親知らずの虫歯治療後、前面の楔状欠損の段差が酷くなっていた

相談者: 生麦さん (25歳:男性)
投稿日時:2016-03-08 17:20:42
今日、親知らずの治療をしてもらいました。

しかし、家に帰って舌で触ってみると治療前には無かったざらざらとした感覚があり、指で確認してみると歯の前面の付け根に段差ができてました。

以前から少し段差があることは分かっていましたが明らかに広がっていました。
楔状欠損だとは思うのですが先生からは特に何も言われませんでした。


ルーペなどを使わない先生で、あまり会話をする先生ではなく治療後すぐ奥に行ってしまうので、相談する機会も少なくとても心配になりました…。

先生側のミスとは思いたくないので聞きたいのですが、歯が脱灰などで弱っていた場合に削ったり研磨するときの影響で溝が広がったりすることはあるのでしょうか?


麻酔が抜けた後も冷たい飲み物が染みたりはしないのですが、楔状欠損だった場合ブラッシングに気を付ければこのまま放置という事もあるのでしょうか。
ちゃんと伝えて治療してもらった方がいいのでしょうか…?
その結果、悪い印象を与えてしまったりとかはしないのでしょうか?

蚤の心臓で申し訳ないのですが、どうかご回答お願いします。


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2016-03-08 19:00:08
>今日、親知らずの治療をしてもらいました。

個人的には、虫歯になってしまうような親知らずは、抜歯していただいた方が無難なように思っています。


楔状欠損だった場合ブラッシングに気を付ければこのまま放置という事もあるのでしょうか。

楔状欠損の原因は、ブラッシングの力が強かったという可能性よりも、むしろ、力のコントロールが上手くいっていないことが原因かと思われます。

まずは、その辺りから取り組んでみてはいかがでしょう。

参考:TCH、歯列接触癖



相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: 生麦さん
返信日時:2016-03-08 19:29:06
小林先生、返信ありがとうございます。

今回治療してもらった左上の親知らずはまっすぐ生えているので抜歯ではなくレジン治療となったのではないかと思います。

噛み合わせに関しては下の親知らずが出てないので力はそこまでかかっていないと思いますが、そこが原因だったりするのでしょうか…?



タイトル 親知らずの虫歯治療後、前面の楔状欠損の段差が酷くなっていた
質問者 生麦さん
地域 非公開
年齢 25歳
性別 男性
職業 非公開
カテゴリ 虫歯治療
親知らずその他
親知らずの虫歯
楔状欠損(くさび状欠損)
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日