虫歯治療後のメンテナンスで歯の寿命は長くなりますか?

相談者: 前を向きたい!さん (25歳:女性)
投稿日時:2015-11-09 21:34:14
はじめまして。

私は不摂生が災いし、尚且つ矯正をしていたため歯の咬合面隣接面ブラケットをしていた歯の周りが虫歯になってしまい奥歯を全て治療している段階です。

右上5番は神経ギリギリの虫歯で なんとかレジン充填ですみました。

無髄歯はありませんが、銀歯の下が危ない歯があと3つあり、これから治療します。

他の歯も次に虫歯になれば抜髄になりそうです。


これまでの歯磨きや生活習慣を反省し今は間食をやめ、甘いものなどは食事の最後にとるようにしました。

歯磨きも衛生士さんに教わりながら毎食後、とくに寝る前は丁寧に磨くようにしています。

なってしまったものをもう仕方ないのでこれから出来る限りメンテナンスをしてこの歯を長く残したいです。


【日頃のケア、定期検診などをすることで治療歯の寿命は長くなりますか??
せめて60歳までは失いたくありません。】



もう1つ。

53歳で上前歯差し歯・上奥歯全て銀クラウン、右下奥歯は5番を残し抜歯、下の前歯は1本差し歯、他は天然歯

噛むときは左側が多いが、右の歯茎でも噛めないことはないそうです。

しかし抜けた部分をそのままにすると健康面に支障をきたすと耳にしたので、やはりそうなれば不便なくとも部分入れ歯を使った方がいいのでしょうか?


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2015-11-10 08:27:45
ご相談ありがとうございます。

>日頃のケア、定期検診などをすることで治療歯の寿命は長くなりますか??

そのとおりです。
もう歯を抜く治療もほとんど無くなります。


>せめて60歳までは失いたくありません。

もっと延命することも可能です。


>やはりそうなれば不便なくとも部分入れ歯を使った方がいいのでしょうか?

もし、その人が本当に困っていないならば、放置もありえます。
治療の目的は、今困っているか、そして、将来困ることになるか、によって最終的に決まります。

ご本人に選んで頂くと良いと思います。
また良いお手本が身近にいらっしゃると思えば、ご自身の将来の計画に役立つかもしれません。

医学的には、失った歯にもそれぞれ大事な役割があり、それを失ったままではもっと健康を失うことははっきりしています。

つまり、残った歯の治療が頻繁にくり返されるとか、残った歯を失うリスクが高まるとか、快適な食事ができないとか、快適に話せないとか、奥歯が守っている前歯を失うリスクが高いので笑えなくなるとか、人と会いたくなくなるとか、口の中だけでも影響はありえます。

また口と身体は切り離せません。
口は災いの元とも言いますが、あながち健康と無関係ではありません。
身体に大きな病気を招いたり、足や腰に来て寝たきりなどもありえます。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: 前を向きたい!さん
返信日時:2015-11-10 20:46:36
さがら先生、お応えありがとうございます。


日頃の心掛けや、メンテナンスで歯の寿命が延びると聞き安心しました。

しかし半年に1回検診に今まで行っていても上手に磨けています虫歯もありませんと言われ、いざ矯正装置を 外してみると数えきれないほどの虫歯があったので検診に行っていた意味を考えてしまいました。


定期検診を受ける際、これからは詰めものが多いのでその接合面やら隣接面をしっかり見てもらうように言ってみた方がよいのでしょうか?】

1度削って詰めるとその歯は、必ずまた虫歯になると聞きどうすれば防げるか良ければ教えてください。



部分入れ歯については不都合がなければ放置でも良いがやはり健康面に影響があるとの事なので本人に話してみようかと思います。


もう遅いかもしれませんが反面教師にし元気に長生きしてほしいので、二人三脚で頑張っていきたいと思います。



タイトル 虫歯治療後のメンテナンスで歯の寿命は長くなりますか?
質問者 前を向きたい!さん
地域 非公開
年齢 25歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ 虫歯治療
虫歯予防
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日