日本で根管治療途中の6番に痛みとフィステル(英国)

相談者: arichanさん (33歳:女性)
投稿日時:2014-05-13 02:16:55
前歯にヒビが入った時にここで質問させて頂いた者です。

海外生活での突然のアクシデント、ここでの先生方からの親身なご回答には本当に助けられました。
その節は大変お世話になりました。


今回の相談内容です。

只今ロンドン在住でして、一月に日本に一時帰国した際に、以前からずっと放置してあった右奥6番の歯根感染(以前に根幹治療した部分/痛みなし)の治療をして頂きました。

初回の診察の時に左下6番にも少し前から何か違和感を感じる事、歯茎が時々腫れるとの事を先生に伝えましたが多分大丈夫、との事。

しかし帰国も近くなった頃、右奥の治療があらかた済んでやはり左の歯茎の様子がおかしいという事に先生も気づき、再度レントゲンを撮った所こちらも以前根幹治療した所が感染していました。

最初に撮影したレントゲンではなんとピアスがかぶってしまっていて病変が写っていなかったのです。

帰国まで治療が2回残されていましたが、以前の薬を取り除くのに手間取りそこで次の帰国時の治療まで半年は持つ様にと借りの詰め物をして頂きました。

右の奥は感染自体は治療が出来たもののクラウンが間に合わず、多分セメント、を詰めてもらったようでした。


次の帰国まで時間があるのに左下は柔らかい詰め物で大丈夫なのかと少し不安のまま帰国し、案の定二ヶ月程で詰め物がすり減ってしまい(これは私が固いグラノーラを食べてしまったのが原因です)今右も左も穴が空いて治療部位がむき出しの状態です。

物を食べる時に食べ物が詰まったり、歯に負担がかかっているのがわかります(しかも左下の歯は1/3くらいの所に穴があいていたのですが、残っている小さな片側の壁が欠けてしまいました。
その為舌触りも良くなり、歯磨きもしやすくなりましたが・・・)。


そして今、感染は取り除かれた右奥の問題は穴が空いているだけですが、左下は若干痛みが出て、歯茎にもフィステルが出来ています。

自分で膿を出したり(これはやって良い事なのでしょうか?)するとしばらく良いのですが、また出来ます。

一応詰め物が取れた下の根っこはまだ白い薬が入っていて見た目はしっかり塞がれてあるようではあります。

しかし、上の詰め物が取れてしまった事で隙間からばい菌が根っこに入ってしまったのか、もしくは元々の病変が悪化したのかとにかく今のまま放置していると危ないんじゃないかなという気がしています。

(右奥はずっと放置していても進行がゆっくりだったのですが、左下は12月頃から急に違和感が出て来たので進行が早い印象です)

右奥はとりあえずはセメントかなにかで詰めてもらえさえすれば次の帰国まではもちそうな気がしますが、左下は帰国を待たずとりあえずこちらの歯内治療専門医に見てもらおうと思っています。

と、状況説明が長くなってしまいましたが、ここで先生方に質問させて頂きたいのです。



・痛みまで出て来ている場合完全な根幹治療をやりなおすのを先延ばしにして抗生物質や殺菌、清潔に保つ事などでなんとなくしばらくごまかす事は可能なのでしょうか。

(痛み止め パラセタモール半錠でなんとなくごまかせるくらいですが日々悪化してきているような気もします)

元々は次の一時帰国の際に続きを治療する、半年持つ様にはしてあるとの事でしたのでこちらに帰って来て二、三ヶ月でこんな状態になりちょっと焦ってしまっています。

過去の質問に対する先生方の回答を読ませて頂き、思っていたよりも根管治療のやり直しは難しい技術なのだという事を知りました。


最初は治療費の問題でNHS(ここの先生方はもうご存知かもしれませんが、英国の健康保険のようなもので安く治療が受けられます)で治療をしてくれる所を探していました。
(難しい治療は受けてくれる所は少ないです)

あまり腕の良くない医者にかかり結局失敗して抜歯という事になるより治療費が高くてもなるべく腕の良い専門医にかかろうと今は思っています。


今までの私の個人的意見では、英国で腕も確かかわからないのに一本12~15万円かけて治すのはばからしい、日本に帰れば1万円くらいで治療が受けられるのに・・・

こちらで治療を受けるくらいならばむしろ日本に帰国した方がいいという考えだったのですが、根管治療においてはそうとも言えないと思われました。

日本で保険内で治療する成功率よりも海外の専門医(もちろん、上手な先生)における成功率の方が高いというサイトを見てから、無理して日本に戻るよりもこちらで大金を払ってでも、治してしまった方がいいのかなとも思います。


ただ、ここなら!!  と思うような歯科医のサイトを見つけたのですが、奥歯の根幹治療は15-20万。

やり直しの場合には時間がかかる分追加料金がかかるという事で、価格表を見てひいてしまいました。

(大変な処置ですし、むやみに高すぎる!! というわけではないんです。

ただ主婦ですのでなかなか自分の事に自由に大金を使えないのが現状です。

まぁ、この調べた歯医者さんは特別高級そうではありました)

もし消毒なり詰め物をしてもらって薬で腫れを一旦引かせ、しばらく次の帰国までなんとかごまかす事が出来る可能性があるなら、そちらについても考えたいとも思っています。


長くなってしまいましたが、何かアドバイス頂ければ有り難いです。
どうぞ宜しくお願いいたします。


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2014-05-13 07:03:55
>・痛みまで出て来ている場合完全な根幹治療をやりなおすのを先延ばしにして抗生物質や殺菌、清潔に保つ事などでなんとなくしばらくごまかす事は可能なのでしょうか。

>(痛み止め パラセタモール半錠でなんとなくごまかせるくらいですが日々悪化してきているような気もします)

急性炎症を起こさなければ大丈夫だと思います。
親切で腕のいいDrを探して相談なさるのがいいように思います。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: arichanさん
返信日時:2014-05-13 19:33:53
山田先生

返信頂きありがとうございます。
腕の良いドクターにとりあえず状況を見てもらうのが一番ですね。

ありがとうございます。

急性炎症を起こさなければ夏まで持つ可能性があるという事で少し安心しました。

とりあえず寝不足だったのでローヤルゼリーを飲んでたっぷり寝たらなんと朝にはかなり収まっていました(痛みは3日続いていました)。

歯医者さんに行ってみます!



タイトル 日本で根管治療途中の6番に痛みとフィステル(英国)
質問者 arichanさん
地域 海外
年齢 33歳
性別 女性
職業 自営業・フリーランス
カテゴリ 根管治療中の痛み
イギリス
歯茎の婁孔(ろうこう・フィステル)
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日