歯性上顎洞炎、処方薬だけでは抜歯までの2週間が不安

相談者: しせいじょうがくどうえんさん (30歳:女性)
投稿日時:2014-08-24 03:55:09
現在、前回の相談のような状況です。

2週間後に口腔外科での抜歯が決まりました。
抜歯するしか手がないようなのでしょうがないのですが、2週間も先で大丈夫なのでしょうか?


歯性上顎洞炎で、歯の根の先に膿があり細菌が上顎洞までまわっています。
つまり、2週間も最近源とともにすごさなければならないということなのです。

抜くしかてがないのなら抜歯でいいのですが、できるだけ早く処置をしたいのです。
今月はいそがしく予約はいれられないと言われました。
最短で2週間後なのです。


最初に耳鼻科へいったので、そこで処方された薬をのんでいます。
クラリス(抗生剤)朝だけ1条
ムコダイン 1回2錠 一日3回
フェキソフェナジン(抗アレルギー剤)1回1錠 1日2回
エンピナースカプセル 1回1つ 一日3つ

これらの薬を飲んでいますが、2週間もちますか?
クラリスは1日に1錠でたりますか?
頭に細菌が回ってしまわないか不安です。


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2014-08-24 07:05:09
しせいじょうがくどうえん さん、おはようございます。

>2週間も先で大丈夫なのでしょうか?

口腔外科と、しせいじょうがくどうえん さんの都合に加え、患部の状態をも勘案して抜歯のスケジュールを決めたものと推測します。

まずは、指示された通りに薬剤を服用なさり、安静にお過ごしください。


症状が悪化してきたなど、ご心配なことが発現するようでしたら、お掛かりの口腔外科にご連絡なさってみましょう。

1人の専門家がこの回答を支持しています  
回答 回答2
  • 回答者
回答日時:2014-08-24 10:00:47
おそらく、現状になったのが数日前では無くかなり以前からあったと思います。
その年月から考えてもそこまで急ぐことは無いように思えて、担当医も早急な処置でなく2週間後に抜歯になったのだと思います。


また、消炎の為の処置をお薬でされていますので、担当医もおそらく、内服で効果を期待しているのではないかと推測されます。

お口の中の歯周病菌は体を巡って悪さをすることは一般的になってきていると思いますが、菌を考えるとお口の中の歯石プラークを除去することは大切ですね。かといって頭に細菌が回るとゆうような表現は勉強不足かもしれないですが聞いたことがありません。

慢性の炎症であると細菌が侵入しにくいように膜を張って防御するメカニズムがありこれがノウホウであったりします。


現状は担当医がよく知っているので、不安の点は出来るだけ直接聞かれた方が、御自身も不安の日々を過ごさず安心して次の抜歯を迎えられますね。

1人の専門家がこの回答を支持しています  



タイトル 歯性上顎洞炎、処方薬だけでは抜歯までの2週間が不安
質問者 しせいじょうがくどうえんさん
地域 非公開
年齢 30歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ 上顎洞炎(蓄膿症)
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日