその中で工夫をして、可能な治療をするしかないと思います。

以前はラバーダムの点数10点が認められていましたから、その場合は10点を算定する以上はラバーダムをしていない医者に対しては批判的な考えを持っておりましたが、今ではラバーダムの10点もありません。

そうなると、ラバーダムをしないDrの批判をすることもできません。

回答 回答8
  • 回答者
回答日時:2008-07-09 17:14:20
4人中2人目の渡辺です。

井野先生、タカタ先生のご意見に同意です。

加えて、ここの主旨が患者さんのご相談にお答えする場ですから、あれもダメこれもダメとしてしまうと、行ける歯科医院がなくなってしまうことも考慮するべきだと思います。

ラバーダムのことは当然しないよりもするべきだと思いますが、では今回の様に、気に入っている点もあるのにラバーがないから転院するべきか?と問われればNoだと思います。

利点欠点、優先順位などを考えて決められれば良いと思います。

それ(ラバー)だけを取り上げて、その先生が信用出来る出来ない、倫理観があるない、を語るのには賛同出来ません。


また医学的に正しいからと言って、何でも追求してその分の費用負担を当然の様に求めるというのも歯科医のエゴだと感じますし、私の様に保険でラバーダムもマイクロスコープも使って何時間もやる勤務医もどうかと思います。

(ラバーダムの材料費だけの問題ではありませんから、根管治療のたびに○万円単位で赤字が出てしまいます。)


タカタ先生がおっしゃる様に、ラバーダムの10点(100円)がどこかに消えたと言うのも気持ち的には大きいですね。

(私も過去にはこのサイトで、保険でもラバーぐらい使うべきだ!発言はしています。。)

回答 回答9
  • 回答者
回答日時:2008-07-09 18:00:30
下のレントゲン
右上3番から左上7番まで
私が15年前に治療して今も通ってくれている
患者さんです。

右上4番は当時
自信がなかったので、ポストを取らず、治療をしていません。
根尖病変あります。

左上2番治療しましたが根尖病変あります。
どの
ラバーダムなしで治療してます。

左上4番
左上5番根尖病変あります。

私は、この患者さんを見るといつも後悔してます。
そして、こういう患者さんが山のようにいることを
知っているから、
今はきちんと治療しようと思っているだけです。

冠を被せるのに、後からでは遅いことが多いからです。


自分は
ラバーダムの重要性に気づいていませんでした。
その程度しか患者さんのことを考えてなかったのですよ。
今なら、こうならないように出来ると思ってます。

自分は何をやっているのか?
と問いかけてみれば気づくはずですよ。


---------

医学倫理を勉強している人なら
知っていることだと思いますが、
「患者に悪いことはやってはならない」
を自分は実践して行こうと思っています。
他の人は他の人の人生ですから、
そこまでどうこう言いません。

ですが、
多くの医療従事者は重要な医学倫理さえ知らないのではないか
と思います。生物医学倫理では
そういう見方をするということです。
こういうことを10年間講演してきて
そして、それに気づいて変わることができる
歯科医も大勢私の周りには居たということです。

必要なことに十分な報酬が与えられていない
システムに問題があるわけで、それを見直さない限りは
進歩はないでしょうね。

画像1画像1

回答 回答10
  • 回答者
回答日時:2008-07-09 20:22:00
>宮下先生

まあ、言いたいことはたくさんあるんですが、とりあえず2、3。

小児の治療の場合は、ほぼ全例ラバーダムを私は使いますが、大人の場合は必ずしも使いません。ですので、

歯科医が面倒くさいと思っているってことです。

必ずしもこの考えは真ではありません。
違う言い方をすると先生の判断は間違ってます。
もう一度言いますが、「もう少しよく考えて発言をしてください」


>その程度で「まあいいや」と思っている歯科医ということですよ。

ある程度のところで妥協するのは当たり前じゃないんでしょうか?
「俺は妥協したことがない」なんて、恥ずかしくて私には言えませんが。


>何人か見つかりましたが。

自分と考え方の違う先生を非難する先生は少なくありませんが、大概はそうすることで、相対的に自分を高く見せようとする、どちらかというと能力のない先生が行う手法かと思います。

