総入れ歯が合わずインプラントに。間違いの無い歯科医選びは?

相談者: 村田道雄さん (69歳:男性)
投稿日時:2011-04-25 23:13:11
こんばんは、はじめまして、

私は昨年2月ごろ近くの長年通院している歯医者で、上あごの総入れ歯しましたが合わず、あちらこちら入れ歯の達人探してここなら大丈夫と思い自費で作りましたが上顎が噛むと痛くて通院してますが嫌な顔もせず、一生懸命調整はしてくれているのですが、なにぶん上顎の異物感が我慢できず、食欲がなく7kぐらいやせて精神的にもおかしくなりそうです。

そこでインプラントをしょうと思いますが、今かかりつけの歯医者に相談したら2医院紹介していただき相談に行きましたが、両方とも歯科用のCTがなく公立病院で25,000円ぐらいでCTを撮ってきてくださいとのこと、3Dの画像を他病院で撮影して、それで正確なインプラント手術が出来るのでしょうか、その一医はホームページ見たら日本インプラント協会にも入っていないようです。


どうか、間違いの無いインプラントしていただく医者選びはどうしたらいいのでしょうか?

どうか、適切なアドバイスお願いします。
迷える大羊より


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2011-04-25 23:38:17
こんばんは。

CTを持っている自分が言うのもなんですが、インプラント目的だったら自院にCTはなくてもダメではない様な気もします。
(あればあったで、非常に有用なのは間違いないですが・・)

インプラントは「したい歯科医院」も少なくない様で、ホームページなど見てもいいことばかり書いてあって、はっきり言ってよく分かりません。

こちらが参考になるかも知れませんね。

参考⇒インプラントをする際の歯科医選び



CTとか肩書きは参考までとして、先生の人柄を基準にして見極められる方が安全かな、と思いますよ。

相性の合う、良い先生がみつかるといいですね。
お大事にどうぞ。

回答 回答2
  • 回答者
回答日時:2011-04-26 05:59:56
村田道雄さまおはようございます。

上顎総義歯を作ったにもかかわらず合わなくて困っていらっしゃるのですね。

診察したわけではないので断定は致しかねますが、インプラントで総義歯を安定させるのはやめておかれたほうがいいように思います。

総義歯が安定しないのは咬んだ時に咬合力義歯を転覆させる力として働いているからです。

つまり右で咬めば左が落ちてくる、左で咬めば右が落ちてくるという状態だと思います。


したがってそれをインプラントで止めた所で転覆する力がインプラントにかかるだけです、決して義歯を安定させる力に変わるわけではありません。

咬合力が義歯を安定させる力として働くような咬合様式を義歯に与えることが出来れば、物を咬めば義歯に安定力が働くので義歯はびくともしなくなります、このような義歯を作ればインプラントなど必要ではありません。


実際にそのような咬合様式を作れるかどうかは調べてみる必要がありますが、個人的にはインプラントをせずに総義歯を作ることが出来ればインプラントを入れたことにまつわる問題を抱え込まなくても済むと思います。


参考になれば幸いです。

回答 回答3
  • 回答者
当サイト登録医としてふさわしくないと判断したため、ご退会頂きました。(不正請求による保険医登録取り消し、H26.12.10)
回答日時:2011-04-26 09:13:45
>どうか、間違いの無いインプラントしていただく医者選びはどうしたらいいのでしょうか?

設備面でも重要となりますが、充分な技術をもっている先生もみえます。
また、学会は必ず入っていなくてはいけないと言う訳ではなくあくまで情報交換の場であったりします。


いろいろな先生に現在の状況をお話しになって村田様に合う治療計画や症例等で、納得できる医院を先生を探されるのがよいと思います。

回答 回答4
  • 回答者
回答日時:2011-04-26 09:18:39
CTは自院にあった方がいいに越したことはないですが、なくても正確な診断はできるでしょう。

術後確実に処置が出来ているか??
をチェックするには、自院にあったほうがいいですけれど。


病院に関しては、歯医者から紹介されているのであれば、基本的に間違いのない歯医者だと思いますよ。

回答 回答5
  • 回答者
回答日時:2011-04-26 09:20:00
村田道雄 さん、こんにちは。

入れ歯も合わず、インプラントも医院選びが難しくご心配ですね!


まず、CTがあるかないか、学会などに属しているかどうかでインプラント治療に信頼が置けるかどうかは分かりません。

CTがあれば他の病院に行って撮影する負担が少なくてすみますし、術前術後の撮影も任意で行えるメリットはありますが、他の病院でのデータからもきちんとした診断は可能です。

それこそ術前にCTを撮らずに手術をされる医院に比べるとよっぽどマシです。


僕も医院にCTを思い切って導入する前には、近くの病院に術前のCTの依頼を出して患者様に行ってもらってましたが、特に問題はなかったですよ。



また、学会や認定医などの肩書きも、治療の質を保証するものではありませんが、それなりに時間や費用をかけてそういったものを取得されてはいますので、一つの目安いうか参考程度にお考えになられた方がいいかと思います。



特に上顎のインプラント治療は、骨が少ない場合や上顎洞などの解剖的な問題が多く、治療として難易度が高い場合がありますので、そういった部分の経験などもよくお尋ねになられて、信頼できる先生・医院を選ばれることをお勧めいたします。

インプラント治療後も長期的なケアなどでのフォローも大切になってまいりますので、長いお付き合いをお考えになり、いくつかの医院でご相談してみてはいかがでしょうか。



また、これはあくまでも個人的な意見ですが、きちんとした総入れ歯を作れない先生は、総インプラントでの機能回復は出来ないのではないかと思います。


インプラント治療に限らずですが、信頼できる先生での安心できる治療がベストかと思います。


早く、上顎の問題も落ち着かれて、美味しく食事ができるといいですね(^^)

