右上7番、ハイブリッドコンポジットの種類(イギリス)

相談者: まどかぴーさん (32歳:女性)
投稿日時:2017-02-09 18:27:39
詰め物の種類について質問させてください。
現在、イギリスにてプライベート自費診療歯科医に通っております。

右上7番に根幹再治療を行い、また虫歯がある他の歯も治療しています。

クラウンは、全てtwinyというグラスファイバー入りのハイブリッドコンポジットを入れていただいているのですが、これは日本語で言うと何にあたるのでしょうか?

噛み合わせが強く、再根幹治療をした歯にヒビがあり、そこはレジンで接着してもらいました。
セラミックは噛み合わせが強いと微妙で、レジン接着と馴染みが良いので金よりも良いと説明を受けました。

twinyで検索しても、プロの方用の研磨研修動画のようなものが出てくるのですが、それ以外の情報が特に見つけられませんでした。

日本に帰国した際、詰め物の説明ができるようにしておきたいと思い、こちらの掲示板にある詰め物一覧等も拝見したのですが、いまいちどれが該当するのか分からなく、質問させていただいた次第です。

よろしくお願いいたします。


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2017-02-10 09:16:32
私も知らなかったのですが、このサイトで言うところの「ハイブリッドセラミッククラウン」になるようです。
日本でも流通しているのではないでしょうか。

サイトで読んだ限りではグラスファイバーが入っているようには読めませんでしたが、セラミックの粉(フィラー)を混ぜた(ハイブリッドコンポジット)レジンということになるかと思いますよ。

わかりやすく言えば、「硬いプラスチック」です。



参考 外部サイト(※医療従事者向け)→http://www.yamakin-gold.co.jp/technical_support/faq/twiny.html

回答 回答2
  • 回答者
回答日時:2017-02-10 09:50:22
そうですね…

渡辺先生が書かれているように「(技工用)ハイブリッドセラミックス」で良いような気がします。

参考
http://www.yamakin-gold.co.jp/technical_support/webrequest/pdf/twiny1603.pdf

いろいろなメーカーからいろいろな名称のハイブリッドセラミックスが流通していますので、「その中の一つ」と言う認識でよろしいかと思います。

1人の専門家がこの回答を支持しています  



タイトル 右上7番、ハイブリッドコンポジットの種類(イギリス)
質問者 まどかぴーさん
地域 非公開
年齢 32歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ 詰め物、インレーその他
イギリス
根管治療後の詰め物・被せ物
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日