根管治療の後のコアの歯科医探しについて(イギリス)

相談者: ヒトカゲさん (31歳:女性)
投稿日時:2016-08-19 08:21:50
こんにちは。
いつも勉強させて頂いています。

イギリス根管治療をして今仮詰めが入っている状態です。
コアをする歯科医を探しているのですが、きをつけるポイントなどはありますでしょうか?

ラバーダムとやはりマイクロスコープも使っている所の方がいいでしょうか?
何か聞くことなどはありますでしょうか?

今、治療費から2週間目なのですが、どれ位コアまでにかかっても大丈夫でしょうか?

1日でも早く探す予定ですが、訳あって2週間、治療が出来ませんでした。
根管治療をしてくれた専門家の先生からは2-3ヶ月以上置いておくと良くないからそれまでには、コアをしてと言われています。

コアは根管治療の専門家の先生と、一般の先生だとどちらがいいなどはありますでしょうか?
(どちらとも、保険適応でなく、自由診療の先生です。
電話では、どちらも同じと言われています。)

長くなりましたが、よろしくお願いします。


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2016-08-19 08:51:17
ご相談ありがとうございます。

>コアをする歯科医を探しているのですが、きをつけるポイントなどはありますでしょうか?

簡単には見つからないと覚悟が必要です。


ラバーダムとやはりマイクロスコープも使っている所の方がいいでしょうか?

根管治療の段階で、コアまで視野に入れてそれらを使う必要性をクリアしていれば、それらは普通なくても構いません。


>何か聞くことなどはありますでしょうか?

難しいご質問です。
ふつう補綴治療にかんして、私も含めて、自覚もなく問題のある歯科医師が少なくないからです。


>今、治療費から2週間目なのですが、どれ位コアまでにかかっても大丈夫でしょうか?

できるだけ早めがベストです。


>コアは根管治療の専門家の先生と、一般の先生だとどちらがいいなどはありますでしょうか?

大事なポイントが一つ抜けています。

コアは補綴の専門分野です。
補綴学を卒業後も学んでいない歯科医師には、妥協という覚悟が必要です。

それらのどちらの先生であろうと、補綴学をマスターしていれば大丈夫です。

ちなみに、コアはクラウンのための重要な基礎の補綴治療です。
歯の運命を大きく変えてしまうからです。

たとえれば、大きなビルやアパートを支えている、地下に埋め込まれた長い杭と同じです。
いくら目に見えるクラウンを立派に作り上げたとしても、目には全く見えないコア、これは英語で核とも言いますが、基礎が正しくなければ砂上の楼閣となるからです。

日本では卒後ほぼトレーニングを受けていないため、残念ながら巷で正しいコアをほとんど見ることがありません。
補綴学以外の学会分野での研究や発表でも、補綴学の基本が守られていないことも珍しくありません。

その結果は治療終了後に早晩、抜歯となっているようです。
海外では日本と教育が違いますから、少し期待できるかもしれません。

まぁ、内外どちらも同じで、結局は歯科医師個人個人の問題です。
そして、それを患者さんからはなかなか確認できないことも問題です。
ご健闘を祈念しております。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: ヒトカゲさん
返信日時:2016-08-19 16:15:57
さがら先生

回答ありがとうございます。
補綴学が専門なのですね。その方向で探してみます。

根幹治療は専門家の先生にしてもらったので、大丈夫だと思います。
ただ、コアと2回に分けて治療になるとは知らなかったので、私に知識がなかったのが残念でした。

補綴学(Prothethic)専門の先生で大至急、探してみます。

ありがとうございました。



タイトル 根管治療の後のコアの歯科医探しについて(イギリス)
質問者 ヒトカゲさん
地域 海外
年齢 31歳
性別 女性
職業 大学生・短大生・専門学生
カテゴリ 根管治療の治療法
支台築造その他
イギリス
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日