専門医の6番麻抜即時根充、45分という処置のスピードに不安(英国)

相談者: まりもんさん (37歳:女性)
投稿日時:2012-02-10 08:48:36
⇒参考:過去のご相談
「根管治療を行う前の仮詰中、痛みがひどく食事もできない(イギリス)」



現在イギリスに住んでいます。
左上6番の詰め物の下に虫歯ができてしまい、こちらの歯科で根管治療を受けたばかりです。
欧米で主流の「麻酔抜髄即時根管充填法」で、私の場合も1回の治療で終了し、後日クラウンをという状態です。
担当は根管治療の専門医です。


一回で全部終わらせるのですからそれなりに時間もかかる覚悟もしていましたし、事前に先生に聞いたら1時間半〜2時間くらいと言われ診察台にあがりました。

ところがあっという間に終わり、歯科医院に着いてから支払いを済ませ出るまで1時間という早さ。

 
施術中も麻酔のおかげでほとんど痛みもなかったですが、何をどうやっているのかもさっぱりわからず、まさにまな板の上の鯉でした。
ラバーダムしてマイクロスコープ使って、グリグリやって、途中レントゲンを1回撮って、という位しかわかりませんでした。

あまりに早かったのであっけにとられていたのですが、先生曰く

「根が短かったのでイージーだった」

と。
術中何か測っていた際に聞こえたのは「14.15」とか「14.5」とか。
これが長さなんでしょうか。
これって短い方なのでしょうか。

 
帰宅後麻酔が切れた後もほとんど痛みもなく快調なのですが、事前にいろいろと調べたり聞いたりした話と大違いなので、果たしてあの短い時間で完璧にできているのだろうかと若干不安になってもいます。

この治療の前に一度歯を削って仮詰してある状態からのスタートで、根が短かったなどの条件があれば、診察台に横になってから45分で全部終了、というのは普通でしょうか。
先生がとても優秀な方だったのでしょうか。


やっていただいた先生には大変申し訳ないですが、無知が故なんとなく不安が残ってしまってすっきりしません。
今回が人生初めての根管治療でしたので他の例と比べることもできず・・・。
こちらで先生方にどんなことでも結構ですのでご意見いただければと思います。


素人なのに専門医のやり方に不安を持つなど何様だ!と言われるかもしれませんが、よろしくお願いします。
早く終わってラッキーだったわ!とすっきり思いたいんです。


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2012-02-10 09:03:34
治療後のレントゲンは、見せていただいているでしょうから充填物が全ての根の先までしっかりと詰まっていれば、ひとまず安心できそうですね。

術後の痛みや不快な症状もなければ、さらに安心できると思います。

お話での治療の内容は、とてもしっかりと治療されているように思います。

お大事になさってください。 

回答 回答2
  • 回答者
細見歯科医院の細見です。
回答日時:2012-02-10 09:04:17
処置時間の長さと処置の出来不出来は基本的には関係ありません。
(あまりに短いのは問題かもしれませんが)


45分あれば私でも抜髄は出来ます(30分くらいで)。
専門医の先生だともう少し早いのかもしれませんね。

回答 回答3
  • 回答者
回答日時:2012-02-10 09:31:53
おはようございます。

逆に早すぎると不安になるし、遅すぎると不安になる。。。
どこの民族もそうなのかな。。。


さて、同じく簡単だったのではと思いました。 
早い先生であればそれぐらいで終わるかもしれませんね。 

痛みもないし、よかったですね(*^_^*)

上手い先生ほど、早くて安い?
下手な先生ほど時間がかかって高い?

という場合もありますので、今回は上手い先生だったのは。。

回答 回答4
  • 回答者
回答日時:2012-02-10 10:02:59
おはようございます。

珍しいタイプのご相談ですね^^;

もう少し専門的に分析すると、抜髄、いわゆる、麻酔して生きている神経を抜く治療の時は、歯髄には細菌感染は起きていない状態です。

ですから新しく細菌を入れ込む様なことさえしなければ、例えば根管充填が少々不十分だとしても感染根管になるようなことはありません。

今回の場合は専門医が、ラバーダムマイクロスコープを使用しての治療ということなので、唾液プラーク感染歯質むし歯)の根管内への混入には配慮されてるだろうと想像は出来ます。
「イージー」な根管形態だったとすれば短時間での処置終了も心配はないと思いますよ。

ちなみに上6番というと見逃しがちな4本目の根管もあることがあって、3本までしか治療されていなくて後に問題が起きるケースも多いのですが、「専門医+マイクロスコープ」という組み合わせだったのでその心配も少なさそうに思います。

よく勉強している先生の間では、ラバーもせずにいい加減な抜髄をするぐらいなら1秒でも早く根管を閉じて欲しい、という話もするぐらいで、時間が短いのは決して悪いことではありません。

ただ見えない細菌が相手ですから、どれだけ注意深く治療を行なっても失敗する可能性はあるのですが、とりあえず十分な処置だったのではないでしょうか。



「早く終わってラッキーだったわ!」

と、思って頂いていいと思いますよ^^

回答 回答5
  • 回答者
回答日時:2012-02-10 10:10:55
しかも、実際の処置時間でなく、浸潤麻酔奏功の時間も含めてだとしたら、確かに、ものすごく早いですね。
しかも、前歯あたりの話かと思ってたら、上の6番!!

でも、担当医は自信をお持ちの様子なので、短時間でテキパキと処置することを得意とされているのでしょう。

また、欧米人に比べて、通常、アジア人は歯根が短いはずなので、特に気になさる必要はないと思います。

回答 回答6
  • 回答者
回答日時:2012-02-10 14:30:31
>術中何か測っていた際に聞こえたのは「14.15」とか「14.5」とか。

「14」「15」「15.5」 じゃないですかね?

確かにちょっと短めですね。
でも有り得ます。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: まりもんさん
返信日時:2012-02-10 19:57:16
水澤先生、細見先生、北野先生、渡辺先生、藤森先生、森川先生、
お忙しい中このような稚拙な質問にご回答くださってどうもありがとうございます。

 
施術はうまくいっているだろうと分かってはいるのですが、予定施術時間の半分(以下)で終了したことに戸惑ってしまいました。
先生方にたくさんのご回答をいただき、また、一晩過ぎても特に痛みも不快感もなく、あの先生にやってもらってよかったと今では心底思うことができます。
ほんのいっときでも不安に思ってしまって申し訳ないです。


藤森先生のご回答の中の

>>しかも、実際の処置時間でなく、浸潤麻酔奏功の時間も含めてだとしたら、確かに、ものすごく早いですね。しかも、前歯あたりの話かと思ってたら、上の6番!!

そうです、まさに診察台に横になってから45分なので、麻酔時間や最後の仮詰の高さ調整までも含めての時間です。
麻酔は2箇所だったと思います。
これらすべてを45分でしたら専門医の腕の良さなんでしょうか。
いい先生に巡り合えたということですかね。


家族が以前カナダでやはり一回法で根管治療を受けた経験があり、その体験談とかかる時間や術後の痛みが大違いでしたので「こんなでいいのかなぁ」と不安になったわけでした。


楽に終わったのに贅沢な悩みだったですよね。
おかしな質問にも親身になっていただき本当にありがとうございました。



タイトル 専門医の6番麻抜即時根充、45分という処置のスピードに不安(英国)
質問者 まりもんさん
地域 非公開
年齢 37歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ 根管治療の専門医
根管治療その他
イギリス
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日