虫歯治療した歯が再び虫歯になることについて

相談者: チヌさん (33歳:女性)
投稿日時:2013-12-26 19:12:48
虫歯治療をして銀歯などを詰めると、詰めた周りから虫歯になりやすいというのはなぜでしょうか?

また、銀歯の周りではなく詰めた銀歯の奥で虫歯になっていたと、言うこともありますが周りが虫歯になったのなら、磨き方が足りないなどが考えられますが詰めた物の奥が虫歯になると言うのは虫歯治療をした時に虫歯菌や汚れが残ったまま詰め物をしてしまったからなのでしょうか?


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2013-12-26 19:17:41
チヌ さん、こんにちは。

>詰めた周りから虫歯になりやすいというのはなぜでしょうか?

ご自身の歯と修復物の段差に磨き残しがあると、虫歯になり易いかもしれませんね。


>詰めた物の奥が虫歯になると言うのは虫歯治療をした時に虫歯菌や汚れが残ったまま詰め物をしてしまったからなのでしょうか?

そうですね、虫歯の取り残しも考えられなくもないですが、多くの場合、上記の段差に出来た虫歯から奥へ広がったものと考えられます。

修復物の奥はブラッシングできませんからね。




タイトル 虫歯治療した歯が再び虫歯になることについて
質問者 チヌさん
地域 非公開
年齢 33歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ 二次カリエス(2次的な虫歯)
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日