左上4番の神経が死に抜歯を薦められ躊躇している (イギリス)

相談者: ビークさん (42歳:女性)
投稿日時:2011-09-05 10:07:01
はじめまして。

ここ数ヶ月間、左上4番周辺の歯茎がぽっこと小さく腫れたり歯を磨く際違和感がを感じたり、歯ブラシに血が付いていたりすることがありました。

大した痛みが伴うことがなくその歯茎の腫れや違和感もおさまっていたので様子を見ていました。
(左側の小鼻の脇をを押すと左上4番の根が押されている違和感あり)


先月チェックアップの為 登録している国民保険(National Health Service)適用の歯科院で担当医に相談をしました。

レントゲンと触診/視診の結果、(私の英語で分かる限りでは)問題の左上4番の歯根周辺の歯茎は感染インフェクション)しており神経も死んでいる。
抗生物質の投薬はしても仕方がない。
その歯自体すでにグラグラしている。

治療方法は
1.マイクロスコピック根管治療
  マイクロスコピック根管治療は保険外の為かなり高額らしい。
2.抜歯する。
  その後そのままにしておくか、インプラントブリッジ部分入れ歯をする。



根管治療は高額なのに完治するとはいえないと人から(イギリス)聞いたことがあり、とりあえずは抜歯をする予約を今週してきましたが..今でもとても躊躇しています。

在英日本人の友人の一人に相談したところ 彼女も以前、上5番の歯が割れ 近所のNHS歯科医で抜歯をし その後の治療方針の話もないが当の本人も全く不自由はしていないと聞き、励まされたような..そうでないような...

一旦帰国し日本での治療も考えていますが、その場合は保険外の治療になると思いますので、必要費用や治療日数なども考慮しないとなりません。
(里帰りを兼ねて..という手もありますが..)

その場合どの程度急いで治療する必要があると思いますか?


レントゲンは手元にないので見て頂く事が出来ないので..アドバイスは簡単ではないと思いますが どう思いますか?
お急ぎで出来る限りで構いませんのでよろしくお願いします。


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2011-09-05 10:56:52
こんにちは、海外だと色々不安になってしまいますね・・・

結論から言いますね。
私ならまず根管治療をお勧めします。


ちょうど同じようなケースです。

http://eedental.fine.to/eeblog/2011/05/-necrosispulp.html


>根管治療は高額なのに完治するとはいえないと人から(イギリス)聞いたことがあり、

実際診てみないと分りませんが、過去一度も根管治療がしていなければ「ネクローシス・パルプ」だと思います。
成功率は100%ではありませんが、この状態は比較的成功率が高い状態なので残る見こみは十分あるかと思います。
(ある文献では80%ともあります)

ただ実際やってみないと分りませんけどね^^;




>その場合どの程度急いで治療する必要があると思いますか?

痛みがなければ、1〜2週を争う必要はありませんが、可能であれば早目に着手された方がいいでしょう。



>彼女も以前、上5番の歯が割れ 近所のNHS歯科医抜歯をし 

垂直に割れた歯の多くは抜歯適応になってしまいますので、友人の歯の状況と今のご自身の歯の状況は違いますよ。


また、
>その後の治療方針の話もないが当の本人も全く不自由はしていないと聞き、励まされたような..

そちらの国のNHSと日本の保険治療は。。。
かなり差があります。


日本の保険治療の方が網羅されている範囲も大きいですし、質も高く、しかも安く親切です。

海外の保険とは本当に最低限の範囲のことしか行わない・行えないものもあります。

日本の保険制度は世界的にも類をみないぐらい優れた制度ですから、同じ制度とは考えない方がいいですよ^^

海外に出た方しか日本の保険制度の素晴らしさと言うのは理解できませんけど。。。




>一旦帰国し日本での治療も考えていますが、その場合は保険外の治療になると思いますので、必要費用や治療日数なども考慮しないとなりません。
>(里帰りを兼ねて..という手もありますが..)

自費治療になると治療費は様々です。
日本でも専門医と言う先生の歯科医院にかかられるとそちらの専門医と同じぐらいの費用がかかってきます。
(おおよそ10万ぐらい)


また過去にも書いていますが、医療は本来生活の拠点で受けられた方がベターです。
特に根管治療は日数がかかる場合もありますので、日本に一時帰国(1〜2週間ぐらい)では治療が終わらないことも十分考えられますので、もし日本で治療をとなれば1〜2ヶ月ぐらいこちらにいる考えでかんがえられた方がいいですよ^^;


いつの間にか神経が死んでいることはたまにありますが、私の拙い経験でも治る見込みは高い治療なので、まずは可能であれば根管治療で残す治療を受けられた方がいいと思います。

この方は知らない間に上顎洞にまで炎症が波及・・・
http://eedental.fine.to/eeblog/2011/07/post-308.html


うまく行くといいですね^^

おだいじに
 

回答 回答2
  • 回答者
回答日時:2011-09-05 14:16:01
専門医(Endodontist)を探して費用などを相談されてみては如何でしょうか?

