? 歯科恐怖症、静脈内鎮静法・全身麻酔での虫歯治療について

歯科恐怖症、静脈内鎮静法・全身麻酔での虫歯治療について

相談者: ふー3さん (41歳:男性)
投稿日時:2015-06-20 17:57:48
質問・相談させていただきます。よろしくお願いします。


私は歯の治療対してに非常に強い恐怖心を抱いています。

子供のころ治療中(治療内容は覚えていません)うがいをする際に、大量の血が出て止まらない上に、歯科医に怒声を浴びせられた記憶があります。

さらに10年ほど前に、痛みがひどいので治療前にまず抗生剤をとお願いしたにも関わらず、大丈夫だからの一点張りで麻酔を打たれ、案の定麻酔がきちんと効かず、最後は神経に直接注射されて、あまりの痛みと恐怖で、そのまま治療をやめてしまいました。


しかし恐怖で歯医者に行けず虫歯を放置していたので、ここに来てどうにかして治療しなきゃと考えるようになりました。

以前治療出来ていたときでも、治療後に全身が筋肉痛になるぐらい緊張と恐怖を感じていたのですが、今では歯医者で治療というキーワードを思い浮かべただけで吐き気を催してしまう始末です。


何か良い方法はないかと色々調べているうちに、静脈内鎮静法全身麻酔というキーワードを見つけました。
自分はこれしかないと感じましたが、たとえば紹介している歯科医院によって説明の内容が違って戸惑いました。



そこで先生方に質問です。

虫歯の治療で静脈内鎮静法や全身麻酔という選択は基本的に出来るのでしょうか?

紹介されている情報では、たとえば体に障害がある方なら可能であるとか、複数のひどい虫歯があれば可能であるとか、統一性がなく判断出来ません。
さらにもし選択出来たとして、健康保険の適用は可能でしょうか?(ここがクリア出来ないと私の経済力では治療は無理です)


歯科治療に恐怖を覚えると訴えても、ほとんどの場合は「何とかなる」という言葉だけで流されてしまうのが現実です。
しかし私のように、歯の治療を思い浮かべただけで体調が悪くなってしまう人間もいます。
先生方にとっては到底扱いやすい患者とは言えないと思いますが、どうにか治療したいという気持ちをまだ少しは持っています。

冗長な文章になってしまい申し訳ありません。
質問への回答や、どうすれば良いかなどのアドバイスをいただけたら幸いです。


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2015-06-20 18:42:59
術前の抗生剤は痛みには効きませんね。
服用するのであれば鎮痛剤の方が飲み方によってはまだ効果があったかもしれないと思います。


全身麻酔はともかく静脈内鎮静法保険外になるケースを聞きます。医院や病院によって違いがあるように思います。

歯医者が怖い方や苦手な方には笑気吸入鎮静法をお勧めしていますが、緊張感や恐怖心の程度によっては向かないかもしれないですね。

* 笑気麻酔

* http://www.gctv.ne.jp/~cony/shoki.html

お住まいの市町村名と笑気吸入鎮静法をキーワードにして検索してみてください。


基本は保険診療です。
また笑気があっても実際にあまり使っていなかったりしますので、良く聞いて予約されてくださいね。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: ふー3さん
返信日時:2015-06-24 17:15:44
ご回答ありがとうございます。

抗生剤の件は、炎症が収まるか様子を見たいので、治療前にまず抗生剤だけを処方してもらい、数日経ってから治療する方向でお願いした結果でした。

やはり医院や病院によって違うんですね。
全身麻酔静脈内鎮静法が行える病院は限られていますし、個々に相談してみるしかなさそうですね…。


笑気吸入の効果は利用したのことがないためわかりませんが、そこそこに意識がはっきりしている状態では、治療は難しいのではないかと思ってしまう部分もあります。

やはり自分にとって歯の治療はとてつもなく高いハードルに思えます。

丁寧に説明してくださって、本当にありがとうございました。
回答 回答2
  • 回答者
歯科医師の松山です。
回答日時:2015-06-24 18:47:00
>痛みがひどいので治療前にまず抗生剤をとお願いしたにも関わらず、大丈夫だからの一点張りで麻酔を打たれ、案の定麻酔がきちんと効かず、最後は神経に直接注射されて、あまりの痛みと恐怖で、そのまま治療をやめてしまいました。

歯髄炎の最中は、抜髄(俗に神経を取る)をしようとすると、殆んどの場合、麻酔が効きにくいものです。

余談になって申し訳ありませんが歯髄炎の病名で、抗生物質を処方したら、請求書を返戻されたことがあります。
そのようなことで歯髄炎の他に、歯周囲炎の病名を付加して請求することもあります。

麻酔が効かず仕方がなく、他日に延期することもありますし、早く痛みから解放させてあげたい一心で、大量の麻酔を打ち我慢できる範囲で進めることもあります。

いずれにしても、麻酔が効かないのに、強行するのは、激痛に見舞われますから、そのような歯科医を避けるようにするのも、一法かもしれません。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: ふー3さん
返信日時:2015-06-29 21:55:58
ご回答ありがとうございます。

なるほど、歯髄炎という診断だけでは、抗生物質が出せないこともあるということですね。

そのとき治療した先生に悪気があったとは思っていません。
しかし、治療のことを考えると、どうしてもその場面がフラッシュバックしてしまいます。


松山先生がおっしゃるように、そのような歯科医を避けるしかないのかもしれません。
治療前にこちらの事情をしっかり聞いてくれる(その時間を取ってくれる)病院があればいいのかも…とも思うのですが、私以外にも患者はたくさんいるわけですし、なかなか難しいのかもとも思います。

それでも、そのような先生がいないか探してみるしかないのかもしれません。
詳しい説明をしてくださって、本当にありがとうございます。
回答 回答3
  • 回答者
回答日時:2015-06-30 08:05:58
ご相談ありがとうございます。

健康保険の適用は可能でしょうか?

以前は全て不可能でしたが、最近は健常者にも保険適応も認められ始めました。
たとえば、親不知の抜歯などの場合です。

それ以外はほとんど認められないと思います。
それでも実際に使う器材薬剤等のコストにも満たない保険料金では実施は困難を伴います。



>治療前にこちらの事情をしっかり聞いてくれる(その時間を取ってくれる)病院があればいいのかも…

根気よく探せばあると思います。
歯科治療を歯だけと思っている医院と、歯と身体や気持ちと切り離せないから安心できるように対応している医院とがあるからです。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: ふー3さん
返信日時:2015-07-01 18:44:29
ご回答ありがとうございます。

やはり保険を使って静脈内鎮静法全身麻酔虫歯を治療するというのは難しいんですね…。

虫歯でひどく欠けてしまっている歯などは抜歯になると思うのですが、そういう場合でもやはり難しいのでしょうか。


近くにじっくりと相談出来る医院があるかどうかですよね。
何とか見つかることを望んでいます。


回答していただいた柴田先生、松山先生、さがら先生、本当にありがとうございました。
感謝いたします。



タイトル 歯科恐怖症、静脈内鎮静法・全身麻酔での虫歯治療について
質問者 ふー3さん
地域 非公開
年齢 41歳
性別 男性
職業 非公開
カテゴリ 麻酔その他
歯科恐怖症
全身麻酔
笑気麻酔
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日