先生ほどの高名な先生が、先生と異なる治療を行っているからと言って、調べもしないで悪意があるものと断定し、非難されるのは残念でなりません。

回答 回答11
  • 回答者
回答日時:2008-07-10 03:38:07
>プリアさんへ

ちょっと話が大変なことになって、入りづらい流れになってしまいましたが、今、回答者同士で今回問題提起された件について話し合いをしていますので、ご容赦ください。


ご質問の件についてですが、


>ところが実際行ってみると、前歯の治療にラバーダムは使っていない、マイクロスコープレントゲンで見えるので必要ないと言われました。

>本当なのでしょうか。上の前には通常どちらとも使わないのでしょうか。

前歯でも使ったほうがより理想的だと思います。
ただ現実、前歯にラバーダムを使っている先生は少ないと思います。




>ラバーダムを使われないことなどを聞いて、正直そこの歯医者さんを信用してよいのか、と悩んでおります。

1.普段、奥歯の治療の際にはラバーダムをちゃんと使われていて、ご経験の中から前歯にはラバーダムは必要無いと考えられているのか

2.普段からラバーダムもマイクロスコープもほとんど使っていないが、ホームページには使っているかのように書いているのか

どちらなのかによって、信用できるかどうかは大きく変わってくると思います。


あくまでも僕の個人的な意見ですが、1ならお任せする、2なら転院します。

もしくは、普段からラバーを使い慣れていて、患者さんの意見も汲んでくれる歯医者さんであれば、前歯にラバーダムをするデメリットは(特殊なケースを除いて)ほぼ無いと思いますので、

「自分はラバーダムとマイクロがある歯科医院を探してこの医院に来たんです!」

と事情を話してお願いをすれば、してくれるかもしれません。


それすらも頑なに拒む歯医者さんだった場合は、医学的に不適切ではない範囲内で患者さんの意思を尊重してくれないという点で、僕だったら転院するかもしれない・・・です。

この辺は患者さんのお願いの仕方もあると思いますし、歯医者さんのキャラクターもあると思いますので、微妙なところだと思いますが・・・。

(※強調しておきますが、あくまでも「僕の個人的な意見」です)



以上参考程度に、プリアさんにとって何が大切なことなのか、よく考えてみてくださいね。

ちょっと大変なことになってしまいましたが、当サイトをご覧になられたことがプリアさんにとって少しでもプラスになることを願っております。

助言 助言1
助言者: 月さん
助言日時:2008-07-10 15:45:43
突然すみません。

以前から、この掲示板を拝見させて頂いておりました月と申します。

約、一年前にもラバーでは激論になっていましたよね。

その時のスレッド読み返していたんですけど、なんだか、先生方のお考えが違ってきているようで、患者としましては、混乱いたしますね。


その時のラバーダム大激論の中に田尾先生が宮下先生のお名前を
あげていらっしゃいます。

その宮下先生が参加なさって、当時、同じ事を仰っていらした先生が・・・・こんなにかわってしまうのですね。

もう一度お時間のある時に読んでみてください。

ラバーダム大激論(ラバーダムは根管治療の成功率に影響を与える?)


失礼かと思いますが、見ている患者も理解できなくなっております。

余計な事かと思いますが、このような書き込みを致します事を、ご容赦くださいませ。
回答 回答12
  • 回答者
回答日時:2008-07-10 17:51:25
月さん、こんにちは。

初めまして・・・なのか、以前別のHNでご相談されているのかはあえて調べませんが、ご意見頂きありがとうございます。


当サイトには様々な先生が参加されていますし、また、勉強をしたり臨床をしていく中で考え方が変わるのは当然かと思います。

そういうこともあって、歯科相談ページの下部に、

・上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。

という注意書きを付け足しました。
それがたぶん、3〜4ヶ月くらい前だったと思います。


いろんな先生の率直な意見を見ることができることは有意義である一方、ご指摘の通り混乱を招く恐れもあるということは重々承知しています。

ただ、歯科治療には倫理的な面も含めて、

「1+1=2」

みたいに簡単ではないことが多くありますので、その点はご理解頂けますと幸いです。



一応、最終的な当サイトにおける目標は、トップページにある「超詳細解説」の内容を各分野の著名な先生、臨床家、研究者等で話し合って、患者さんに分かりやすく、かつ専門家にとっても大筋で納得のいく内容にするということです。

いつか、「日本の歯科についての分かりやすい教科書」にしたいと思っています。



例えば「根管治療の解説ページ」
http://www.ha-channel-88.com/musiba/root-treatment.html
は、当サイトの中でも特にアクセス数多いページのひとつで、このページだけで先月1ヶ月間で、

・ユニークアクセス:12.829人
 (同じ人を重複してカウントしない、純粋な人数)

