神経付近まで進行した虫歯、日本で治療する場合 (アメリカ)

相談者: jami3056さん (30歳:女性)
投稿日時:2013-05-11 05:02:25
お尋ねします。
現在アメリカ在住です。


左下18番に大きな虫歯ができ診察に行きましたが、保険があっても費用が20万ほど掛かってしまうので、苦渋の決断ですが秋頃に日本に帰国した際、まとめて治療することにしました。


レントゲンで見る限りまだ神経は死んでいませんが、虫歯の影がかなり神経の近くまで来ています。

こちらではルートキャナルの治療が必要と判断されましたが、アメリカの医者は比較的すぐに神経を抜く傾向にあるように感じます。
(治療後悪化した歯の訴訟を防ぐためなどと聞きましたが。。☆)


日本で治療する際は、このような虫歯の進行状況だと、どのような治療になるのでしょうか?
もし神経を残すことが難しければ、やはり抜歯になるのでしょうか?


ご回答宜しくお願い致します。


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2013-05-11 05:11:19
jami3056さまおはようございます。

左下18番に大きなむし歯ができてしまい費用のことを考えて日本に帰国した時に治療しようと考えていらっしゃるわけですね。

そちらでは抜髄するとの診断だったようですが実際診察してはいないのでその可否については何とも言えませんが、自覚症状がないのなら歯髄の保存は可能かもしれません。



>日本で治療する際は、このような虫歯の進行状況だと、どのような治療になるのでしょうか?

個人的には自覚症状がなければ歯髄の保存を考えます。



>もし神経を残すことが難しければ、やはり抜歯になるのでしょうか?

抜歯ではなくて抜髄ということになるでしょう、参考になれば幸いです。

歯髄保存療法 http://yamadashika.jugem.jp/?cid=211

回答 回答2
  • 回答者
回答日時:2013-05-11 09:26:09
おはようございます。

レントゲンで見る限りまだ神経は死んでいませんが、

レントゲンだけでは鑑別できない時もあります。
治療前にもう一度歯髄電気診や症状の確認と合わせて診断することをお勧めします。



虫歯の影がかなり神経の近くまで来ています。
〉こちらではルートキャナルの治療が必要と判断されましたが、

日本でもその診断は変わらないかもしれませんが、状態次第では神経保存ができるかもしれません。



〉もし神経を残すことが難しければ、やはり抜歯になるのでしょうか?

抜歯まで発展してしまう可能性も否定はできませんが、歯の分量がしっかり残っていれば多くは抜髄感染根管治療などの歯を保存する方向になると思います。


参考になさってください。

回答 回答3
  • 回答者
回答日時:2013-05-11 12:36:48
歯髄温存療法がありますがアメリカでしてくれる歯科医院があるかどうかは分かりませんし、その対象がどうかもわかりません。

http://www.hozon.or.jp/data/whatsnew/jscdadmin/279.pdf#search='AIPC'


ただ秋までは待てない可能性がある事は覚えておいて下さいね。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: jami3056さん
返信日時:2013-05-12 03:45:07
先生方、ご回答ありがとうございました。

なるべく抜歯は避けたいと思っていたので、他の治療法を説明して頂き非常に参考になりました。

正直秋まで今の状態を維持することは難しいと考えていますが、できるかぎりの予防を頑張りたいと思います。


ありがとうございました。



タイトル 神経付近まで進行した虫歯、日本で治療する場合 (アメリカ)
質問者 jami3056さん
地域 非公開
年齢 30歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ 虫歯治療
アメリカ(米国)
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日