? 銀歯を付け替えることのできる、おおよその限度の回数はあるのでしょうか?

銀歯を付け替えることのできる、おおよその限度の回数はあるのでしょうか?

相談者: 花井さん (34歳:男性)
投稿日時:2008-09-09 05:15:43
よろしくお願いします。

インレーを詰めている左下6番のに、クラックがあるようなのでクラウンにする予定なのですが、早々にクラウンにすることで歯の寿命が縮まるのが気になり投稿いたしました。


クラウン(銀歯)の耐久年数は平均で7年ほどらしいですが、たとえば5年ごとに銀歯を交換していくとすれば、何回も銀歯を付け替えることになるのですが、そういう風にして歯を維持していくことは可能なのか気になります。


銀歯を交換する際に中身が虫歯になっていなくても、おそらく中身の本来の歯を削ることになるのでしょうが、たびたびクラウンを交換することになると、本来の土台の歯が小さくなりすぎるためにクラウンができなくなる回数というのはあるのでしょうか?おしえてください。



銀歯のクラウンに早々にしてしまうのも、もともとの歯をそのまま維持していくのも、歯の寿命においてはそれほどかわらないのでしょうか?
(クラックによる破折は別として)


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2008-09-09 07:42:06
おちゃのまさまおはようございます。

クラウンにすることでの寿命が縮まるのが気になっていらっしゃるようですね。


きちっと作ればクラウンにすることで寿命が縮まることは無いように思います、腕のいい歯医者さんにかかることが大切だと思います。

私は後はご自身の健康管理だと考えています、即ちむし歯二次カリエス)を作るほど間食をなさらないこと。

歯をきれいになるまで磨く技術を身に着けることだと思います。

お大事になさいませ。



むし歯の出来ない砂糖の量
http://www.yamadashika.jp/prevent05.html

お砂糖3本分クイズ 
http://www.yamadashika.jp/prevent09.html

毛先磨き 
http://www.yamadashika.jp/prevent08.html#kesaki

歯磨き講座 
http://www.gcdental.jp/hamigaki/index.html

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: 花井さん
返信日時:2008-09-09 09:52:34
おはようございます。
山田先生、回答有り難うございました。



>きちっと作ればクラウンにすることで寿命が縮まることは無いように思います

安心しました。
クラウンに踏み切るしきいが下がりました。

不潔域というのがあるらしいので、その領域の手入れが大変そうですね。

ただ、、間食はほんとに止めようと思ってもやめられずメタボから抜け出せません。
示してくださったリンク先をみてみます。



できるだけ元の自分のを傷つけたくないので、破折を予防する意味でハーフクラウンでもいけるのかなと思い写真をみたのですが、ほんとにハーフなので破折の予防の効果はどうやら素人目に見て薄そうですね。
 


有り難うございました。
回答 回答2
  • 回答者
回答日時:2008-09-09 10:12:27
そこまで心配されるのでしたら、
本当に素晴らしい先生の自費治療を受けれらる方が
7年程度で交換なんていう愚から脱却出来得ると思います。


平均値が7年ですか?
私の感想は短いと思います。

日本の保険システムに引っ張られた数値ではないか、
実際にはもう少し長い期間もつと思います。


被せ物の良し悪しもありますが、なぜそうなったのか?

この問題が解決できていないのであれば、
何度でも同じことになると思います。

回答 回答3
  • 回答者
回答日時:2008-09-09 11:01:16
お二人の先生と同じ意見です。

因みに7年と言う数字は、トラブルが出てきた人ばかりを集めての平均値だと思いますから、トラブルの出てない人たちは含まれてないと思いますよ。

逆に言うと、一生懸命丁寧に作ってもらって、一生懸命丁寧にお手入れすれば、一生持つ場合もあるし、雑にやれば数年でダメになることもある、ということだと思います。

でも「お手入れ次第で一生持ちますよ」と保証は出来ません。
真面目で現実的な先生の感覚で、10年〜20年あたりが実際のところではないでしょうか。



「どうせいつかはダメになるならお金かけないでおこう」

と感じるか

「ちょっとでも長持ちさせたいからお金をかけよう」

と感じるか、どちらも間違いじゃない気がします。



またお金さえかければ良い物が出来てくるとも限りませんし、患者さん自身のお手入れはもちろんのこと、判断力、患者力も重要でしょうね。



・・って話がそれてしまいましたが^^; 
私も適切で精度の良いクラウンなら、十分長持ちさせれると思いますよ。



早め早めで同じ物に交換しても何の意味もないですから、「早すぎず遅すぎない」時期を逃さないために、普段から定期的に通院することが肝要かと思います。

あまりを削りたくないお気持ちもよく理解できるのですが、半端にインレーとかの方が普通は持たないですし、ハーフクラウンは診断・技術的に難しい面もあるかと思いますよ。


とりあえず、担当の先生の勧められる方法が一番無難だと思います。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: 花井さん
返信日時:2008-09-09 12:41:49
佐藤先生、渡辺先生、ご回答ありがとうございました。


銀歯クラウンはちゃんと手入れすれば、7年よりもっと持つようですね。

銀歯のデメリットの項目を見ていると、「時間がたつと金属が錆びて溶け出し、歯茎の変色等」というのをみて、金属の錆びだからおおよそ一定の期間しか持たないと思っていました。


でもやはり自費はきついです。

長い目でみればゴールドのクラウンにしたほうがいいのでしょうが、なんかうまくフィットしなかったらコストがもったいないですし。

銀でうまくフィットしたら、それのコピーのゴールドがうまくできればいいのですが、そんなわけいかないでしょうし。


ハーフクラウンは技術的に難しいんですね。
虫歯の動画をみると、歯医者さんの技術も銀歯の寿命を大きく作用するみたいですね。



今日、クラウンを付けるためにをけずってきます。
入っていたであろうクラックがどの程度であったか聞いてきます。

神経に届いているのか?
何本あるのか?
それが原因なのか?



ありがとうございました。



タイトル 銀歯を付け替えることのできる、おおよその限度の回数はあるのでしょうか?
質問者 花井さん
地域 非公開
年齢 34歳
性別 男性
職業 非公開
カテゴリ 保険のクラウン(奥歯:銀歯)
クラウンの作り直し・再治療
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日