後遺障害、補綴した歯はレントゲンでどの位喪失したのかわかるのか?

相談者: ミーコ0009さん (51歳:女性)
投稿日時:2017-03-08 22:14:30
後遺障害についてよくご存じの方がいらっしゃたら教えてください。

現在事故により前歯5本が抜け落ち4本は口腔外科で埋め込んでいただきました。
5本喪失したのであれば後遺障害13級に該当するそうですが3ヵ月立って今のところ1本は抜歯しなければいけないようです。

結果2本は喪失歯になります。
残り3本は何とかなればいうことで根幹治療中で仮歯を入れている状態です。
ブリッジにした場合、3本は補綴したことになります。


後遺障害では補綴した歯の3/4以上の体積が補綴していないと1本とは認められないとのことです。
治療された歯医者さんはそのような処置になっているということで、診断書もそのような記載になると言ってくださってます。

保険会社が判断する時に医師の診断書の他にレントゲンやCTなどでも確認されるということです。
本当に喪失歯は問題ないとして、補綴した歯はレントゲンなどでそのような状態になっていると確認できるものなのでしょうか?


何かこの件で詳しいお医者さんがいらっしゃたら教えてください。
よろしくお願いします。


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2017-03-08 23:39:55
金属冠の内部は撮影しても写らないと思います。

後遺障害認定の事項は確か三年のはずですから慌てて診断書を書いて貰わない方が良いと思います。
不幸にして三年以内に残ったはずの歯が再治療が必要になることもあると思います。

個人的経験からすると治療費はまず全額相手に払ってもらってください。
自己負担はしておかない方が良いと思います。

私も交通事故の被害者で五年ほどゴタゴタしました。




タイトル 後遺障害、補綴した歯はレントゲンでどの位喪失したのかわかるのか?
質問者 ミーコ0009さん
地域 非公開
年齢 51歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ その他(その他)
レントゲン写真
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日