左右下6番のクラウンの素材選び

相談者: りりるさん (30歳:女性)
投稿日時:2016-11-10 23:18:30
いつもお世話になってます。
またお聞きしたいことができましたので、よろしくお願いします。


現在右下6番仮歯、左下6番根管治療中で、青いつるつるした仮の蓋をした状態です。
両方の歯のクラウンについて悩んでいます。

今まで両方とも銀歯だったのですが、近頃銀歯は二次カリエスになりやすい、金属が変化して色々な不具合が出てくる等色々問題があると言うのを知りました。

なのでできれば、銀歯は避けたいと思い、かかりつけの先生にお伺いした所

「一番よく使う歯なのである程度強度があるものがいい。
セラミックだとかけてしまう可能性があるので、セラミックより硬いセラミックジルコニアが一番お勧めです。」

と言われました。


私自身どうも、食いしばりがあるらしく睡眠中も含め食いしばっている事が多々あります。
一度右下6番の仮歯が入れて3日で取れてしまったのですが、セメントの取れ方から見て食いしばりが原因ではないかとも言われました。

これに関しては先生が

「治療が終わったらマウスピースを作ってみたらいいと思います。」

との事であとは日常生活中も食いしばらない様に私自身気をつけています。
それからすべての治療が終わったら、定期的に歯科検診を受けようと思ってます。


そこでご相談なのですが左右下6番のクラウンは何を入れたら良いでしょうか。
銀歯、セラミックジルコニア、それともほかのクラウンなのか・・。
先生方、どうぞよろしくお願いします。


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2016-11-10 23:58:45
>ご相談なのですが左右下6番のクラウンは何を入れたら良いでしょうか。

「私自身どうも、食いしばりがあるらしく睡眠中も含め食いしばっている事が多々あります」とのことですが、修復物のこともさることながら、まずは、こういったことに対峙していくのが無難なように思います。


>日常生活中も食いしばらない様に私自身気をつけています。

食いしばりや、咬み締め、歯ぎしりといった強い力をイメージするのとは、全く異なった次元で、歯の接触について意識した生活を送る、出来れば適切な指導を受けることをお勧めします。

参考:TCH、歯列接触癖



相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: りりるさん
返信日時:2016-11-11 11:44:39
小林先生、ご回答ありがとうございます。


出来れば適切な指導をとの事ですが、かかりつけの先生はあまり食いしばりの事は重要視してはおられないようで、仮歯型をとる際と入れる際に

「食いしばりがあるので仮歯が取れないか不安」

と言ったら

「少し強いセメントでくっつけるから大丈夫」

とおっしゃり、三日後に取れた時に行ったら衛生士さんに

「セメントの取れ方からみて食いしばりみたいなのがあるようですけど、前に言われたことありますか?と先生がおっしゃってます・・。」

と言われ、

「仮歯を入れるときに言いましたけど・・。」

というと

「えっ?こちらの先生にですか?」

と驚かれました。
カルテにも書かれてないみたいで、食いしばりはあまり気にしてないようですし、

「治療が終わったらマウスピースナイトガード)をすればいい」

と言われただけなので、あまり期待できないと思います・・。
回答 回答2
  • 回答者
回答日時:2016-11-15 21:05:09
そうですね…。

TCHに関しては比較的新しい概念ですので、ご理解いただけていない歯科医も多いかと思います。

場合によってはTCH是正指導だけでもしっかり指導を受けられる歯医者さんを受診されても良いようにも思います。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: りりるさん
返信日時:2016-11-15 22:29:18
櫻井先生、いつもご回答ありがとうございます。


「場合によってはTCH是正の指導だけでも」との事ですが、今の治療全て終わってからの方がいいのでしょうか?
それとも並行して受診した方がいいのでしょうか?

今の治療計画ですと、左下6番も仮歯にして両方で噛んでみて、それで問題がなければ被せ物を入れる計画らしいです。
回答 回答3
  • 回答者
回答日時:2016-11-16 10:04:22
>それとも並行して受診した方がいいのでしょうか?

TCH是正は治療にかかわらず日々の事ですから、早めに受けられたほうが良いような気がします。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: りりるさん
返信日時:2016-11-17 23:12:52
櫻井先生、ご回答ありがとうございます。

なかなかやっていただける歯医者さんが見つからないですが、TCH是正指導を受けられる歯医者さんを探して指導していただこうと思います。

ありがとうございました。
また何かあった際には、よろしくお願いします。
回答 回答4
  • 回答者
回答日時:2016-11-18 08:46:39
>なかなかやっていただける歯医者さんが見つからないですが、TCH是正指導を受けられる歯医者さんを探して指導していただこうと思います。

私もTCH是正に否定的なのですが、その理由は非常にシンプルで有効性の根拠が乏しいからです。

日本のみならず世界的にみても同様ですので、個人的にはTCHを重視しての歯科医院探しはまったくお勧めしません。

回答 回答5
  • 回答者
船橋歯科医院(岡山市北区)の船橋です。
回答日時:2016-11-18 10:44:56
担当の歯科医が薦めているものがジルコニアクラウンのようですから、拝見していない歯科医が意見を言うことは出来ません。

仮歯がどの程度の適合で作られていたのかもわかりませんし噛みあわせがどうなっているのか?支台歯の長さがどの程度か?対合は?など色々な点を拝見してジルコニアクラウンを薦められているのだと思います。


最近は臼歯ジルコニア素材の選択はよく行われますので、素材に関しては妥当だろうと想像できます。




タイトル 左右下6番のクラウンの素材選び
質問者 りりるさん
地域 非公開
年齢 30歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ 歯軋り(歯ぎしり)
ジルコニアクラウン
お勧めのクラウン(被せ物・差し歯)
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

歯磨きをしても虫歯になる原因 デンタルフロスは効果無し? 歯ブラシとデンタルフロスどっちが先? 歯科衛生士が就職前に絶対に知っておきたい

Total total
今日 今日
昨日 昨日