[写真あり] インプラント上部構造を入れられない悩みのその後(フランス)

相談者: kimikoさん (47歳:女性)
投稿日時:2010-07-15 22:29:39
こんにちは、
前回の質問で、ご意見を頂き有り難うございました。

→参考:前歯の根管治療後の痛みが続き、奥歯のインプラント上部装着ができない(フランス)


フランスで他にも不安でお困りの方達もいらっしゃると思いますのでこの治療が終わるまで経過をお知らせする事に致します。

お陰さまでぎりぎりでしたがお二人の根管治療の専門医にセカンドオピニオンをして、歯科医も変わる事になりました。
(2つ画像送付/番号は私がつけました。パノラマと切断写真はCDで頂きましたがMAC では開きませんでしたので送付無し。)

根管治療のドクターはマイクロスコープ ラバーダム アドレナリンの少ない麻酔がある事と、医院がすっきりとていた事(清潔)治療器具が新しく清潔、説明が単純明快であった事、医院で働く人達が機敏で感じがよい(フランスでは点数が高いです)等で決めました。

新しい歯科医院も同様です。
この歯医者さんと根管治療のドクターは連携して仕事をしているとの事です。

今後の治療方針として歯科医にパノラマと切断写真で説明を受けた所、炎症は 13、12、11?、21にあることがわかり、4本の再根管治療根管充填材ガッタパーチャ(太い根管以外の回りにある小さい管にも確実に充填できるのだそう)前回は何を使っていたのか分かりませんが途中で切れていたり先まで入っていない所からもう少し堅い素材であったのかもしれません。

13、12、11、21は炎症があるので根管治療後に歯茎を開いて歯の根の部分の感染した所の歯肉を取ってしまう手術をするという事でした。
歯肉を削って削った部分に、たしかコラーゲン?を充填するという事になりました。
(この手術は歯科医のドクターが行います)

11については根管治療のドクターの判断と中を見た時の状況になるのですが私の歯根の厚みがない為インプラントにするよりは出来るだけ抜歯しない方法にしましょうという事になりました。

21は歯根端切除術
23はこのままで良い

13は根管治療のドクターによるとこのオーバー根充は炎症が無い場合は問題ではないとの事(今回は炎症あり)


後悔しても仕方ない事なのですが、4本のセラミックブリッジを変える為にはじめた事が2本の正常な歯を無くし、根管感染で手術に 至るまでになった事、何より痛みや費やした時間が全て水の泡になった事はとても残念でなりません。

根管治療後の激痛の1週間や薬のアレルギーの1週間、レーザー治療の腫れ等/今となればあの激痛は炎症を起こし始めた痛みだったと思います。
そして21のフィステルに対処したレーザー治療は根管内が感染しているのであまり効果が無かった様です。

これを初めに読んでいたなら。。。
根管治療・根幹治療(歯の神経・根の治療)【虫歯】


痛みのあるままセラミックを被せるようでしたので、やはり根管治療の専門医2名にサイドオピニオンを求め写真と結果を持って歯科医に相談しました所、幸いにも治療費を全額返済してくれました。

担当医は誠意をもって治療にあたってくれていた事は十分感じていましたが、痛みや違和感を訴えていたのに見極める時期を怠った結果となり残念に思っています。

また、技工士さんのほうもなかなか仕上がらず仮歯2回 セラミックも3回やり直しても装着の際にがたつきがありその為3度も技工士さんの所へいきました。
(技工士さんによれば型をとってから装着までが長いので歯肉が動いたせいという意見もありましたが。。。)


そして気になる費用ですが、今回は悪い状況からのスタートとなるので最終的にかかるお値段は保険適用外が多いせいか、初めの歯科医の請求金額(保険内)と比べて自費が3、7倍近くかかる事になりました。
保険外根管治療は1本 67,000-78,000円で保険の払い戻し230円!!
共済保険(mutuelle)×400%から8600円の返済、その上にセラミックの歯と手術治療費となります。
これはお財布もかなり痛い。 


今までは、何も言わず先生を信じて”まな板の鯉”状態でしたが、こういう事を経験し患者の方も知識をつけなければ駄目なんだと思いました。
人それぞれに得意、不得意がありますし技術を極めるまでには予想外の事も起こるでしょう。
そういうことも患者側は理解しないとならないですね。
そして私に知識があればここまで待っていなかったと思います。
今回はお互いに苦い水を飲みましたが、この経験は今後の歯医者さん選びに活かされる事になります。
何より歯の構造や治療の種類等、保険内治療と保険外の治療で出来る事など今回とても勉強し知識をつける事が出来ました。


私のこの経験が困ってる方の助けになればと思います。
また経過を連絡致しますね。先生方の助言に感謝致します。

有り難うございました。

画像1画像1 画像2画像2


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2010-07-16 09:08:05
ご報告ありがとうございます。

海外での歯科治療、大変だと思います。


このサイトをご覧になられる方にも参考になる事と思います。

頑張って治療を完了させてください。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: kimikoさん
返信日時:2010-07-17 04:26:00
タイヨウ 先生

励ましのお言葉有り難うございます。

今日、根管治療を済ませました。
5本を全部やり直したのですが、インレーを少しずつ削っていくのでとても時間がかかります。
3本はなかなか取れず何かを入れて押したり引いたり梃子の様なネジを回したりで抜歯時の様な感覚があり、ああ、抜かれたのかな。。と思っていましたがそれは気のせいでした。
治療は4時間もかかり考えていたより大変な治療でした。

不幸中の幸いは30年前に日本で治療した11番(大きなトノー)の歯根は、マイクロスコープで見ても穴もひびも無くて残す事が出来ました。
もちろん歯根管内の治療の際はをラバーダムを使って治療して頂きました。

最後に歯根の先まで充填された画像を見せてもらい、これで綺麗になりましたので早めに歯科医で治療を勧めて下さいと言われ、私の治療結果はEメールで歯科医の先生に伝達されるそうです。

これを書いてる間も痛み止めは飲みました鈍痛がしています。
あれだけの治療だったので歯茎にもかなりの負担がかかっているのでしょう。
(もちろんですが現状は13番の上/小鼻の横を押すと以前の痛みがあります)

この次の歯茎を開いて歯の根の部分の感染した所の歯肉を取ってしまう手術なのですが本当に必要なのか? 
中が綺麗になったので炎症は自然には引かないのか? 
なるべくなら手術はしたくないのですが。。
(ビデオをみたのでちょっと怖いです)

この件については、担当医にもう一度質問してみようと思っています。



タイトル [写真あり] インプラント上部構造を入れられない悩みのその後(フランス)
質問者 kimikoさん
地域 非公開
年齢 47歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ 根管治療その他
インプラントその他
フランス
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日