回答 回答3
  • 回答者
誠安・瑞石牙医診所(台湾)の王です。
回答日時:2011-09-06 01:19:37
こんばんは。

同じ海外からコメント致します。


私も抜歯ではなく、まずは根管治療をお勧め致します。

勝手の分からない海外でご病気になられると、受診の際に直面しなければならない言葉の壁や、保険制度の問違いによる費用の問題などで気苦労が多いのは確かです。

そういった事もありますから、台湾でも、海外に行かれている方は(近い日本に行かれている方でさえ^^;)住み慣れた本国で治療を受けられることを強く望む傾向が高く、海外在住の方から治療についてのご相談を受けることが非常に多いです。


ただ、治療内容によっては一時帰国の短い時間内で終えられないものもや、経過観察期間を設けたほうが望ましいというものもありますから、治療内容によっては、現在居住なさっている国で治療を受けられたほうが望ましいこともあります。



今回の問題はそちらで「技術面で対応出来ない」「抜歯のみである」と言うことではなく、きちんと残せる治療法も選択肢として提示されているわけですから、技術的な問題ではないですね。

高額な治療費について納得出来るかどうか、負担したいかどうかの問題だと思います。


費用対効果という面では確かに日本、台湾の国民保険制度はカバーされている治療内容の範囲も大きいですし、負担額も少なく、とても便利だと思います。

(台湾は定額負担制で、基本的にどんな内容の治療を受けても負担額は均一150円。日本は定率負担制ですね。)



日本と台湾の保険治療については、ある程度の治療水準は保っていますから、特定した一面で見ますと良い制度なのかもしれませんが、いいことずくめな面ばかりではありません。

例えば、今回の感染根管治療に関してですが、欧米の医療先進国では殆どが根管治療専門医によって行われていますが(なので高額)、日本や台湾では抜髄処置や感染根管治療の90%以上を一般歯科医の先生が保険治療で行っています。


根管治療の原理原則である無菌的処置の達成率が非常に低いという特化した術中感染の問題に合わせて、根管治療に対する保険診療報酬が安価に設定されているため、十分な時間が割けない状況下から全体的に見た成功率は低く、再根管治療の頻度がかなり高くなっているのも事実です。

帰国時にはより成功率が高い根管治療を目指して行う保険外治療を考えていらっしゃるということですから、以上の点についてはある程度ご理解しているのだと思います。


ただ、自費治療を受けられた場合、日本や台湾でも専門医による治療は欧米と同じくらいの額になることがあります。



ですから、治療期間が足りないかもしれないとい事と、自費治療の場合は欧米並みの額になるかもしれないという事を踏まえた上で、どこで治療を受けるのかをもう一度検討なさったほうが宜しいかと思います。



>在英日本人の友人の一人に相談したところ 彼女も以前、上5番の歯が割れ 近所のNHS歯科医で抜歯をし その後の治療方針の話もないが当の本人も全く不自由はしていないと聞き、励まされたような..そうでないような...

上5番ですからね・・・・・
あまり目立たない部分なので気にされない方も確かにいらっしゃいますし、食生活のクォリティーや価値観は人それぞれ違いがありますから、何とも言えません。

まずご自分がどの様になさりたいかを考えられた方が正しいかと思いますよ。


大変かと思いますが、お大事になされて下さいね。^^

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: ビークさん
返信日時:2011-09-07 04:24:58
早速のアドバイスありがとうございます。

頂いたアドバイスを踏まえ..思案の結果、まずは今週予定していた抜歯は一旦中止し、その代わり担当歯科医に直接会い不安な点や不明な点などきちんと相談することにしました。


問題の歯は早目の治療するべきかと思いますが、まずきちんと話を聞いて(セカンドオピニオンの可能性も考慮の上)どこで どのような治療をするかを決めたいと思います。
ありがとうございました。
ビーク



PS 遠方にいても日本(と台湾)の歯医者さんに相談できるなんて。
  歯チャンネル歯科相談室万歳!です。



タイトル 左上4番の神経が死に抜歯を薦められ躊躇している (イギリス)
質問者 ビークさん
地域 非公開
年齢 42歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ 虫歯、根の病気で抜けた・抜く予定
抜歯:4番(第一小臼歯)
根管治療の治療法
根管治療の治療費・費用
イギリス
根の病気(根尖病変・根尖病巣)
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日