アトピーの最後の手段として銀歯のメタルフリーは治療価値がありますか

相談者: junjunさん (37歳:女性)
投稿日時:2009-10-10 10:20:58
こんにちは。いつもありがとうございます。

以前相談させていただいた者です。

参考:過去のご相談
金属アレルギーを考慮してのクラウンとコアの選択について

長年アトピーで皮膚科で詳しく金属アレルギー検査をしたところ、『塩化マンガンと塩化亜鉛の2つが陽性』で、あとは陰性でした。


●塩化マンガンと塩化亜鉛にアレルギーがある場合、銀歯を全部セラミックなどに変える価値、意味は少しでもありますでしょうか?

●この2つは、歯科治療の中でどのように使われていますか?
(銀歯にも少し含まれていますか?セメントにも?他にもありますでしょうか?)


昔、矯正のためを上下左右それぞれ1本ずつ抜いたので、人より4本少ない状態です。

親知らずも全部抜いてしまってありません。
なので銀歯は全部で10本。

左上5と6番、右上6番。(神経がないため、根管治療中)、右下5番がの計4本がオールセラミッククラウンになる予定です。

残り4本がハイブリットインレー

残り2本が保険レジンの予定です。



●セラミックの種類(メーカー)はエンプレスなどいろいろあると聞いたのですが、一番良いのはどの種類でしょうか?

また審美歯科でなく、一般の歯科で使われるのは、エンプレスが殆どでしょうか?

ハイブリットインレーの場合も一般の歯科で使われるのは、殆どがエンプレスとレジンを混ぜたものでしょうか?


●1本だけ1年前に神経を抜き、保険でオールセラミッククラウンにした歯があります。
右上4番です。

中に金属が使われてるだろうという事で、(レントゲン等で金属が使われている事はわかるのでしょうか?)こちらも再治療した場合、今被せてあるセラミックを再利用する事は可能でしょうか?

再治療の際のデメリットはありますか?

またやり変えは、難しい治療になりますでしょうか?



●治療は、審美歯科もやっている歯科か、今通院中の一般の歯科かで迷っています。

ご意見よろしくお願いします。


大掛かりで、費用もかかるので、いろいろな先生方の意見を多く聞きたいと思っていますので、どうぞよろしくお願いします。


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2009-10-10 10:58:00
こんにちは。
アトピーの治療のためにアレルギー検査をされたんですね。

アレルギーに関して、つい最近回答したものがあるので、参考にしてみてください。

参考:既に金属冠がありますが、差し歯をすることでアレルギーが起こる可能性は?

>『塩化マンガンと塩化亜鉛の2つが陽性』で、あとは陰性でした。

不思議なことに、マンガン乾電池に使われる材料が揃いましたね。
歯科材料に関しては、詳しい先生の回答をお待ち下さい。


歯科材料に原因を求められているように感じるのですが、アトピー発症の時期と、歯科治療で金属などを入れた時期はどちらが早いでしょうか?

もちろん、心配ならメタルフリーにされても良いと思います。
キレイになりますからね!!
(メタルフリーにしたからといって、アトピーが治るわけではないと思います)


保険オールセラミッククラウンにしたがあります。

これはないでしょう。
硬質レジンジャケットクラウンの間違いではないですか?


>治療は、審美歯科もやっている歯科か、今通院中の一般の歯科か

どちらにせよ「よく相談に乗ってくれる医院」が良いと思います。

細切れの回答ですが、必要なら改めて補足させてもらいます。
(ごめんなさい、カウンセリングの時間が来ちゃったので・・・)

