歯石は虫歯に対してバリアのような働きをすると聞きました

相談者: アミ族さん (21歳:女性)
投稿日時:2014-11-30 14:32:37
こんにちは。

歯石虫歯の原因にはならず、むしろ歯石の下に虫歯は出来にくい。
虫歯に対してバリアのようなはたらきをすると聞きました。

ということは、歯石をそのままにしておけば、虫歯のリスクは下がるということでしょうか?

歯石は歯周病の原因にはなるということは知っていますが、虫歯に限って言えば、歯石は虫歯から歯を守ってくれるものということですか?

しかし、歯石のまわりは菌が繁殖しやすいとききました。
やはり歯石を除去したほうが虫歯のリスクは下げられますか?


回答 回答1
  • 回答者
船橋歯科医院(岡山市北区)の船橋です。
回答日時:2014-11-30 20:55:23
歯石は細菌の死骸と歯垢の塊が、お口の中の成分によって石灰化したものだとご理解いただければよいと思います。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AD%AF%E7%9F%B3

そして、その内面・表面は非常にざらついて多孔性ですから、容易に細菌の足場になり歯に不潔なものが溜まりやすくなってしまいます。

ですから、歯面に歯石を残しておくことにメリットは何もないと思います。

口臭の原因になる可能性もあるので、(歯石の下が不潔域にな歯肉炎が起きるなど)歯石が溜まっているようならば歯科で上手にとってもらい歯面をクリーニングしてもらうとよいと思います。

回答 回答2
  • 回答者
回答日時:2014-11-30 20:56:42
こんばんは。

少々誤解なさっているように思います。

>むしろ歯石の下に虫歯は出来にくい。
>虫歯に対してバリアのような はたらきをすると聞きました。

このように考えて歯石をみたことはありませんが、歯肉縁上歯石むし歯のバリアーになるかもしれませんが、証明出来るような症例は持ち合わせていません。


>歯石は歯周病の原因にはなるということは知っていますが

歯石が歯周病の原因にはなりません、それは歯石を取ったところで歯周病が治ったためしがないことが証明しています。

また歯石を取らなくても歯周病が治ることがいみじくも証明しています、このような症例は私のところではいくらでもあります。


>歯石のまわりは菌が繁殖しやすいとききました。

菌など繁殖しないと思います。


>やはり歯石を除去したほうが虫歯のリスクは下げられますか?

おそらく関係ないと思います、むし歯のリスクを減らす手立てはおさとうを減らすことです、減らすレベルは一日当たり40gです、そのうち20gは加工食品や味付けとして摂取していると考えられるので、嗜好品即ちおやつとしてのおさとうは20gということになります。

この範囲なら歯磨きで十分むし歯を作らなくて済みます、およその量としてお菓子は一日一種類一個にとどめるのが望ましいと考えています。

歯石を取らずに歯磨きで歯周病を治した症例 http://yamadashika.jugem.jp/?cid=182
同じく歯磨きで歯周病を治した症例 http://yamadashika.jugem.jp/?cid=163

むし歯のできないおさとうの量 http://www.yamadashika.jp/prevent05.html

回答 回答3
  • 回答者
回答日時:2014-12-01 08:23:59
歯石を作りやすい口の中の環境が、脱灰した歯の表面を再石灰化させるのに有利で、おなじメカニズムで歯石を作りやすいだけです。
だから歯石が虫歯を予防しているわけではありません。

昔の実験で、歯石(この場合は歯茎の中)を無毒化して、歯茎の治癒を観察した研究がありましたが、それによると残存歯石がある、ないにかかわらず、歯茎の治癒は変わらなかったという結果がでておりました。

ただ、細菌は取らなければいけません。

その時に細菌だけ取るというのは逆に難しく、また歯石がない方が最近の付着は少ないです。
それと治療後は歯ブラシが通りやすくしなければいけません。
したがって、歯石の除去は必要だと考えます。

**********

専門家向けの回答ではないので、一部平易な単語や誤解される表現を用いますが、ご了承ください。

お大事にどうぞ。

2人の専門家がこの回答を支持しています  
回答 回答4
  • 回答者
回答日時:2014-12-01 08:45:37
ご相談ありがとうございます。


とても大事な良い質問です。
予防に重要な、ごく基本的な事を整理してみましょう。


歯石虫歯の原因にはならず、


そのとおりです。



>むしろ歯石の下に虫歯は出来にくい。


できにくいお口の中といえます。



>虫歯に対してバリアのようなはたらきをすると聞きました。


ありません。



>ということは、歯石をそのままにしておけば、虫歯のリスクは下がるということでしょうか?


当然、そんなこともありません。



>歯石は歯周病の原因にはなるということは知っていますが、


間違いです。
歯石は歯周病の原因ではありません。
したがって、一所懸命歯石取りに言っても治せませんし予防できません。


>虫歯に限って言えば、歯石は虫歯から歯を守ってくれるものということですか?


くれません。


>しかし、歯石のまわりは菌が繁殖しやすいとききました。


そのとおりです。

ごく簡単に言えば、むし歯も歯周病も原因の一つはバイ菌です。
歯石ではありません。

たとえば、歯石が全くないにもかかわらず歯周病で歯があっという間に抜けてしまう有名な病気もあるころからも、歯石が原因ではない事が分かります。


>やはり歯石を除去したほうが虫歯のリスクは下げられますか?


全く違います。

逆に歯石取りのリスクにより、全部の歯が一度にむし歯にありあっという間に歯を失うリスクすら新たに生まれてしまいます。

むし歯予防にしろ、歯周病の治療や予防にしろ、本当の予防はお一人ずつで違いがありかなり高度な医療となりますから、予防の専門家に相談して、あなただけに合った予防計画を立てて頂く事が大事な最初のステップになります。

うわべだけの情報が多い、ネットに振り回されないようにしましょう。

2人の専門家がこの回答を支持しています  



タイトル 歯石は虫歯に対してバリアのような働きをすると聞きました
質問者 アミ族さん
地域 非公開
年齢 21歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ 虫歯予防
虫歯その他
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日