歯科恐怖症。嘔吐による酸蝕歯を削らずに治療できるか(妊娠中)

相談者: hwarさん (34歳:女性)
投稿日時:2015-10-04 20:22:02
私は、妊娠するたびに、つわりと食べつわりで10ヶ月ずっと吐いていました。

また、乗り物酔いも激しく、よく嘔吐をしていたせいで、気付いたら特に前歯の裏側のエナメル質が溶けて象牙質がむき出しになっていました。

歯科へ行き相談をしましたが、埋めるのはできるけど、全面埋めるのに歯を削るしかないと言われました。
削らずに済む方法や乗り物酔いの薬で嘔吐をしないようにする他、よくする治療法はないでしょうか?

また、似たような内容で本日もう一件相談投稿しています。
私は、精神面が弱く過呼吸もちでかなり悩んで育児も手につかない状態です。

宜しければ先生方回答の方をどうか、よろしくお願いします。


実は、歯医者にもっとちゃんと聞けばいいのですが、この悩みの前に二箇所の歯医者さんに健康な歯を二度も削られているため、今歯医者恐怖症です。


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2015-10-05 12:48:04
hwarさん、こんにちは。

個人的な意見を書きます。

嘔吐による酸蝕症の対策として、エナメル質がなくなり、象牙質が大きく削れている場合を除いて、詰めるなどの修復処置は行いません。

一般的な対策として、普段から(毎食後と就寝前)の歯磨きをきちんすること(「磨いている」のと「磨けている」のは違いますので、「磨けている」ことが前提です)。

次に嘔吐の後に、すぐに、よく、何回も口をゆすぐ。

そして、もし可能なら、ノンシュガーのガムを20分以上噛み続ける。

2人の専門家がこの回答を支持しています  
相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: hwarさん
返信日時:2015-10-05 13:49:36
小牧先生、親切に回答ありがとうございます。

いい歯科に巡りあえずいろんな歯科をまわりましたが、歯磨きは、どの歯科でもしっかり磨けているとはいわれていたので、ノンシュガーのガム、はじめて見ます!

先生の歯科が家から近ければいいのにっと思いました!

本当にありがとうございました。



タイトル 歯科恐怖症。嘔吐による酸蝕歯を削らずに治療できるか(妊娠中)
質問者 hwarさん
地域 非公開
年齢 34歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ 妊娠中の歯科治療
歯科恐怖症
酸蝕歯(酸蝕症)
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

歯磨きをしても虫歯になる原因 デンタルフロスは効果無し? 歯ブラシとデンタルフロスどっちが先? 歯科衛生士が就職前に絶対に知っておきたい

Total total   今日 今日   昨日 昨日  
現在 人が閲覧中