15年くらい前に神経を抜いた歯の痛みと変色

相談者: 勇気りんりんさん (35歳:女性)
投稿日時:2013-02-07 22:04:17
右上2番の歯についてです。

虫歯だったかぶつけて神経が死んでしまったのか忘れましたが15年くらい前に神経を抜いて薬を詰めています。

最近なんだか寒い空気に触れてもしみるような痛みがあったり、あたたかい物にも軽くうずくような痛みがあったりします。
その歯を指でグラグラすると違和感がありますが、叩いても響く感じはありません。
固い物を噛んでも大丈夫ですが少しして軽い痛みがあります。



かかりつけでレントゲンを撮っても特に問題ないようで神経ないのに痛いはずがないと言われました。
歯周病にもなってないようです。

15年くらい前に神経抜いててまだ神経が残っている可能性はないのでしょうか?
しみたり痛みが出るのはあり得ないのでしょうか?

ちなみに、神経を抜いた時は何の説明もなく処置されて(多分抜いてすぐ薬を詰めたと思います)、最近まで神経がないと知りませんでした。
歯の変色は気になっていましたが…。



原因もわからないし、治療は何もできないのでしょうか?
歯の変色もかなり黒いので気になりますが、改善できる方法はありますか?

よろしくお願いします。


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2013-02-07 22:58:56
こんばんは。

〉15年くらい前に神経抜いててまだ神経が残っている可能性はないのでしょうか?

側枝に残っていればあり得なくはないと思います。
ただ今回の冷温痛につながるかは何とも言えないですね。



〉原因もわからないし、治療は何もできないのでしょうか?

まずは原因をしっかりさせたいですね。


〉歯の変色もかなり黒いので気になりますが、改善できる方法はありますか?

ウォーキングブリーチというホワイトニングで解決できると思われます。
ただ歯の欠損が大きかったりした場合はクラウン処置が一般的ですね。


参考にしてください。

1人の専門家がこの回答を支持しています  
回答 回答2
  • 回答者
回答日時:2013-02-07 23:42:55
勇気りんりんさん、こんにちは


>15年くらい前に神経抜いててまだ神経が残っている可能性はないのでしょうか?
>しみたり痛みが出るのはあり得ないのでしょうか?

15年であれば神経が残っている可能性はほとんどないと思います。



>原因もわからないし、治療は何もできないのでしょうか?

本当にその歯の症状なのかを確認する必要があります。

意外と隣の歯が悪かったという可能性もあるでしょう。

レントゲンでは見つからない病気がCTを撮影するとわかることがあります。
もし通常のレントゲンで診断がつかない場合はCTを撮影するのも一つの選択になるかもしれませんね。



>歯の変色もかなり黒いので気になりますが、改善できる方法はありますか?

個人差がありますが歯の漂白をすることで改善することもあります。


参考になれば幸いです。

1人の専門家がこの回答を支持しています  
回答 回答3
  • 回答者
回答日時:2013-02-08 05:48:25
勇気りんりん さん、おはようございます。

>かかりつけでレントゲンを撮っても特に問題ないようで神経ないのに痛いはずがないと言われました。
歯周病にもなってないようです。

経過は診ていただくとして、ご自身で歯に刺激を与えたりなさらず、差し当たり、上下の歯を食事の時など必要な時以外は接触させないように、意識して生活なさってみてはいかがでしょう。

参考:TCH、歯列接触癖



ご参考まで。

回答 回答4
  • 回答者
回答日時:2013-02-08 08:36:12
ご相談ありがとうございます。


上の2番はまれにそういうことが起きます。
通常のレントゲン検査とかでは発見できない異常を起こすことがあるからです。


昔から歯周病に詳しい歯科医師ならば常識的なことですが、その歯の裏側を丁寧に調べると原因が特定できることがあります。

基本的な知識があれば、まず見ただけで歯の形に特有の特徴を感じることもあり、歯周病の検査をしてほぼ確信を持てます。
治療は歯周病の治療となり、非常にデリケートな内容ですが、間に合えば歯を残すことができます。


歯周病治療に実績をあげ、歯を一生残すことを目標としているところに相談しましょう。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: 勇気りんりんさん
返信日時:2013-02-09 02:39:46
先生方、ありがとうございます。

やっぱり1日に数回は痛みが出ますが、とても田舎に住んでいて、限られた歯科しかないのが現状です。

ホワイトニングや歯の漂白もあるようですが、一般の歯科でもやっているものでしょうか?
保険もきかず費用も高そうですね。
歯の漂白は歯に穴をあけるんですよね?
神経ないし麻酔なんてしないのでしょうが痛そうでちょっと怖いです。


その2番の歯は歯茎から1/3ほどはかなり黒くて、歯茎も他より黒っぽく変色しています。
表からはよく見ると、歯茎から1/3ほどのところにピンク色の薬?のようなものが所々透けています。
神経を抜いた歯ってこんなになってしまうものですか?



歯周病の検査にはひっかからなかったのですが、さがらせ生の「見ただけで歯の形に特有の特徴」というのは、どんな特徴があるのか知りたいですね。
歯医者さんしかわからないものでしょうか?

お願いします。
回答 回答5
  • 回答者
回答日時:2013-02-09 09:34:45
おはようございます。

ホワイトニングや歯の漂白もあるようですが、一般の歯科でもやっているものでしょうか?

割と新しめの歯医者さんであればほとんどやっていると思います。

術式としては口蓋側からホール形成して薬を詰めて蓋をし、1週間か10日で薬の交換を繰り返します。費用はかかっても2~3万で済むところが多いのではないでしょうか。
ほとんど痛みは伴わない治療と思いますよ。



歯茎から1/3ほどのところにピンク色の薬?

実際に診ていないので憶測になりますが、根管充填材ガッタパーチャが透けているのかもしれません。



〉「見ただけで歯の形に特有の特徴」

斜切痕の事かと思われます。
その部分だけ歯周ポケットが深くなりやすく汚れが溜まりやすい特徴があります。
見ただけではちょっとわかりにくいかもしれません。


参考にしてください。




タイトル 15年くらい前に神経を抜いた歯の痛みと変色
質問者 勇気りんりんさん
地域 非公開
年齢 35歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ 歯科治療中の歯の痛み
歯の変色・着色
ウォーキングブリーチ
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日