セラミッククラウンと保険の銀の被せ物の違いについて

相談者: 甘いもの好きさん (30歳:男性)
投稿日時:2016-08-30 05:14:56
被せ物についてお聞きしますが、銀歯の被せ物は白いセラミックの被せ物より隙間が出来やすく食べかすとかが隙間から入りやすかったりしますか?
それともどちらも変わりませんか?


銀歯をある程度の年数を使ってると隙間ができやすくなる実感があります。
白のセラミックの被せ物はそのへんのとこはどうなのでしょうか?

白のセラミックの被せ物は隙間ができにくいなら虫歯になりにくいですよね。


アドバイス宜しくお願いします。


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2016-08-30 08:00:28
基本的なことになりますが、どのような修復物を選択するということよりも、どの歯科医院、どの歯科医師に掛かり、また、どの技工所、どの歯科技工士によって製作された修復物なのかに依ることの方が、精度を左右するかと思います。

回答 回答2
  • 回答者
回答日時:2016-08-30 12:01:52
被せ物についてお聞きしますが、銀歯の被せ物は白いセラミックの被せ物より隙間が出来やすく食べかすとかが隙間から入りやすかったりしますか?
>それともどちらも変わりませんか?

基本的には小林先生の書かれているように「材料」よりも「技術」の差の方が圧倒的に大きいと思います。

上手な先生の銀歯が90点だとしたら良い材料を使う事で95点、100点が狙えると思います。

しかし、へたっぴな先生の銀歯が50点だとしたら良い材料を使ってもせいぜい60点くらいにかならないという事です。

つまり、上手な先生の銀歯90点とへたっぴな先生のセラミックス60点では「どちらが良いか?」を考えれば明白ですね。



>銀歯をある程度の年数を使ってると隙間ができやすくなる実感があります。白のセラミックの被せ物はそのへんのとこはどうなのでしょうか?

厳密に言えば、隙間の小ささは

 ゴールド>>>オールセラミックス保険の銀歯

と言う感じになります。

金はたたいて伸ばしていくと金箔のように薄く伸びますよね。つまり、細かい操作に適しているという事がわかると思います。

セラミックスは本来、細かい操作が苦手です。
(細いガラス製品を扱うようなイメージでしょうか)

ただ、最近のレジンセメントはどんどん改良されてきたので「オースセラミックスでできた隙間をレジンセメントで埋めてしまう」という考えもあります。

1人の専門家がこの回答を支持しています  



タイトル セラミッククラウンと保険の銀の被せ物の違いについて
質問者 甘いもの好きさん
地域 非公開
年齢 30歳
性別 男性
職業 非公開
カテゴリ 保険のクラウン(奥歯:銀歯)
オールセラミック(陶器の被せ物)
お勧めのクラウン(被せ物・差し歯)
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

歯磨きをしても虫歯になる原因 デンタルフロスは効果無し? 歯ブラシとデンタルフロスどっちが先? 歯科衛生士が就職前に絶対に知っておきたい

Total total
今日 今日
昨日 昨日