の人が閲覧しています。


今日の段階で、キーワードごとの検索順位は、

・根管治療:Yahoo5位、Google1位
根幹治療:Yahoo2位、Google1位
・根 治療:Yahoo3位、Google1位
 根 治療:Yahoo2位、Google1位
・歯 神経 治療:Yahoo3位、Google2位

となっていますので、検索エンジンからのアクセスもそこそこ多いのですが、それでも検索エンジンからのアクセスは全体の12%程度で、当サイトの別ページから根管治療のページにたどり着いている人が大多数です。

根管治療関係の解説ページでは、間違いなく日本一閲覧されているページだと思いますし、他の治療法などの解説ページにもそういったページがいくつもあります。


それだけ多くの人の目に触れるサイト、ページですので、運営者の僕としても内容には相当気を付けてはいますが、内容の大部分は僕が学生時代にまとめた内容ですので、適切ではない部分も沢山あると思います。


ですので最終的には、

「各分野の著名な先生、臨床家、研究者等で話し合って、患者さんに分かりやすく、かつ専門家にとっても大筋で納得のいく内容」

にしたいと思っていますが、そのためにはこのサイトの認知度をもっともっと高めていって、積極的に協力してくださる先生が増えることが必要だと思っています。


今の歯チャンネルはまだ最終形ではなく、成長段階だと考えておりますが、多くの人の役に立つことができるようにどんどん成長させていきたいと思っておりますので、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

助言 助言2
助言者: 月さん
助言日時:2008-07-10 19:44:02
田尾先生、私もほぼ毎日こちらのサイトを拝見させて頂いてます。
とても患者にとっては有難いサイトだと感謝しています。

確かにGoogleなどで検索しますと、必ずこのサイトがヒットします。

>今の歯チャンネルはまだ最終形ではなく、成長段階だと考えておりますが、多くの人の役に立つことができるようにどんどん成長させていきたいと思っておりますので、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。



私も陰ながら応援させて頂きます。


突然の横レス本当に失礼致しました。

これからも、勉強させて頂きます。
相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: プリアさん
返信日時:2008-07-11 12:32:29
先生方、ご意見、アドバイス、どうも有難うございました。

ん... 結局は私がどこまで求めるかということですよね。

治療している(ここ1ケ月半ほど中断していますが...)前歯の根っこの違和感には、ここ2,3年ほど悩まされているので、今回の治療ではもうできるだけの事はやっておきたく、やはりラバー、マイクロ使用の歯医者さんに行こうかと思います。


あと別の件なのですが...

その根管治療している(中断していますが)前歯は、治療を始める前も差し歯だったのですが、歯茎との境目が黒くなっています。

中のの変色が原因らしいのですが、解決策としてその中の歯を漂白しては、と歯医者さんから言われました。

しかし、別の歯医者さんでは、神経のない歯を漂白すると歯がもろくなる、と言われました。

先生方、どうなのでしょうか。差し歯の中の神経のない歯の漂白はよくありませんか?

お忙しい中、大変恐縮ですが、どうかお返事をお願いいたします。
回答 回答13
  • 回答者
回答日時:2008-07-11 23:59:01
あらためましてこんにちは。

なんか大変でしたね…^^;


>やはりラバー、マイクロ使用の歯医者さんに行こうかと思います。

色々調べて考えた上での結論ですから、素晴らしい決断だと思いますよ。

ただし理想通り完璧な歯科医と言うのもまず存在しませんから、常に取捨選択?が必要になるでしょうね、歯科難民にならない様に、頑張って下さい^^



>あと別の件なのですが...

・・は新規のスレッドを立ち上げて頂けると助かります^^;

また同じことで悩まれてる方が探す時に分かりやすいですからね。



因みにその件についてはつい最近、Dr TSUBAKI先生(言いにくい・・^^;)がなるほどさすがご専門!・・という回答を書かれていましたよ。

(今探したのですが・・・見つけられません。。)

おそらく同様のご相談も過去にたくさんあるはずです。

探してみて下さいね。




タイトル [写真あり] 前歯の根管治療におけるマイクロスコープ、ラバーダムの必要性
質問者 プリアさん
地域 非公開
年齢 40歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ 根管治療の治療法
ラバーダム
その他(写真あり)
マイクロスコープ
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

歯磨きをしても虫歯になる原因 デンタルフロスは効果無し? 歯ブラシとデンタルフロスどっちが先? 歯科衛生士が就職前に絶対に知っておきたい

Total total
今日 今日
昨日 昨日