回答 回答2
  • 回答者
回答日時:2009-10-11 12:40:01
こんにちは。

全ての金属のテストを行ったわけではないので、どれかに限局して治療するという方法はあまり行われません。

金属アレルギーの原因に歯科用合金が疑われる場合には、どこか疑わしい部分のみという治療は意味が薄く、全ての金属を除去を行います。


再治療をするという事は、厳密に言えば健康な歯質をわずかですが新たに削除する事になるわけです。

その事によるメリットはそれを越えるものであると考えられるからというわけですし、きちんとした精密な治療を施せれば然程はご心配される事はないでしょう。



当たり前ですが雑な治療を行えば、銀歯であろうとハイブリッドであろうと予後は見込めません。
ただ材質的に金属と違いセラミックやハイブリッドは硬い故に脆いという性質を持っております。

ということは欠けてしまったりというトラブルは可能性としてはありますが、先にも述べたように精密な治療が行われた場合には、その可能性もどんどん少なくなってゆくわけです。



セラミックの種類についてですが、セラミックでもハイブリッドレジンでもそれらは適材適所であり、どの製品が特に優れているという表現は出来ません。

とても頑丈な素材であっても、その頑丈さがネックになる部分であれば選択肢にはならないわけですから、その判断は歯科医師に委ねるべきと思います。


エンプレスオールセラミックの商品名です。
ハイブリッドレジンとは違うものです。

またオールセラミックもエンプレスだけではなく相当数の商品があります。
レジンも同じです。


中に金属が使用されているセラミッククラウンメタルボンド)もございますが、これは最初に書いた通り除去する対象になります。



もうひとつ。

アレルギーの治療は時間がかかります。
お口の中の金属を全て除去してかぶせ物詰め物が完了しても、実際に皮膚症状その他が消失するまでには早くても数ヶ月から1年くらい。

実際には1〜2年くらいかかるほうが一般的です。



今までが長い期間おつらかったとは思いますが、まだもう少し先は長くなります。

なのでその治療中には、一時的に症状がまだ進む事もあり得ますので、気持ちの上でくじけそうになる事もあるでしょう。

今回の歯科での処置のみに限らず、まだ様々な治療があるのかも知れませんが、頑張って治療に臨んでいただきたいと思います。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: junjunさん
返信日時:2009-10-12 09:12:53
先生方へ

こんにちは。
お返事誠にありがとうございます。

もし金属で除去するなら先生のおっしゃるとおり、全部除去しようと思います。

また田中先生の再治療の際のご意見も、詳しい回答で、大変参考になりました。

悩んでた事がわかってうれしかったです。
歯科治療は奥深いなって思いました。
ありがとうございました。


銀歯アトピーの関係性は分からないのですが、かかりつけの皮膚科に相談したところ、試す価値はあるとの事でした。

アトピーに関しては、長年考えられる治療や原因などしてきたので、歯科治療が最後の手段で考えています。

もちろん良くなる保障もないのですが、少しでも可能性があるなら試してみたいと思いました。



また2年前口紅をつけたら荒れて、それをきっかけにずっと上唇の皮膚との境目がヒリヒリしてステロイドをつけても、何をしても治らず、皮膚科でもお手上げです。

だんだんと銀歯が増えてきた時期でもあります。

メイクも2年間できず、食べるものも制限されヒリヒリ辛いので、皮膚科と相談してダメもとで歯科治療に踏みきろうかと考えています。


右上4番は、保険治療なので硬質レジンジャケットクラウンだと思います。


またレジンアレルギー検査もするべきかどうかで悩んでいます。
詳しくはまた新しく質問させて頂くかも知れませんので、その際はご意見どうぞ宜しくお願いします。


アレルギー関係は期間を要する長い治療ですが、田中先生のおっっしゃるように、明るく前向きに取り組んでいきたいです。
このたびはありがとうございました。



タイトル アトピーの最後の手段として銀歯のメタルフリーは治療価値がありますか
質問者 junjunさん
地域 非公開
年齢 37歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ ハイブリッドセラミックインレー
保険のクラウン(奥歯:銀歯)
ハイブリッドセラミッククラウン
オールセラミック(陶器の被せ物)
アレルギーその他
アトピー
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日