左上3番と4番の歯間虫歯の治療について

相談者: 北郷さん (30歳:男性)
投稿日時:2013-06-03 16:47:41
明日、虫歯の治療予定です、場所は左上の3番と4番の歯間虫歯の治療です。

治療方針は、4番が銀歯、3番がレジンで詰めるとゆう治療になるみたいです。

問題箇所は、目視でもまったく分からず、自覚症状も無い状態でレントゲンで初めて問題が発覚しました、レントゲンを見ると確かに、3番と4番の接する部分から両方の歯とも中心に向かって虫歯があるのが確認できました。


ここで質問なのは、やはり3番は銀歯でレジンで詰める治療は難しいでしょうか?

最近他の箇所でも質問しましたが、歯間の虫歯がさらに今回レントゲンで1箇所発覚して、銀歯が2箇所も増える事がショックです。


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2013-06-03 16:54:04
北郷 さん、こんにちは。

>やはり3番は銀歯レジンで詰める治療は難しいでしょうか?

3番ではなく、4番のことでしょうか。

健康保険での治療ですと、いわゆる銀歯で修復するか、レジンを充填するかは、修復の部位や範囲などから、お掛かりの歯科医師が判断します。

叶うかどうかは分かりかねますが、希望を伝えてみてはいかがでしょう。


>銀歯が2箇所も増える事がショックです。

レジンでの治療が難しいようでしたら、自費での治療を検討なさってくださいね。

回答 回答2
  • 回答者
回答日時:2013-06-03 16:56:02
お書きになった問題の歯は3番とありますが、4番の銀のことではないかと推測します。

修復物の材料を選ぶ際には方程式は存在しません。
虫歯の大きさ、噛み合わせの状況、そして歯科医師の経験や好みなどで差がでます。

その上で患者さんの希望とすり合わせて決めていくのですが、もし患者さんの希望が不可能であれば、検討の余地があると思います。

天然色を重視するのであれば、自由診療の中の材料から選択する可能性があります。

いずれにせよ、担当の先生に希望をはっきり伝えて、希望を叶えるにはどういった選択があるかをお聴きになってみてください。

お大事にどうぞ。

1人の専門家がこの回答を支持しています  
相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: 北郷さん
返信日時:2013-06-06 15:24:35
ご指摘の通り3番と4番は逆ですね、結果しては銀歯の治療になりました。

虫歯が大きすぎたのと、保険でしか考えていなかったので、レジンは到底無理な状況でした、回答有難う御座いました。



タイトル 左上3番と4番の歯間虫歯の治療について
質問者 北郷さん
地域 非公開
年齢 30歳
性別 男性
職業 非公開
カテゴリ 虫歯治療
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日