上顎4番の白い被せ物は保険適用になったとの記事を見ました

相談者: オーガニックライフさん (40歳:女性)
投稿日時:2015-11-11 18:15:18
これから、型取りを予定しています、4番上の被せ物についてですが、
保険が改定され、白いものでできると記事をみましたが、お世話になります。

今の医院では、3番までが保険適用だといわれました。
絶対保険で白くという希望ではないのですが、自費でも耐久性があるもので良いとおもっていますが、疑問なので、教えてください。

根管治療の土台ですが、わたしは家に例えて考えると、基礎、土台がより大事だと思って、白金、金で、土台を考えていますが、先生は見えないし被さってしまうから保険で、十分だというので、迷っています。
予後に左右されないのでしょうか?

かぶせは白金で考えてることも伝えてあり、混合治療はダメなはずですが、医院によってはいいのでしょうか?
知りあいのかたも、他院ですが、土台にはお金をかけていいものにしてもらった、でも被せ物は保険適用の銀歯でやったそうです。

もう一点、さがら先生のどなたかのコメントに、定期的に虫歯予防のために歯石とりは危険です、と書かれたコメントがありました。
この理由が記されてないので、どうして定期的に歯石とりがいけないのか、皆定期健診、早い人で三ヶ月に一度はとってもらってるとおもうのですが、理由を知りたいです!
宜しくお願い申し上げます。


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2015-11-11 19:24:48
>これから、型取りを予定しています、4番上の被せ物についてですが、保険が改定され、白いものでできると記事をみましたが

白いものも保険適応にはなりましたが、「できるかできないか」の判断は「患者さんの希望」ではなく「歯科医師の診断」によります。


>白金、金で、土台を考えていますが

土台に白金や金を考えていらっしゃるのでしょうか?
悪いとは思いませんが、個人的にはあまり薦めません。

自費でしっかりとした土台を」と、お考えであればファイバーポストコアのほうが「しなやか」で「歯根に優しい(歯根破折のリスクが少ない)」と思いますよ。


>予後に左右されないのでしょうか?

予後に差が出るのは(保険の銀と白金、金で比べると)メタルコアの材質の差というより形成や型取りといった技術の差でしょうね。


>かぶせは白金で考えてることも伝えてあり、混合治療はダメなはずですが、医院によってはいいのでしょうか?

どこの医療機関でも認められていません。


>知りあいのかたも、他院ですが、土台にはお金をかけていいものにしてもらった、でも被せ物は保険適用の銀歯でやったそうです。

これが本当だとすれば、ルール違反ですね。


>どうして定期的に歯石とりがいけないのか、皆定期健診、早い人で三ヶ月に一度はとってもらってるとおもうのですが、理由を知りたいです!

歯石は「硬くこびりついてしまった汚れ」です。

つまり、たった3ヶ月で歯石が付くということは「適切なセルフケアが行われていない証拠」ですから、担当の衛生士さんの指導がうまくいっていないという事に繋がります。

また、硬くこびりついてしまった汚れを落とすにはよく切れる刃物(スケーラー)などで行わないと効率よくとることができません。

これも衛生士さんのテクニックにも寄りますが、あまりにも短期間で刃物を使った歯石取りをするとデリケートな歯根面を傷つけてしまったり、削ってしまう事があります。

逆に丁寧に時間をかけて歯面を研磨したり、適切な指導を行うことで汚れは付きにくくなり、メインテナンスの間隔は次第に伸びていくのが普通です。


保険のルールでは健康診断は認められておりませんし、「丁寧に時間をかけて」というところには制約があると思います。
また、予防という概念はありませんから「歯石が付いたら取る」というのは保険制度においては仕方がないことなのですが、だからといってあまりにも頻繁に行うことは歯の寿命を縮めてしまう可能性があるとは頭に置いておかれたほうがよろしいかと思います。


「予防」「定期健診」「メインテナンス」をお考えであれば保険外で予防プログラムを提供している歯科医院を捜されたほうがよろしいかと思います。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: オーガニックライフさん
返信日時:2015-11-11 21:05:50
櫻井先生ありがとうございます。

白い被せ物歯科医師の判断というのは、患者の口の中の噛み合わせなどの理由でしょうか?

担当の医師は3番までが保険適用だといっているので、改定を知らないような感じでした。

土台ですが、上の6番です。
前歯にはファイバーがいいとおもうけれど、大臼歯には金属がいいといわれてます。
歴史が浅く今後がまだわからないからとの理由みたいです。
金属なら保険より自費のものがいいと金なら銀より柔らかいと思っての理由です。
金属の土台をすすめない理由は硬さでしょうか?
再治療のときに外しずらいなどの理由もありますか?

頻繁に歯石除去がいけない理由、わかりました!
三ヶ月に一度予防のため歯科健診を勧めたり、ハガキがきたり、いかなきゃいけないものだと、歯石がついてなければ、歯石除去はおこなわないのでしょうか?
保険適用の場合は一連の動作としてやるのでしょうか?

重ねてお願いいたします
相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: オーガニックライフさん
返信日時:2015-11-11 21:09:47
書き忘れ致しました。
ルール違反とありますが、歯科医師側に罰則?みたいなものがあるんでしょうか?
実はわたしの姉もブリッジ自費保険の歯がまじっています。
そこの医師も大丈夫だからとつくってくれたそうです。
回答 回答2
  • 回答者
回答日時:2015-11-11 23:37:09
歯科医師の判断というのは、患者の口の中の噛み合わせなどの理由でしょうか?

基本的にはそういうことです。
ただし、担当の歯科医が最初から保険の白い被せものに対して否定的であれば、たとえ適応症例であったとしても採用はされないと思います。


>歴史が浅く今後がまだわからないからとの理由みたいです。

これは一理あると思います。
僕もファイバーポストコアが発売になった10年くらい前は「頭では良い」とわかっていても、実際やるときは「大丈夫だろうか?」と思いながらやっていましたから。
結果的にこれまでほとんどトラブルなく来ているので(大臼歯でも)問題ないと確信しておりますが。


金属の土台をすすめない理由は硬さでしょうか?

そういうことになります。

金属と天然の象牙質の弾性係数が違いすぎることが問題を生じると考えます。


>再治療のときに外しずらいなどの理由もありますか?

これは接着の問題などが絡んでくるので一概に「外しにくい」とは思いません。


歯石がついてなければ、歯石除去はおこなわないのでしょうか?
>保険適用の場合は一連の動作としてやるのでしょうか?

歯石が付いていなければやらないというのがスジなのですが、保険では「病気であることが前提」として治療行為がされますので、「付いていなくてもやる」というところはあると思います。


>歯科医師側に罰則?みたいなものがあるんでしょうか?

単純にバレれば保険医停止などの処分はあると思います。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: オーガニックライフさん
返信日時:2015-11-13 16:37:56
櫻井先生様

お忙しい中、たくさんのご返答ありがとうございました。
また、質問させていただきますので、どうぞよろしくお願いします!

歯石除去の回数など、頭に入れお手入れをがんばっていこうと思います!



タイトル 上顎4番の白い被せ物は保険適用になったとの記事を見ました
質問者 オーガニックライフさん
地域 非公開
年齢 40歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ 保険のクラウン(前歯:レジン)
保険のクラウン(奥歯:銀歯)
お勧めの土台(コア)
お勧めのクラウン(被せ物・差し歯)
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

歯磨きをしても虫歯になる原因 デンタルフロスは効果無し? 歯ブラシとデンタルフロスどっちが先? 歯科衛生士が就職前に絶対に知っておきたい

Total total
今日 今日
昨日 昨日