咬合調整で低くなりすぎ不調。出産を控え、今後の咬合治療に悩む

相談者: いなえさん (35歳:女性)
投稿日時:2010-09-02 12:28:02
参考:この他の相談
「ソフトスプリントが合わず噛み合せが低い(出産間近です)」


近所の歯科クリニックで治療していましたが、左下6(大きめのレジン詰め物がしてあります)の詰め物部分と天然歯を繰り返し磨いたり、左の上下7のレジンを調整したり、削ったり、左上6の金属と天然歯部分を削ったりしているうちに噛み合わせが低くなり、噛みにくく、舌に傷がつきやすくなってしまいました。

これ以上その医院での治療することは技術的に難しいとのことで数日前に治療中断が急に決まり、非常につらいところで止まっています。
特に左奥歯6番7番がうまく噛めず違和感がすごいです。
顎、前歯、右の歯にも今までより負担を感じます。

有名な矯正専門医、もしくは大学病院の受診を勧められました。
どちらも少し遠方です。

10月に出産を控え、育児のことも考えるとしばらくは遠方まで通える状態ではありません。
矯正について自分でも調べてみましたが、普通の歯科でもかなりストレスを感じていたのに耐えられるのか、そして、体もそう丈夫ではないので、たとえ育児がなかったとしても、長期に渡ってとか健康なまま通い続ける自信もありません。
歯列にはそれほど困ってはいません。

希望としては、矯正の力はなるべく使いたくないこと、噛み合わせが全体的に低いので削る治療もできるだけ避けたいです。

この場合、補綴の治療になるのでしょうか?
大学病院でないと治療は難しいですか?

また、繰り返し磨いた左下6の舌側の側面は薄くなり、もう少し磨いたらレジンが見えてしまいそうです。
今度詰め物を外したら折れてしまうのではないかと心配になります。
そのような心配はしなくて大丈夫でしょうか?

治療中に不具合があったときのことも考えると近くでいつでも同じ先生に診てもらえるような環境が安心なのですが。
大学病院に行ってみて、近くのクリニックを紹介してもらうことは可能なのでしょうか?

また、東京近郊で咬合治療の得意な歯科大学病院(経過観察で終わるのではなくできれば積極的に治療してくれるところ)もしくはクリニックを教えていただければ嬉しいです。


回答 回答1
  • 回答者
細見歯科医院の細見です。
回答日時:2010-09-02 13:02:24
御話を伺っている限り、矯正よりも咬合治療がメインになると思います。
通っていた近所の歯科クリニックで大学病院等を紹介して貰うわけにはいかないでしょうか?
処置をしていた先生の方が、経過などを解っているので都合が良いと思います。

御参考になったでしょうか。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: いなえさん
返信日時:2010-09-02 13:15:19
ありがとうございます。
矯正専門の有名な先生と、大学病院の新患担当医あての紹介状はもらいました。

ただ、どちらもだいぶ遠方です。

大学病院の方はそこの院長の出身大学のようですが、説明なく大胆に削る先生なので、そのような風習のある大学だったらと思うと怖いのです。
回答 回答2
  • 回答者
回答日時:2010-09-02 14:19:29
いなえさん、こんにちは。


紹介された大学病院が遠いなら、それにこだわらず、一番通いやすい歯学部の大学病院を受診されてはいかがですか。


また、医学部の大学病院で対応できるところも有るかと思いますので、歯学部に大学病院が通いやすい範囲になければ、医学部の大学病院でもいいかもしれません。

回答 回答3
  • 回答者
回答日時:2010-09-02 15:43:53
>(経過観察で終わるのではなくできれば積極的な治療をしてくれるところ)

お気持ちが分からない訳ではありませんが、経過観察によって(生体が)どう反応しようとしているのかを確認することはとても重要であると思われます。

決して放置しているのではありません。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: いなえさん
返信日時:2010-09-02 16:14:51
>小牧令二さま

ご回答ありがとうございます。
やはり大学病院のほうが良さそうなのですね。

一番近い大学病院にも問い合わせてみましたが、それでもそれなりの距離があるので、通えるかどうか心配してくださっていました。

実際、身重で1人で電車に乗る自信もないですし、産後も赤ちゃんを見てくれる人がいないので、近くで隠れた名医が見つかれば、という思いが捨てきれません。

大学病院で土曜日に勤務している先生は比較的お若く感じますが、そのような先生だとしても、経験豊富な開業医にお願いするよりも確実なのでしょうか?




>藤森隆史さま

ご回答ありがとうございます。
経過観察後治療をしていただけるのなら良いのですが、何年も通っても結局何も手をつけなかったという話を聞いたもので。
実際、何年も経過を見るというのは良くあることなのでしょうか?

 
回答 回答4
  • 回答者
回答日時:2010-09-02 16:48:40
>実際、何年も経過を見るというのは良くあることなのでしょうか?

少しずつでも改善傾向が認められる場合は、静かに見守っていくことも大切な選択肢の一つだと思います。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: いなえさん
返信日時:2010-09-02 20:27:23
>藤森 隆史さま
ありがとうございます。
私の場合、削ってしまったのでどうなるかわかりませんが、見守っているだけで改善していければそれに越したことはないですね。
回答 回答5
  • 回答者
回答日時:2010-09-03 10:59:52
言葉足らずで申し訳ありません。

削った歯が、再び適切な位置まで伸びてくる可能性はあります。
このとき、逆に伸びて欲しくない歯を監視しておく必要があります。

ですから決して放置している訳ではありません。




タイトル 咬合調整で低くなりすぎ不調。出産を控え、今後の咬合治療に悩む
質問者 いなえさん
地域 非公開
年齢 35歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ 噛み合わせ(咬合)治療
噛み合わせに関するトラブル
妊娠中の歯科治療
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

歯磨きをしても虫歯になる原因 デンタルフロスは効果無し? 歯ブラシとデンタルフロスどっちが先? 歯科衛生士が就職前に絶対に知っておきたい

Total total
今日 今日
昨日 昨日