下奥歯の挺出を抑えるためのインレーブリッジ

相談者: K/Aさん (40歳:女性)
投稿日時:2017-06-03 09:30:34
右上7を抜歯したため、下の挺出を抑えるために下7と6をインレイブリッジするという治療法に対しての見解をお聞かせください。
ちなみに上8は抜歯済みで、下8は残存です。


下7の挺出を抑えるために下6とのブリッジは、6への負担が懸念されます。

また、ブリッジで抑えられたとしても、上にかみ合わせる歯が無いので、やはり上に入歯を入れた方がよいのかどうか悩んでいます。

要は、ブリッジか入歯か迷っています。

お願い致します。


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2017-06-03 09:46:33
個人的には「経過観察」を勧めると思います。

対合歯が無くても挺出してこないケースもあります。
経過観察をして挺出してくるようであれば、その時点で考えれば良いのではないかと思います。

ただ、その際にも僕はインレーブリッジは勧めませんね…。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: K/Aさん
返信日時:2017-06-07 15:37:35
お返事ありがとうございます。

とりあえずはインレイブリッジを選択から外そうと思います。
また何かありましたら、ご意見をお願い致します。



タイトル 下奥歯の挺出を抑えるためのインレーブリッジ
質問者 K/Aさん
地域 非公開
年齢 40歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ 歯の異常・トラブルその他
ブリッジ治療法
ブリッジその他
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日