参考になれば幸いです。

回答 回答6
  • 回答者
回答日時:2011-04-26 10:00:35
CTを2005年から使っております。
たしかに、歯科用のCTがあったほうが現在の骨の状態、骨の内部の神経 血管の場所の特定などに有効です。

ただ、どれだけの数の撮影を行っているのか? が非常に重要です。


最近CTを導入した医院の場合は、”撮れた撮れた!”と喜んでいるに過ぎず、実際に写っている物を把握出来ていなかったりします。

なので、病院などで撮影したほうがちゃんと撮影できることもあり、それは一利あります。



また歯科用のCTは病院のCTに比べると寸法精度に問題がありますので、その点もちょっと悩むところです。



肩書きはないよりはあったほうがマシかなと思いますが、人柄が重要です。
訴訟になる場合、殆どがそのポイントです。

回答 回答7
  • 回答者
回答日時:2011-04-26 10:40:57
上顎の総義歯が上手く行かない、と言う事は患者さんご自身の上顎の形態、上下の噛み合わせ等に問題が有る場合が殆どです。

そこを根本的に解決しないで、義歯名人を探されてもなかなか解決はされないでしょう。


今までの先生は、上顎の骨や歯茎の状態とか、下の歯との噛み合わせを改善する、と言う話は出なかったのでしょうか?

もし出ていなかったとすると総義歯治療に置ける入口で間違えていますので、そう言った説明をちゃんとして下さる先生を探されるのも問題の解決方法ではないでしょうか?



安易にインプラントにと考えられるのには、私は賛成できません。

と言うのも、上顎の総義歯をインプラントに置き換える治療は非常に難しく、歯科医を選ぶからです。

紹介された先の先生方の力量は分りませんが、今時歯科用CTも置いていないのは、と確かに思います。

それ位、今歯科用CTは普及し始めていますので。



個人的な意見ですが、上顎の総義歯のインプラント治療を考える時には、インプラント、総義歯両方に精通している先生を選ばれないと非常に難しいだろうと考えています。

まずは安定する上顎の総義歯を経験された後で、4本以上のインプラントで支える上顎の口蓋部のない義歯にするのか、それとも総インプラントで固定式の歯にするのか決断されては如何でしょうか?


お大事に。

回答 回答8
  • 回答者
回答日時:2011-04-26 13:28:16
こんにちは。

私もCTの設備は無いので、他の施設で撮影していただき利用しております。

なのでやはりあった方が何かといいとは考えていますが、なにぶんにも設置する場所も無いためと、依頼してそのデータを利用するという方法に今のところ不便を感じませんので、その医院に無いという事が選択肢から外れるとは思えません。



それよりも何よりも、、、松元先生がお書きになられているところの、

>個人的な意見ですが、上顎の総義歯インプラント治療を考える時には、インプラント、総義歯両方に精通している先生を選ばれないと非常に難しいだろうと考えています。

これが一番最重要な点であると考えます。


総義歯を支えるためのインプラントも、幾通りもの方法があります。

ただいずれの場合も、インプラントは総義歯が外れないようにするための装置であるという使い方がほとんどで、食べる時の咬合力を支えるのはあくまでも総義歯の方なので、こちらがきちんとした精度できちんとした調整が出来なければうまくはゆきません。


特に上顎の総義歯は、上手く作ればそう簡単には転覆し難いものです。

なので、義歯が動いてしまって異物感があるのか。
あるいは、義歯そのものの形がお口のサイズに微妙に合わず異物感があるのか。
これによって対処方法は全く変わります。



故に、今現在まだ合っていない入れ歯を安定させるためだけにインプラントを選択するのは少し待って、義歯だけでまず出来ることがないかどうかを模索してからでも遅くはないように感じます。


間違わないでいただきたいのは、インプラントで総義歯を支える事に反対しているわけではありません。

私自身もそのようなケースを幾例も手がけています。

拝見させていただいているわけではないので断言は出来かねますが、お話の感じから想像すると、まだ義歯の治療に出来る事が残っているように思うのです。

回答 回答9
  • 回答者
回答日時:2011-04-26 15:10:02
経験上のお話ですが、

「世界最高」とか
「自分の方法が一番」とか
「私は手術が上手い」とか

いう歯科医師に限って、「?」と思うときがあります。
特にインプラントの世界において。


客観的に、そしてリスクも含めて話が出来て、それでいて好感の持てる主治医をお探しになるべきだと思います。


HP等も含めて、“ギラギラしている”歯科医師や歯科医院は避けたほうが無難かと・・・

あくまで私個人からのアドヴァイスです。

回答 回答10
  • 回答者
回答日時:2011-04-26 15:17:37
こんにちは。
作られた入れ歯でお悩みとのこと、お辛いですね。


前出の先生方が書いていらっしゃる通り、義歯での対応の範疇も残るようには思われます。

数本のインプラントで、義歯を支え、上顎の部分を小さくする設計が一番しっくり来られるのではないでしょうか?
全て固定の歯にすると口元が貧弱になることもございます。


私もCTを持っておりますが、インプラントをうちではやっています!という以上はCTは持つべき時代になっているのではないかと感じております。

学会加入はどちらでもよいと思いますが、その先生の症例などを見せて頂きながら、相談してみるのが良いと思います。


インプラントはきちんと行えば本当に良いものですが、安易に行うべきものではないと思います。

良い先生と出会われてください。




タイトル 総入れ歯が合わずインプラントに。間違いの無い歯科医選びは?
質問者 村田道雄さん
地域 滋賀
年齢 69歳
性別 男性
職業 会社役員
カテゴリ インプラント治療法
インプラントその他
総入れ歯のトラブル
CT
歯医者さんの探し方・見つけ方
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日