代理の先生に違う矯正器具を付けられて心配 (フランス)

相談者: ササフスキーさん (33歳:女性)
投稿日時:2012-01-27 03:55:35
参考:過去のご相談
矯正を始めたが、以前から弱い前歯が耐えられるか心配 (フランス)


こんにちは

以前右上一番の歯について質問させていただきました。
ありがとうございました。

結局隠れていた虫歯もあり、レントゲンを再度撮り方針を決めるそうです。
ただ神経は既になかったはずという話で、知らなかった事にショックを受けています。



2週間前に下の歯のブラケットを装着したのですが、おととい右下6番の留め具が取れたため予約を取ろうとしたところ、休暇のため2週間後しかないといわれました。

そのままにしておいて良いと言われたなら、2週間後まで待ちましたが、何の説明も無く、2種間後が嫌ならこの日と言われたので代理の先生の所へ行きました。
非常に感じの悪い受付でした。


前回器具が取れた際付け替えてくれた先生だったのですが、自分が私の担当医だと勘違いをしていました。

取れたものと同じ外側に取り付ける金属の器具ではなく、右下6番の歯を削り歯の周りを囲む形の金具をつけられ、なぜか右下1番の歯だけブラケットを外されました。


そして担当医は抜歯の必要は無いと言っていたのですが、抜歯の必要があると言い出したので、再度説明したところ担当ではない事に気付き(何故か)これで2回目だ、何度も緊急で呼ぶなと怒られ、他にも何かしようとしていたらしいのですが、担当じゃないのでほぼ追い出されるような形になりました。

代理の先生曰く、最初のより強いのを付けただけだから問題ないとのことですが。

ニッケルのアレルギーがあるけれど、大丈夫か。
まだ装着して2週間で強い器具で問題ないのか。
歯を削ったようだけど弱くならないか。


右下1番のブラケットを外されたのは抜くためではないか、大丈夫だろうかと、どんどん不安が広がっています。


受付も歯医者さんも忙しいのかフランスだからなのかなかなか質問しづらく、毎回のように落ち込んでしまいます。

担当医は2週間後に戻るので早速予約を取ったのですが歯医者、医者全般が怖く心配なので、ご意見をお聞きしたいです。


私のような気弱なものは矯正なんて大それた事をするべきではなかったかもしれません。
始めてしまったので仕方ないですが。

ご返答よろしくおねがいします。


回答 回答1
  • 回答者
伊藤矯正歯科クリニック(名古屋市中区)の伊藤です。



※2013年9月14日までは伊藤和明先生、それ以降は伊藤雅大先生がご回答されています。
回答日時:2012-01-27 07:45:24
右下6番に関しては、ブラケット、チューブをダイレクトボンドしてあったものを、脱落を避けるためにバンドを装着に変更したようです。

これはたまに行う処置法ですが、右下6番を削ったというのが解せません。
残っていた接着剤を除去したのか、6番の前の乳歯を削ったのかもしれません。

2週間後の予約時に担当医に緊急処置のことを含めて確認してください。


異国での矯正だからこそしっかり説明を聞いて納得された処置を行って頂きたいと思います。
必要ならどなたかに通訳をお願いしてでも。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: ササフスキーさん
返信日時:2012-01-27 15:30:29
伊藤先生

早速のご返答ありがとうございました。
さすがに気にし過ぎだと思いつつ、昨日は落ち込んであまり眠れませんでした。


歯を削るのはバンド装着のための隙間が無いからとの説明でした。
33歳なので、乳歯では無いと思います。
健康な歯を傷つけられたなら残念です。

ニッケルアレルギーがあるので心配です。
担当医の方針によっては外してもらう事も可能でしょうか?

右下1番のワイヤーを外された事も気になっています。
抜くために外したのか。
次の診察日で、2週間くらいなら問題ないといいのですが。


周囲にフランス歯科医から大変な目にあった人がおり、不信感が拭えません。
もっと気を強くなって色々聞けと言われていますが、なかなか、、頑張ります。



タイトル 代理の先生に違う矯正器具を付けられて心配 (フランス)
質問者 ササフスキーさん
地域 非公開
年齢 33歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ 歯列矯正のトラブル
歯医者への不信感
歯医者への不満・グチ
フランス
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日