金属アレルギーがあるため、銀の詰物とクラウンを保険内でレジンにしたい

相談者: kirikoさん (20歳:女性)
投稿日時:2009-03-12 20:43:23
たくさんのご親切な返信ありがとうございます。

参考:前回のご相談
金属アレルギーですが、保険内で冠を交換する治療を希望しています


まだ、信頼できる優しい歯医者さんが見つかってないので困っています。

そこで、質問させてください。


左上6番に小さい3x4(ミリ 深さ?)銀の詰め物
それと左下5番クラウンとして銀歯を入れてる部分。
最後に右下6番のインレーとして銀を詰めてる部分。

この3箇所を保険内でレジンにすることは可能ですか?

もし変えたとして心配なのは、割れたりしないかどうかと、虫歯菌が入りこまないか、5.6番の奥歯にレジンは適しているか?


教えて欲しいのです。
どうか宜しくお願い致します。


後のはそのままにして、銀歯に変わるほど優れて、アレルギーさえも起こしにくい素材が出来るであろう将来にかけるつもりです。


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2009-03-12 22:28:41
こんばんは


保険治療の範囲では、インレーコンポジットレジンに置き換えることは可能です。
強度的な問題があり大きさによっては割れる可能性もあります。


クラウンは不可能です。
保険でジャケットクラウンと言うのがありますが、割れる可能性大です。

多くの先生が行わないでしょう。
私もしません。



銀歯に変わるほど優れて、アレルギーさえも起こしにくい素材が出来るであろう将来にかけるつもりです。

何年先になるかわかりません。
現在の治療法で最善な方法を選択されたほうがいいと思います。

回答 回答2
  • 回答者
回答日時:2009-03-13 09:00:52
桜田先生に同意です。

インレーレジンに変える事は可能ですが、クラウンをレジンに変える事はお勧めできません。


保険内で」と言う条件で「将来にかけるつもり」と言うのは‥。

ただでさえ「医療費抑制」で、年々保険給付は減額されているのですから、新素材が保険に導入される可能性は「ほとんどゼロ」です。

一部では「保険から補綴を外す」と言う意見も出ているくらいですからね。
現に補綴を保険で行っている国は日本だけです。


と、なると「保険外で」「新素材」を考える事になると思います。

すでにセラミックスハイブリッドセラミックスなどの優れた材料は市場に出回ってきており、安心して使えるレベルになってきました。


つまり、桜田先生におっしゃられているように「現在の治療法で最善な方法を選択されたほうがいい」と言う事になると思います。

回答 回答3
  • 回答者
回答日時:2009-03-13 11:55:54
レジンでの修復は基本は詰める程度の治療です。

それ以上の被せるとかには、まず使えません。

保険は財源がなくて厳しくなって行く一方です。

大変申し訳ない言い方になると思いますが、これが解消するのは、団塊の世代の方々がかなり天国へ行かれる何十年後かでしょう。

将来に賭けると言ってもそんなに待てないでしょうから、今治療をお受けに成るべきでしょう。




タイトル 金属アレルギーがあるため、銀の詰物とクラウンを保険内でレジンにしたい
質問者 kirikoさん
地域 非公開
年齢 20歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ レジン(白いプラスチック)
歯科金属アレルギー
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

歯磨きをしても虫歯になる原因 デンタルフロスは効果無し? 歯ブラシとデンタルフロスどっちが先? 歯科衛生士が就職前に絶対に知っておきたい

Total total
今日 今日
昨日 昨日