[写真あり] 右上4番、クラウンに穴を開けて神経の治療予定(タイ)

相談者: あゆみうらさん (34歳:女性)
投稿日時:2017-05-08 15:32:39
現在海外(タイ)に在住しております。

レントゲンをみてのとおり、右上四番がクラウンの下で虫歯になっており、神経まで届いているので、その治療をしなくてはなりません。

クラウンの作り直しとなると、こちらでは自費となり高額になるので、クラウンを虫歯のところだけ上から削り穴を開けて治療する予定です。

ただ、そうなると現存のクラウンの安定性がわるくなり、持ちが悪くなるという話も伺っております。

この場合、だいたいどれぐらい持つものなのか、他に処置としてどのような方法があるのか、そして先生の意見としてどうするべきかと言うことをお尋ねしたく。。。

よろしくお願いします。

画像1画像1


回答 回答1
  • 回答者
船橋歯科医院(岡山市北区)の船橋です。
回答日時:2017-05-08 15:48:43
こんにちは。

インレータイプのブリッジのように見えますが、このタイプは修復後2次虫歯になっても発見が遅れやすいという印象をもっています。

費用との兼ね合いになるでしょうが、歯科治療上、根っこの治療ほど大切で困難な治療はないので、本来は完全に除去してきちんと清掃を行ったうえで根管治療に着手されるべきでしょう。

中途半端な治療内容では、また予後の悪い治療になる可能性があると思います。

出来れば根っこの治療が必要かもしれないという重要な時ほどきちんとした治療を受けておかれることが望ましいと思います。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: あゆみうらさん
返信日時:2017-05-08 20:05:31
Dr. 船橋

アドバイスありがとうございます。
御指摘いただいたことを参考に治療にすすみたいと思います。



タイトル [写真あり] 右上4番、クラウンに穴を開けて神経の治療予定(タイ)
質問者 あゆみうらさん
地域 非公開
年齢 34歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ 根管治療の治療法
その他(写真あり)
タイ
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日