根管治療の薬が漏れていた場合、身体に害は無いのか?

相談者: firstintentionさん (33歳:女性)
投稿日時:2014-04-21 23:47:23
以前ひどい歯医者に当たり、根管治療を失敗されました。
結果、歯科大で治療して頂き今は解決しています。


ですが、失敗された歯医者では、根管治療中の蓋がゴムのような感触の物で、食事をしているだけでボロっととれるような物でした。
それを毎回つけて生活していました。

しかも、歯科大でわかったのですが、拡大されすぎていて、根が傷のようになっていました(当時痛みがずっと取れずに歯科大へ行きました。この件については元々の歯医者も自分のミスを認め、その後は無料で治療しますと言っていました)。



そこで不安なのですが、蓋がいつでも開いているような状態でしたし、根も傷になっていましたので、詰めていた薬が体に吸収されたのではないかと不安です。
根も傷になっていたので傷からも多分吸収されていると思います。

いろいろ調べてみたら、FCという危険な薬もあるそうですね。
きっとFCを使っていたと思われます(そんなずさんな治療をする歯医者なので・・・)。


その治療では、最初の根の掃除が終わってからは、麻酔も水のようにかける麻酔だけで、拷問のような痛さで、拡大のミスをした時なんて頭につきぬけるような痛みがあり、歯医者も私の頬をトントンと「大丈夫か?」という風にしました。

明らかな医療ミスですが、泣き寝入りです。


その痛みがトラウマとなったのか、薬が吸収されたからなのか、なんとなくその出来事の頃から頭がボーっとした感じが抜けません。
もしかして脳や神経がおかしくなったのでしょうか?

考えすぎかもしれませんが、もしも薬が吸収された場合は、体に害があると思いますが、それはどのような害で治る物なのでしょうか?
何もそれに関しては治療などしていないので心配になりました。


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2014-04-22 10:15:39
そうですね…。

確かにFCは発がんの危険性があると言う事で、近年は使用頻度が減ってきていると思います。

しかし、FCはほんの十数年前までは「最も多く使用されてきた薬剤」ですし、今も使われている先生は多いように思います。

そんな中で「脳や神経がおかしくなった」と言う報告は無かったように思います。



なので

>何もそれに関しては治療などしていないので心配

心配される必要は無いように思います。

2人の専門家がこの回答を支持しています  
回答 回答2
  • 回答者
回答日時:2014-04-22 21:44:10
もし、FCが身体に吸収されることで害があるとすれば、おそらく自覚症状は全くないように思います。




タイトル 根管治療の薬が漏れていた場合、身体に害は無いのか?
質問者 firstintentionさん
地域 非公開
年齢 33歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ 根管治療その他
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

歯磨きをしても虫歯になる原因 デンタルフロスは効果無し? 歯ブラシとデンタルフロスどっちが先? 歯科衛生士が就職前に絶対に知っておきたい

Total total   今日 今日   昨日 昨日  
現在 人が閲覧中