左前歯(無髄歯)と右前歯(有髄歯)のセラミック治療は必要ですか?

相談者: わいんれっどさん (31歳:女性)
投稿日時:2016-10-26 22:55:41
私は10年前の20歳に、前歯虫歯が神経まで行っていると、左前歯の神経を抜かれました。
現在、左前歯は歯肉との境が薄い灰色になっていますが、強い光に当たらないと神経のない左前歯と、健康な右前歯の色の違いはそんなに目立ちません。

しかし、かかりつけ歯科医

セラミックにした方がいい。
あなたの前歯2本は普通の人と比べて厚さが薄く、裏側にヒビが入っているのが分かるでしょう。(確かにヒビは見えました。)
前歯2本とも同時にセラミックに変えたほうがいい」

と言われました。

費用が高額で、今のところ生活に問題はないので必要か悩んでいます。
(神経のある右前歯も削り、セラミックにすることに抵抗もあります)



@神経のない歯と比べ、セラミッククラウンの強度は何倍くらい強いのでしょうか。
セラミッククラウンは通常の歯と比べて強度は弱いですか?

A裏にヒビが入っている薄い前歯でもある程度強度はあるでしょうか。
欠けた時にセラミックにしても問題ないでしょうか。
また出産時に力を入れたとき、歯が欠ける可能性もあるのでしょうか。


どうぞ、よろしくお願い致します。


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2016-10-26 23:37:41
わいんれっどさま、こんばんは。

診察したわけではないので断定はできませんが、この話には乗らない方がいいように思います、それより左前歯感染根管になっていないか調べてもらった方がいいと思います。

>@神経のない歯と比べ、セラミッククラウンの強度は何倍くらい強いのでしょうか。

削った分だけ弱くなるのではないでしょうか、ただ通常はコアを何らかの形で入れるのでそれなりの強度は確保できると思います。

>セラミッククラウンは通常の歯と比べて強度は弱いですか?

陶材の部分はエナメル質に比べて欠けやすいと思います。

>A裏にヒビが入っている薄い前歯でもある程度強度はあるでしょうか。

エナメルクラックなら心配はありません。

>欠けた時にセラミックにしても問題ないでしょうか。

欠け方によると思います。

>また出産時に力を入れたとき、歯が欠ける可能性もあるのでしょうか。

長年この仕事をしていますが記憶にはありません。

個人的には有髄歯なら、たとえセラミックであろうとも削って被せるのはやめておかれた方がいいと思います、ましてや健全歯ならなおさらのことです。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: わいんれっどさん
返信日時:2016-11-01 08:56:41
回答ありがとうございます。


もう一つお聞きしたいことがあるのですが、神経がなくなって10年経った歯は、どのくらい弱いのでしょうか。

神経のない左前歯だけでも、早めにセラミックにした方がいいのでしょうか。
根元ごとかけてしまうような欠け方でなく、一部分であれば欠けたその時にセラミックにしたらいいかな…と思ってしまっています。


実は通院している歯科医は前歯2本の間の線がまっすぐでなく、斜め(でも少しです)で、見た目が良くないから無神経の左前歯と有髄歯の右前歯を一緒にクラウンにしないと治療しない…と言っておられます。

両前歯の線が斜めであることは、健康な右側の歯もかぶせにしないといけないくらい審美的に重要なのか悩みます。

どうぞよろしくお願いします。



タイトル 左前歯(無髄歯)と右前歯(有髄歯)のセラミック治療は必要ですか?
質問者 わいんれっどさん
地域 非公開
年齢 31歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ 補綴関連
根管治療後の詰め物・被せ物
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日